ライフハック

実はほとんどの人ができていない正しい目薬の差し方と注意点まとめ

目薬は多くの人が使っていると思います。PCが普及してきた現在では、目の疲れなどでさらに利用者が増えているでしょう。

しかし、実は多くの人が正しい使い方ができていません。正しく使えなければせっかく差した目薬も効果が半減してしまいます。

そこで、今回は正しい目薬の差し方と注意点について紹介します。

実はほとんどの人ができていない正しい目薬の差し方と注意点まとめ

差した直後は瞬きをせず、しばらく目をつむる

代表的な例が、これです。ほとんどの人は目薬を差した後に瞬きをします。実はこれ間違っています!

目薬はすぐには浸透せず、目の奥にいきわたるまでには少し時間が必要です。瞬きをしては差した目薬があふれてしまい、目の奥に行きわたらず、効果がありません。

差した直後は、しばらく目をつむって、あふれ出ないようにして目の奥に浸透するのを待つといいでしょう。

大体1分程度がベストと言われています。

差すのは1滴で十分

目薬の説明書には2~3滴差すように書かれていますが、実際には1滴で十分です。

2~3滴だと目から溢れてしまいます。それは差す量が多すぎるからです。溢れてしまえば、上述したように意味がありません。

基本的には1滴差せば十分なのです。

目薬が溢れないように目頭を押さえる

しかし、目薬は1滴でもあふれることがあります。これは眼の形状によって仕方のないことです。

そのため、目頭を押さえることが有効だと言われています。目頭を押さえることで目薬が溢れるのを防ぐことができ、効果的に目の奥に浸透させることができます。

目薬の先端をまぶたやまつ毛に接触させない

説明書にもこのことは書いてあります。目薬の先端をまぶたやまつ毛に接触させると、そこについている菌や汚れが目薬の中に入ってしまいます。

そうなれば、もはや使い物になりませんので、まぶたやまつ毛には接触させないようにしましょう。

目に近づけすぎない

まぶたやまつ毛に接触させないのと同時に、目に近づけすぎないことも重要です。

目に近づけすぎながら差すと、目薬の先端と、目にたまった液体が接触することになり、その液体が逆流することがあります。

一度目に入った液体には目に付着していた花粉や汚れなどが混ざっており、それが逆流してしまうと、目薬は使いものになりません。

まとめ

以上が、本来の正しい目薬の使い方です。特に瞬きをしている人は多いのではないでしょう。

今やデジタル化の普及で目を酷使することが多くなってきています。目薬の効果を最大限発揮するためにも、以上のような正しい使い方をするといいでしょう。