めちゃくちゃ安い!SIMフリーの格安スマホの4つのメリット・デメリット

めちゃくちゃ安い!SIMフリーの格安スマホの4つのメリット・デメリット

最近ではSIMフリーと呼ばれる格安スマホが流行っています。イオンやヤマダ電機などの携帯電話会社以外の販売店が、SIMカードを売っており、それに対応するスマホを利用すれば、大手キャリアとの契約なしでインターネットや通話を利用できるいう優れものです。

格安スマホと呼ばれるからには、その利用料はかなり安くなっており、SIMカードを販売している業者が通信量や通信速度などに、制限をかけたプランを提示することで、その安さが実現可能となっています。

格安であるので、かなりのメリットがあります。しかし、それと同時にデメリットも存在するので、格安スマホを購入する際は、それらを考慮してから判断するべきでしょう。そこで、今回は格安スマホのメリット・デメリットを紹介します。

SIMフリーの格安スマホの4つのメリット・デメリット

メリット1.安すぎる!

格安スマホという名の通り、メリットの一つとしては、その安さがあげることができます。大手キャリアが発売しているスマホだと、基本料金だったり、サポート料金だったりと、通信費以外でかなりの値段が積み重なることになります。

それによって、平均的に月7000~8000円くらいの料金がかかるでしょう。それに比べ、格安スマホは料金のほとんどが通信費がメインなので、月に2000~3000円くらいで利用できます。

普通のスマホの半分以下の値段ということで、維持費が格段に低くなり、ガラケーからの移行で気になる人も、安く抑えることができるでしょう。

メリット2.2年契約などの縛りがない

また、大手キャリアでは2年契約というものがあり、2年以内に解約することになると、違約金がかかることになり、それがかなりの金額となっています。

しかし、格安スマホはSIMフリーという名前の通り、回線の変更が自由にできます。2年契約の縛りなどもなく、回線が気に入らなければ、他のSIMに変更するだけで、すぐに回線を変更できるのです。

月額料金が安いうえに、違約金などもかからないということで、金銭的に多くのメリットがあると考えられます。

デメリット1.大手キャリアのサポートやプランを利用できない

しかし、もちろんデメリットもあります。その一つ目に挙げられることは、大手キャリアの優れたサポートやプランの恩恵を享受できないことです。

そのサポートやプランの料金がないからこそ実現できる安さですが、もちろんお金を払うことで便利なサポートプランというものも大手キャリアには存在します。

故障時などは無料修理や宅配、新品への交換などのサポートが大手キャリアにはありますが、格安スマホにはそのような便利なプランがないことに注意してください。

デメリット2.通信量に関する制限が大手キャリアより厳しい

そして、格安を実現できる理由としては、上述したように通信速度や通信量の制限を大手キャリアより大きく設定してあるからです。

普通に使う分には格安スマホの方が得かもしれませんが、頻繁に使う人はその制限にすぐに達してしまう可能性があります。

それならば、大手キャリアで契約した方が使いやすく、通信料金なども抑えることができるでしょう。自分のインターネットの利用頻度などを考慮して、制限を超えるかどうか判断して検討することをおすすめします。

まとめ

SIMフリーの格安スマホには以上のようなメリット・デメリットがあります。他にも大手キャリアとの違いがいくつかあるので、購入の検討をする人は、それらを考慮してから決めるといいでしょう。

格安スマホは制限が厳しいですが、普通の利用であればお得であるので、ぜひそのメリットを最大限活かすようにすることで、携帯電話の維持費を圧倒的に安くできます。ぜひ、いろいろ検討してみることをおすすめします。