メンタル・人間関係

接し方が難しい!学校や会社に苦手で嫌いな人がいるときの対処法3選

人には様々な性格やタイプの人がいて、その中には絡みが面倒な人など、自分の苦手な人や嫌いな人もいることでしょう。

特に会社や学校など多くの人と一緒に活動する場においては、好きな人もいれば嫌いな人もいるという傾向が顕著に表れやすくなります。

うざったいけど仕事だから付き合いを持たなければならなかったりして、そのようなことが人間関係の悩みの原因となるでしょう。

嫌いな人とはなるべく関わりたくないけれども、関わらなければいけない状況もあり、接し方というのはとても難しいです。

そこで、今回はそんな嫌いな人の対処法について紹介します。職場や同じクラスに嫌いな人がいる方はぜひ参考にしてください。

学校や会社に苦手で嫌いな人がいるときの対処法3選

1.なるべく関わらないようにする

一番の対処法としては関わらないようにすることです。嫌いな人と関わりたくなければ、それを最小限に抑えるようにするべきです。

仕事や授業などでは関わらなければいけない状況も発生しますが、関わるのはそのときだけにして、あとはなるべく離れるようにするといいでしょう。

無視に近い状態ですが、それを続けることで、嫌いな人は自分と関わるのがつまらないと感じるようになり、それ以降のだるい絡みが少なくなることもあります。

絡んでくるのは何かしら面白いと思っているからで、なるべく関わらないようにすれば、その頻度を減らせますし、相手からも絡んでくることはなくなるでしょう。

2.業務的な会話のみにする

また、関わらなければいけない状況においては、何かしら会話をすることがあります。そのような場合は、仕事や授業に関係する業務的な内容だけの話だけにしましょう。

プライベートのことなどを話すと相手に付けこまれて、さらにだるい絡みをしてくる可能性があるでしょう。嫌いな人との会話はなるべく避けるべきです。

付き合いを最小限にすると同時に、そのときの内容も味気の無いものは相手はつまらなくなり絡んでこなくなるでしょう。

3.絡んできたらスルーする

もしも、休憩時間などの絡んでくる場合は、スルーしてあしらうようにすることが効果的です。いちいち反応することはストレスがたまるでしょう。

嫌いな人が近寄ってきたら逃げましょう。絡んでくれば、今忙しいからと言い訳したり、ちょうど電話がかかってきたふりをして離れるようにします。

そうすれば嫌いな人の絡みを華麗にスルーすることができて、なるべく関わらないようにすることができます。

まとめ

以上が嫌いな人がいる場合の対処法です。その人と仲良くなって好きになるわけにもいきませんので、基本的には関わりをなくすことが唯一の対策でしょう。

無駄な関わりを避け、相手から絡んでくるようであればうまくスルーしましょう。そうすればうまく相手から離れることができ、関わりを少なくできます。

関わりを少なくすることで相手も自分との絡みをつまんないと感じるようになり、近寄ってこなくなることもあるでしょう。なるべく離れて近寄らないようにするべきです。