読まないで無視する!LINEで未読スルーをする理由や心理6選

読まないで無視する!LINEで未読スルーをする理由や心理6選

今やスマホユーザーの必須アプリとなっているLINEですが、コミュニケーションツールということで、人間関係ややり取りにおいて色んな問題が生じています。

その中でも、最近話題になっているのは「未読スルー」です。これはメッセージを読まないで無視をするというとても卑劣な行為で、未読スルーされた場合はとてもショックを受けるでしょう。

そんな未読スルーをする人は、どうして無視をするのでしょうか。今回はその理由や心理について紹介します。未読スルーされたということで悩んでいる方は参考にしてください。それではどうぞ!

LINEで未読スルーをする理由や心理6選

1.寝落ち

未読スルーの理由としてよくありがちなのが、寝落ちというパターンです。ベッドに入ってLINEをしていたら、いつの間にか寝てしまうなんてことがあるでしょう。

夜遅くにやり取りしていた場合に未読スルーされた場合には、相手が寝落ちしてしまったなんてことが考えられます。翌日の返事を待ってみるといいでしょう。

2.急用が入った

また、普通に暇な時間帯に連続でやり取りをしていたのに、いきなり相手からの返信がストップしてしまったなんてケースもあります。

そのような場合は、急用が入ったことが考えられます。LINEを休みなくやりとりしている場合に急用が入った場合には、未読スルーとなるでしょう。

3.忙しくて返せない

未読スルーには忙しくて返せなかったなんて場合も多いです。忙しいとスマホを触る時間もないため、LINEが来ても気づくことができません。

この場合は厳密にはスルーとは言えませんが、返事が返ってこない時は、相手が忙しいという可能性もあります。すぐに返事をもらいたければ、相手が暇な時間帯に送ってみるといいでしょう。

4.ブロック

また、未読スルーされる原因としてブロックされているということも考えられます。ブロックすると、そのブロックしたユーザーからの返事は通知されません。

そのため、相手が自分をブロックしていれば、どんなにメッセージを送っても未読スルーとなるのです。一番考えたくない最悪パターンですが、喧嘩などをした場合に未読スルーとなればブロックされているということも考えられます。

5.通知で見た

LINEの未読スルーは通知で見たというパターンもあります。メッセージが来ると通知で表示されますが、短文の場合はその通知だけで内容がわかるものです。

特に返事を返す必要がない場合には、その通知だけ見て、LINEのアプリ自体ではメッセージを見ないという場合が考えられます。

既読マークはLINEを開かないと付かないので、通知だけでメッセージを見た場合でも未読スルーになります。マイナスな未読スルーではないと言えます。

6.返信するのが気まずい

中には返信するのが気まずいからと、メッセージが来ても放置して未読スルーにする人もいます。昔の恋人から来たとか、苦手な人からメッセージが来たなんて場合です。

これはいつもやり取りをしていない相手の場合にありがちなものです。メッセージを送るのが気まずいなんて場合には、相手も返すのが気まずいということもあるので、その場合には未読スルーされることがあります。

まとめ

以上がLINE未読スルーの理由となります。未読スルーにはネガティブなものとそうでないものがあり、必ずしもマイナスなものだとは限りません。

寝落ちしたとか忙しくて返信できないとかは、特に心配する必要のない未読スルーとなります。しかし、仲が悪い相手とかは、ブロックされたりそのまま放置されている可能性が高いです。

未読スルーになった場合にはしばらく返事をまったりするといいでしょう。なお、以下の記事ではそんな未読スルーされた場合の対処法や見分けるポイントを紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。