メンタル・人間関係

仕事などの先延ばし癖は直す!物事を後回しにしない対策方法やコツ4選

面倒なことはやる気が起きず、「また今度でいいや」「後でやろう」と後回しにしてしまうことは結構あると思います。

仕事や家事などの面倒なことに関して後回しにしてしまうことが多いですが、先延ばしにすると返って後で面倒になるし、結局やらずじまいになってしまうこともあります。

仕事でも火事でもやるべきことはすぐにでも処理するべきで、先延ばし癖がある人はその癖を克服・改善して直すようにするべきです。

そこで、今回は物事を後回しにしないための方法やコツを紹介します。後回し癖がある人は、物事を先延ばしにしないためにも意識するべきです。それではどうぞ!

物事を後回しにしない対策方法やコツ4選

1.やるべきことは必ずメモする

まず、やるべき仕事や家事はそれが確定した時点でメモやToDoリストに記録するようにしましょう。やるべきことを可視化することで、「やらなければ」という意識をかきたてることができます。

例え、後回しにする癖があったとしても、どんどんやるべきことが追加されていくメモ帳を見て、「そろそろ処理しないとやばい」と危機感を覚えるようになるでしょう。

逆にメモを取らなければ、後回しにしたまま忘れてしまい、後でひどい目に遭うなんてことになります。そのため、きちんとやるべきことを確認できるようにしましょう。

そうすれば、「やらなければいけない」ということを意識づけることができ、先延ばしにせずにやるべきことを処理できるようになるでしょう。

2.優先順位や期限を定める

そして、優先順位や期限を定めることも重要となります。今すぐにやらなければいけないことがあれば、他のものは後回しにするしかないでしょう。

その場合に重要なのは、その後回しにしたものをいつやるかです。それを不明なままにしておけば、結局やらなかったなんてことになりかねません。

そのため、やるべきこと一つひとつに順番と期限を定めるようにしましょう。それをもとに行動すれば、だらだらして後回しを繰り返すなんてことは防ぐことができます。

なお、ここで重要なのが一度決めた優先順位や期限は出来るだけ変更しないようにすることです。今すぐやらなければいけないことが出来たなんて場合には順位や期限を変更してもいいですが、そうでない場合には確定したものとして、その順番や期限を守るようにしましょう。

3.「今」ではなく「後」のことを考える

物事を先延ばしにしてしまう人は、「今」のことしか考えていないことが原因です。「今はだるいから」と考えて後回しにしてしまいます。

しかし、それでは後でやるべきことが多くなり、それで困ってしまうでしょう。後回しは結局は自分を追い込んでしまうことになるのです。

そのため、「今」ではなく「後」のことを考えるようにしましょう。先延ばしはマイナスの結果しかもたらさないので、後でどうなるかを考えれば今すぐに行動できるでしょう。

4.「後でいいや」と思った時点で処理するように

そして、後回しにする癖を直すためには最終的には自分の意識が重要となります。やる気がなければいつまでもだらだらした癖は直りません。

何でも先延ばしにしないように心がけたいという場合には、その意識をしっかり持ちましょう。「後でいいや」と思った時点で、それを処理することがおすすめです。

後回しにする物事は結局いつでもできる簡単なことなのです。だからこそ「後でやろう」などと弛んだ考えになってしまうので、それならば今すぐに処理した方が断然楽でしょう。

後で溜まってしまったやるべきことを切羽詰まってやるよりかは、そんな先延ばしはせずにできる時にすぐ処理した方が時間的にも精神的にも楽となります。

まとめ

以上が物事を後回しにしないための対策やコツとなります。何でも先延ばしにしてしまうと、後でやるべきことが溜まり積もって苦しい思いをすることになります。

できることはすぐに処理をした方が結果的に楽となるので、今のことばかり考えずに後のことも考え、行動するようにしましょう。

メモに記録したり優先順位を付けたりして工夫することも重要です。ぜひ、後回しにする怠惰な癖は直すようにしてください。

なお、以下の記事では物事を後回しにしてしまう人の特徴について紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

面倒なことは先延ばしにする!何でも物事を後回しにする人の特徴4選