成功か失敗か?好きな人にLINEで告白するメリット・デメリット

成功か失敗か?好きな人にLINEで告白するメリット・デメリット

スマホの普及に伴い、連絡手段は無料通話アプリであるLINEへと移行している傾向があります。そして、それに伴う告白の仕方も変化しているようです。

以前のガラケーではメールが主な連絡手段であり、メールでの告白というものがありました。そしてこのスマホ時代では、LINEでの告白というものが流行っているようです。

時代の変化に感心しますが、LINEでの好きな人への告白においてはメリットやデメリットというものがあります。

そこで、今回はそれらについて紹介します。LINEで告白しようかどうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみるといいでしょう。それではどうぞ。

LINEで告白する3つのメリット


1.スムーズに告白しやすい

まずはスムーズに告白しやすいということが1つの利点として挙げられます。直接会って告白する際は、会話の中でいきなり告白するなんて普通はできないでしょう。

事前にいつか会えないか約束して、そのときに言うなど結構手間や準備というものがかかるものです。相手にも察知されやすくなってしまいます。

しかし、LINEならば普通のやりとりをしている最中に、「ちょっと話があるんだけど…」みたいにいきなり話題を変えることは、実際に会ってする会話よりやりやすいです。

そこで告白すれば、うまく切り込める形になるでしょう。実際の会話では流れや雰囲気というものが重視されますが、文章だけのやりとりだと、いきなり話を変えやすくなります。それによって、実際の会話よりもスムーズに告白することが可能です。

2.考える時間がある

そして、LINEであれば直接会っていないからこそ、やりとりを考える時間が生まれます。それによって、互いに余裕が持てるでしょう。

どんなふうに告白しようかを考えることができるし、その時の会話の流れに合ったやり方も、少し時間をおいて考えることができます。

相手も返事を催促されていないので、考える時間があるでしょう。実際に会って告白するとなると、すぐに返事を返さなきゃいけない感じになりますが、LINEだとゆとりがあります。

告白する側も冷静に告白することができ、しかも送信前に文章を見返すこともできるので、うまい告白をすることが可能となります。

3.緊張せずに気楽に告白できる

また、実際に会って告白することはかなり緊張しますが、LINEだと文字を打つだけです。実際に会うとなると、勇気が出ずに言えなかったとか、声が震えてしまうことがあるでしょう。

しかし、LINEだと文字を打つだけなので簡単です。緊張して手が震えることもあるでしょうが、それを抑えるだけで告白は可能となっています。

特に口に出して言いづらい人が、告白するには最適な方法と言えるでしょう。

LINEで告白する4つのデメリット


1.本気度・真剣さが伝わらない

しかし、デメリットというものもあるでしょう。その一つ目としては、本気度やその真剣さが伝わらないということです。

いつも冗談交じりで会話をしている仲であれば、その告白もどうせ冗談だろうと勘違いされるかもしれません。

それに、告白する側が本気だとしても、相手は「どうせ軽い気持ちなんだろ」と勘違いする可能性もあります。

互いに本気度の理解へのギャップが生じるようになり、それによってうまく告白が進まない可能性も考えることができます。

このようなデメリットを補う場合には、直接会って告白した方が良いのでしょう。以下の記事を参考にしてみてください。

メリットばかり!好きな人には直接会って告白した方が良い4つの理由

2.そのままスルーされる可能性がある

そして、直接会って告白する際は、実際に会っているので返事が必ず必要となり、すぐに返答をもらえる可能性が高くなります。

しかし、LINEは非対面であり、すぐに返事を返す必要もないです。そのまま既読スルーされてしまうことも考えられるでしょう。

時間にゆとりを持ってやりとりできるLINEですが、返事が返ってこないというデメリットも存在することを理解しておくべきでしょう。

3.相手の反応がわかりづらい

また、自分の本気度が伝わらないように、相手の反応も理解しにくくなります。OKの返事が返ってきても、絵文字混じりだったりすれば本気で受け取ってくれているのかどうかわからないでしょう。

人とのコミュニケーションは言葉と同時に、その口調や表情によって相手の感情というものを理解することができます。

しかし、文字だけのやりとりであれば、それが難しくなり、互いの認知にずれが生じてしまうことになります。

4.誤爆する可能性がある

そして、誤爆というケースも考えられます。これは馬鹿らしいと思うかもしれませんが、結構打ち間違いや誤字脱字なんかは多いものです。

「好きです。」と打つつもりが予測変換のミスで「すき焼きです。」みたいな感じに間違えてしまったら、もう格好はつきません。

その後に「間違えた。好きです。」と言い直せば、さらに面目が立たないことになります。実際に会って声が震えてうまく言えないということもありますが、文章でのやりとりにもそれなりの誤爆というものがあります。

LINEで告白する際は、十分に注意するべきでしょう。

まとめ

以上がLINEで告白する際のメリット・デメリットです。実際に会って告白する方が良いのか、LINEで告白する方が良いのか、自分の考えや、相手との仲によって決めるといいでしょう。

そして、もしもLINEで告白する際はデメリットをなくすようにしましょう。真剣さが伝わるようにしたり、打ち間違いなどをしないことが重要です。

LINEも一つのコミュニケーションツールなので、告白には便利なものとなっています。LINEで告白しようと思う人は、ぜひそのメリットを最大限活かすといいでしょう。