自画自賛ばかりする彼女の対処法21選とは?

デート中に自画自賛ばかりする彼女、聞いている方としては疲れてしまいますね。

もしあなたの彼女がそんなタイプであれば、あなたも悩んでいることでしょう。彼女の自画自賛を抑えつつ、二人の関係を仲良くしていきたいものです。

そこで、この記事では自画自賛ばかりする彼女の対処法や付き合い方のコツについて紹介します。

うまく対応することで、うんざりするくらい自画自賛する彼女とも上手に付き合っていくことができます。それではどうぞ!

自画自賛ばかりする彼女の対処法21選

1.とにかく話を聞いているという姿勢を見せる

自画自賛が激しい彼女、いくら性格が魅力的でもいつも自画自賛をされるとウンザリしてしまうこともあります。

ですが、彼女が自画自賛をあなたの前でずっと続けるということは、あなたが彼女の話を聞いていないと思われている可能性が高いです。

他人の自画自賛を聞き続けるというのはかなりキツイでしょう。しかし、とにかく話を聞いているよというサインを送ってあげてください。

ポイントは相手を安心させるという点にあります。聞き役に徹底的に回って、話を合わせるようにします。

彼女がマシンガントークをしていたとしても、たまには相づちなどを自画自賛の合間に打ってあげると安心するものです。

自画自賛してくる人は目立ちたい、自分をよくみせたい人が多いので、話を聞いてくれる人とは、仲良く付き合うことができます。

2.適当に聞き流す

もちろん、彼女の自画自賛を毎回聞いているとストレスが溜まるものです。

ストレスが限界を超えてしまうと、彼女と一緒にいること自体が嫌になり、そのまま別れてしまう可能性が高くなります。

そのため、適当に聞き流すという対処も行うようにしてください。聞き役に回ると同時に、聞き流すようにします。

そうすれば、彼女のうんざりする自画自賛ばかりでも、ストレスが溜まらないようになり、彼女と上手く付き合っていけます。

ただし、真剣に聞いていないことを悟られると彼女が怒ってしまうので、適当な所で相づちを打つなどして、しっかり話を聞いているふりをすることが大切です。

3.「へぇー」のバリエーションを増やす

とは言え、聞き流しつつ話を聞いてあげる姿勢を見せるのは案外難しいもの。そちらに神経を使い、もっと疲れてしまうなんてこともあります。

彼女が自分の自慢や自画自賛トークをしているとき、今までに聞いたことのあるものと同じ内容であったり内容がつまらなかったりすると、こちらの反応が薄れがちになります。

ただ、自画自賛が多い女の子というのは往々にしてかまってちゃんです。「聞いてなかったよね?」ってなったとき、率直に言って面倒くさいです。

ですので、「へぇー」のバリエーションをたくさん持っておくといいでしょう。

  • 目の開き具合
  • 声のトーン
  • うなずき方

など、雰囲気を変えるだけで聞いているようにみえるものです。

他にも、

  • 「そうなんだ!」
  • 「すごいね!」
  • 「そうなの?」
  • 「それで?」

みたいに、「へえー」以外の相づちのバリエーションも兼ね備えておくと、神経を使うことなくさらっと対応できるようになります。

4.話をうまく切り替える

自画自賛の全てに相づちを打ち、聞いてあげるというのはなかなか大変なこと。うんざりしてしまう人もいるでしょう。

そういうときは、褒めつつ話をうまく切り替えましょう。

たとえば、「仕事がうまくできて、上司にも褒められた」という場合、

  • 「すごいね。どんな仕事?」
  • 「そうなんだ。書類はExcelで?」
  • 「Excelでわからないことがあるんだけど、あの処理ってどうにかならないかな?」

など、他の何かを褒めるわけではなく、彼女が知っているであろうことを掘り下げていくことが大事です。

こうすれば、自画自賛トークに発展することはなく、普通の会話で彼女とやり取りができるはずです。

積極的にこちらから話題を出してみるというのがポイントになります。

5.好きなようにしゃべらせる

先ほど「聞き役になる」というのが良いと説明しましたが、何も反応せずそっとしておくのも一つの方法です。好きなようにしゃべらせるということです。

自画自賛する相手というのは、こちらから何も話さなくても、どんどん自分から話をしてきます。なので、自分からムリに話題を出さなくても、話が成り立ったりするのです。

とにかく話したいだけ!という彼女の場合には、相づちがワンパターンであっても気にもしませんので、この方法があっています。

こちらも無心になり、完全スルーで聞き流せば、ストレスもたまりませんからね。いずれ話のネタがなくなり、自画自賛も終わることでしょう。

6.とりあえず褒めてあげる

自画自賛する彼女というのは褒められたい願望が強い傾向にあります。誰かに認めてもらいたいという承認欲求が強いタイプなのです。

そして同時に、自画自賛アピールしてくるのは、それだけあなたに興味がある、認めてほしいからなんです。

人間は誰かに認めてもらいたいし、それは家族・恋人・友人・同僚・教師・上司など、自分にとって大切な人に認めてもらいたいもの。特に、恋人には自分をいっそう認めてもらいたいものです。

自慢を聞かされる側からしたらちょっとイヤになってしまうかもしれませんが、本人には攻撃的な意図は一切なく、あなたに褒めてほしいと思っています。

それはつきつめて言えば、満たされていないということ。だから、いったんは認めてあげることが大事なのです。

いちいち反応するのは面倒ですが、簡単な言葉でいいので褒めてあげましょう。

もちろん、たまには自慢話が嫌になることもあるでしょうが、彼女ならばそれくらいは許してあげます。裏返せば、許せないくらいならば彼女ではありません。

しっかりと褒めてあげることで、「愛しの彼氏に褒められた!」と満足して、自画自賛をやめることも多いです。

あまりにも心にないことを言って褒めすぎるのもよくないでしょうが、彼女の自尊心をちょっとくすぐるような褒め方を見つけて褒めてあげるのが一番です。

たいてい自分が認められて欲求が満たされると。案外、自画自賛の時間が短時間で済むものですよ。

7.9割褒めて1割けなす

もちろん褒め殺しはNGです。恋人からいつもべた褒めばかりされたら、かえって不満を感じっることもあります。

なぜなら、わざとらしいし、自画自賛は劣等感や自信のなさの裏返しでもあるので、逆に圧力をかけてしまうなんてことになります。

そこで、9割褒めて、1割はけなすなんて方法が、自画自賛する彼女に対しては有効です。

たとえば、「わかる、わかる!さすが〇〇(彼女の名前)だよね。それで、どうなったの?」とクローズドクエスチョンではなく、自慢話を続けられるオープンクエスチョンで話を展開させます。

そして、頃合いをみて、少し否定的なコメントをして、彼女の興奮を冷まさせます。でも最後はまた肯定的なコメントをして、自慢話を最大限に褒めて終わります。

否定的な言葉を加えればべた褒めにはなりませんし、最初と最後を褒めることで、しっかりと彼女を満足させることができます。

8.以前の自画自賛の話をピックアップする

彼女の自画自賛話に付き合い、持ち上げて満足させたいと思うならば、以前の自画自賛の話を会話に出すようにするといいでしょう。

たまにはこちらから、以前彼女がしていた自画自賛の話の中から何かをピックアップして、「前にこんなことを言っていたよね」などといって話題にしてみてください。

「自分の話した内容を覚えてくれていた!」と思って相手をうれしい気分にさせることができます。

同時に褒めることで、彼女は満足し、自画自賛をやわらげることも期待できるかもしれません。

やりすぎはよくありませんが、人は自分が以前に話した会話の内容を相手が繰り返してくれるのをうれしく思うものです。

9.自画自賛する前に褒める

自画自賛を毎回聞くのはうんざりしてしまうものです。そこで、その前に防ぐという対処もあります。

彼女が自画自賛トークを展開しそうになったら、いかにも言いそうなタイミングで先に褒めてあげましょう。

自画自賛するのは、本来は他人から褒めてもらいたいのに褒めてもらえないことから始まっています。

身近な誰かが十分に褒めてあげることで、彼女の気持ちが満たされれば、自画自賛する必要もなくなります。

「自分をよく理解してくれているんだ」と感じられるため、彼女自身のあなたへの気持ちも高まります。

10.同じ話には先制攻撃をしかける

女の子の自画自賛はわりとループ的に起こります。「前にも聞いたなこれ…」というものは結構多いです。

そのようなものは、「正直、もう聞かなくてもいいかな…」というものがほとんど。その場合「ああ、前にこう言ってたもんねー」と、始まる前にこちらから迎撃することがおすすめ。

そうなると、その話は省略される可能性が高くなります。

また別の話で新しい自画自賛をするかもしれませんが、同じ話を何度も聞くという面倒なことは防ぐことが可能です。

特に同じ内容のことばかりを自画自賛するという彼女の場合には、この先制攻撃を仕掛けてみるといいですよ。

同じことばかり自画自賛する場合には、それしかネタがないという可能性もあり。それを潰すことで、ネタ切れにさせることもできます。

11.同じように自慢してはいけない

自画自賛をする女の子というのは、自分に注目をしてほしい子です。話の中心が他の人になると、自分の自慢ポイントをひねり出して対抗してくることが多いです。

彼女と話をしていて、こちらの「ちょっと聞いてよ!」ポイントはことごとく潰されます。「私なんて○○だよ!?」と、よく分からない対抗馬を持ってきて話を泥棒してきます。

そのときも、「いやいやこっちのターンだから」と言おうもんならもうアウトです。相手が機嫌をそこね、喧嘩に発展してしまう可能性もあります。

特に我が強い彼女には注意してください。そのような自己顕示欲の強い彼女には、聞き手に回るのがベストな対応になります。

12.あえてこちらも自画自賛する

とは言え、自画自賛ばかりする彼女と付き合っていく上で、彼女からの自画自賛を聞いているばかりでは、こちらも疲れてしまいます。

だから、彼女の自画自賛をやめてほしい場合には、こちらも自画自賛で対抗するという方法が有効になります。

これは、上述したように我が強い彼女にやると喧嘩になってしまうかもしれませんが、無意識に自画自賛してしまう癖のある彼女には効果バツグンです。

知らず知らずのうちに口にしているため、彼女自身も自画自賛しているということに気付いていないものです。

直接伝えた場合には不快な思いをさせてしまうかもしれませんので、同じようにこちらも自画自賛してみましょう。

あなたが自画自賛をたくさんすることによって、彼女自身が自分の身を振り返り、自画自賛することのむなしさ、相手に不快感を与える行為だと気づければ、いい結果になるはずです。

もしも、お互いに自画自賛をすることでうまくいくのであれば、そういう形のカップルになれます。どちらも疲れずに付き合うことができます。一言で言えば「似たもの同士」という感じです。

13.普段からさりげなく感謝の言葉を述べる

自画自賛をする彼女は「もっと褒めてほしい」「もっとこっちを見てほしい」と思っています。

こういう行動をしてしまう彼女には、普段から見てあげること、そしてそれに対する言葉がけがとても大事。

彼女の行動を見守り、よい点に注目しましょう。

彼女が特に言及していないことに対して、

  • 「いつもありがとう」
  • 「やってくれたんだね」
  • 「すごいね」

と言ってあげましょう。

彼女は自画自賛をせずとも、あなたからの感謝の言葉によって少しずつ安心し、承認欲求も満たされていきます。

そうすれば、自ら認められたいと自画自賛アピールすることも減っていきます。

14.コンプレックスの裏返しと捉えて優しく見てあげる

自画自賛ばかりする人は自分に何らかのコンプレックスがあり、そのコンプレックスから目を背けるために自画自賛ばかりするということもよくあります。

そのため、彼女が自画自賛ばかりするのはコンプレックスの裏返しと捉えれば、彼女の自画自賛をずっと聞かされてもあまり腹が立たなくなります。

また、さりげなく彼女のことを褒め、それによって彼女のコンプレックスに対する劣等感が解消されれば、自画自賛ばかりすることがなくなる可能性もあります。

彼氏ならば、彼女の心の奥底も理解し、優しさを見せてあげることも重要です。

15.彼女の言うことを否定しない

自画自賛ばかりする彼女と上手く付き合っていくにはできるだけ彼女の言うことを否定しないことが大切です。

自画自賛ばかりする人は自分が否定されることを極端に嫌がる傾向があるので、自画自賛ばかりするのをとがめると、ケンカになってしまう可能性が高いです。

一時の喧嘩で済めばよいですが、場合によってはそのまま別れてしまうこともあるので、たとえ彼女のそんな言動に辟易していたとしても、上手く付き合っていきたいなら、むやみな否定は控えるべきです。

上述したように、うまく相づちを打って聞き流したり、こちらも自画自賛するなど、さりげない対処がおすすめです。

16.「自画自賛するな」と一喝する

しかし、どうしても我慢できない場合は、もうダイレクトに彼女に伝えるしかありません

「自画自賛は今後一切するな!」と本気を出して一喝することです。彼女との喧嘩に発展したり、彼女は泣き出したりするかもしれません。

そんな時は、

  • 彼女が抱く不安
  • 自信のなさ
  • 認めてもらいたい気持ち

など、それは全部理解していること、そんなありのままの彼女が好きだということをきちんと言葉にして聞かせましょう。

一番大事なのは彼女の心に寄り添ってあげることです。

それで万一、彼女が激怒し、別れを切り出すようであれば、引きとめる必要はありません。所詮、その程度の女性だったのです。

17.たちが悪い自画自賛ばかりする彼女には別れをほのめかす

彼女自身についての自慢話であれば、「また始まった…」と聞き流したり、話題を変えたりして打つ手もあります。

しかし、友人や知人、会社の同僚など、他人を批判や悪口の対象とした自慢話は聞いていても、不快な思いが増幅するだけです。せっかくのデ―トを台無しになります。

「私ってこんなにすごいけど、あの人はなんかダメだよねー」みたいなパターンです。

このように、自画自賛に交えて他人に皮肉を浴びせるようなトークをする方は、性格が非常に悪いと言えます。

そんな彼女の自画自賛が永遠と続き、指摘したりしても一向に改める気配がなければ、一大決心して別れをほのめかすことも必要でしょう。

性格の悪さがにじみ出る自画自賛女に付き合っても意味はありません。もっと素晴らしい女性はたくさんいるので、そのような方を彼女にするべきです。

18.友人も交えて対処する

自画自賛するタイプは自慢話が好きな人なのだから、とにかく多くの人に褒めてもらいたいものです。

そこで、友人も交えて彼女の自画自賛に対処する方法もおすすめ。彼女も多くの人に聞いてもらって満足できますし、あなたへの負担も軽くなります。

カラオケやファミレスで集まってトークを繰り広げたり、SNSに投稿するならばそれをシェアしたりして、ガンガン広めます。

これで、彼女は自己肯定感はアップして二人の関係もさらに円満になります。

19.未熟な部分をさりげなく理解させる

自画自賛ばかりする彼女には、できることしかしないか、すべてができると思っているかのどちらかです。

そういう人には得意分野と未熟な分野を意識させてあげましょう。

たとえば、「どう?このサングラス似合うでしょ?」と聞かれれば、「似合うねー!!浜崎あゆみぐらいではないけど」なんて、似合うけど最高レベルではないことを伝えます。

逆に、「この口紅似合う?」と聞かれた場合、「すごいいいよ!石原さとみ並みだよ!」みたいに、かなりレベルが高いということを伝えるパターンも作ります。

こうすることによって、「自分には良いところもあるけど、まだまだ未熟な部分もあるんだな」と意識させることができます。

結果、自信過剰の盲目な考えはなくなり、少しは自画自賛を抑えられる可能性があります。

未熟であると伝える方法ですが、直接言うものではないので、彼女自身を傷つける恐れもありません。

20.愛情を与えてあげる

彼女の自慢話は、もしかすると愛情不足が原因かも知れません。自慢話をすることによって、自分を本当に好きていてくれるのか、つまり愛情を確認しているとも言えます。

具体的な言葉や態度で、彼女を大切に思う気持ちを明確に伝えてみましょう。それが感じられるようになると、彼女の不安は解消され、自信にもつながります。

また、どんなさりげない仕草も見逃さないようにして、「可愛い」と口に出して褒めてあげましょう。

きっと、少しずつ、彼女の言動や行動によりよい変化が見えてくるはずです。

21.ありのままの彼女を肯定してあげる

自画自賛を自分でする女性はどこか自分に自信がない女性だったりすることが多いです。そのため、「そうだね。俺もそう思うよ。」と大きな気持ちで認め、肯定してあげることが大切です。

都度細かく彼女の言っていることに同意してあげることで、「自分が彼女に同意者であり理解者である」ということをアピールしていきましょう。

彼女という存在すべてを肯定することが大切です。ただ褒めるという行為だけではなく、飾らないそのままの彼女が一番素敵だということを、常日頃から伝えましょう。

また、自画自賛の度がすぎる女性は基本的に自分の外見であれ、内面であれ、何かしら劣等感を感じていることが多いです。

彼女が何に劣等感を感じているのかを見つけ出し、「君はそんな劣等感を感じる必要はないんだ」と彼女に安心感を与えていくことも大事です。

その結果、彼女自身が自画自賛をしなくてもいいんだと気づくことができれば、彼女は前に進むことができます。

ありのままの彼女を肯定してあげることで、彼女は自分に対して自信を持つことができます。無理をせずに自然体でも愛してくれる人がいるということが分かれば、彼女も自画自賛する必要がなくなります。

まとめ

以上、自画自賛ばかりする彼女への対応方法のコツになります。

こちらが疲れないようにうまく聞き流したり、あえて褒めることで彼女の承認欲求を満たし、自画自賛を減らすなんて方法もあります。

また、性格の悪さがにじみ出るような自画自賛ばかりする彼女には別れをほのめかすべきです。そして、彼女のありのままを愛しているということも伝えることが重要です。

彼女はあなたに認められたい・愛されたいと思って自画自賛するケースが多いです。彼氏としてきちんと彼女を認めてあげれば、面倒な自画自賛も少なくなり、うまく付き合っていくことができるはずですよ。