自画自賛ばかりする夫(旦那)の対処法19個とは?

「夫が毎日自画自賛ばかりしてきてうざい!」なんて悩んでいませんか?

そんな自分を褒めまくる旦那には飽き飽きしてしまうものですよね。せっかく美味しいご飯を食べれる食卓も、憂鬱なものになってしまいます。

そんな自画自賛ばかりの癖がある夫は何とかしたいものです。そこで、この記事では、自画自賛ばかりする旦那の対処法や対応方法のコツについて紹介します。

夫が自分を褒めまくるということで困っている方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

自画自賛ばかりする夫(旦那)の対処法19個

1.「可愛いね〜」と子どものように扱う

自画自賛している夫は、その時は非常に気分良く話しているはずです。それを、聞かなかったり無視するようなことをすれば、きっといざこざの原因となります。

そこで、気分を悪くさせないで軽くあしらえる言葉が「可愛いね〜」です。

まるで、子どもが自分のことを褒めてほしくて、自分で積極的にアピールしているかのような扱いをしてあげるのです。

夫は、気分を悪くすることはありませんが、きっと少し子どもじみた行動かなと自分で気付くはずです。そうなれば、うざったい自画自賛も減ることでしょう。

2.「そんなことは普通だと思うな〜」と言う

直接的に否定することは、あまり良い接し方とは言えません。旦那そのものを否定することになり、喧嘩に発展しかねません。

そこで、否定とまではいかず、その一歩手間くらいの言葉を投げかけるといいでしょう。おすすめは、「そんなことは普通だと思うな〜」というフレーズです。

真顔で言ってしまうと角が立つ言い方になってしまうため、必ず半分冗談交じりの感じで言うことを心がけると良いでしょう。

きっと、盛りあがっていた気分は下がり、何か違和感を感じることで、自画自賛は控えめになるはずです。

3.適当に相づちを打つ

自画自賛ばかりしている人の中には、他に人に自分の話を聞いてほしいという心理で、自分のことを褒めまくる話をする人もいます。

ご主人がそのタイプで、自画自賛を始めたときに、「今日は聞きたくないな…」という思いがあるなら、適当にうなずいておきましょう。

  • 「うんうん」
  • 「へえー」
  • 「そうなんだ」

なんて具合に相づちを打ち、話をしっかりと聞く必要はありません。本格的な受け流してしまいましょう。いちいち取り合っていても無駄です。

そもそも外野の声を聞いていないからこそ、そんなに自画自賛できるわけです。だから、旦那の自画自賛まともな時間をとるよりは、「あれ?なにかが聞こえるなー」程度に、柳に風になることです。

聞かなくてもうなずいているだけで、自画自賛をしている人はご機嫌に話を続けているのです。

4.家事・子どもを理由にスルーする

自分をほめ続ける夫に、相づちを打って対応し続けるのもなかなか大変な作業です。ましてや仕事に関する自画自賛だと、言っていることがよくわからなかったりも。

しかも、こちらがすごく忙しそうにしているのに、延々と自分の頑張った話、評価された話を聞いてほしい雰囲気を出されると、本当にうんざりしますよね。

だからといって、「もうそれは聞きました」「もうわかりました結構です」と言ってしまっては角が立ちます。

そこで、無視やスルーという方法でその場を対処してみましょう。

その話をしているのが自宅であれば大チャンスです。主婦には、家事や子育てという大義名分があります。

夫が自画自賛を始めたなら、とたんに忙しそうに振る舞うことによって、相手の話を牽制するようにします。

  • 話をさえぎるがごとく掃除機をかける
  • 洗い物の水の音で聞こえないふり
  • 「○○しなきゃいけなかったんだ〜」と忙しいアピール
  • 洗濯物を畳んで聞こえていないふり

なんて感じで華麗に無視し、「妻も忙しいんだな」と思わせればこちらのものです。

もちろんまったく返事がないとあからさまに無視をしていることがわかるので、「ああ」「うん」などの生返事をたまにはくり返しましょう。

夫が「話を聞いているのか」「お前はどう思うんだ」と言ってきたら、「よく聞こえな―い」「今忙しいからまたあとでー」なんて感じで、聞き流してください。

後日、自分の余裕のある日にビールを持って、旦那に「この前ごめんね〜」なんて言ってビールをあげてフォローすればOKです。

また、イヤホンで音楽を聴く(ふり)なんてのもおすすめのスルーテクニックです。

5.自分の話に持っていく

夫が自画自賛を始めると面倒なものですが、イヤな顔をせずに最初は聞いてあげ、次に「それはすごいね。それはそうと私はね…」と自分の話に持っていきましょう。

夫の話に関連したことでも、その日あったことでも、なんでもいいのです。とにかく夫がそれ以上、自画自賛を続けられないように自分の話に持っていくことが重要です。

勢いに弱い夫であれば、バーっとしゃべりちらかすように別の話をしてみてください。夫が自画自賛できない話、かつ聞き手に回るような話にすれば、面倒な自画自賛トークも聞く必要はなくなります。

6.その場から逃げる

夫が自画自賛を始めたら、忘れていた用事を思い出したふりをして、その場からそっと離れるのも手です。

おおげさに「○○をするの忘れてた」と言って、夫の話が聞こえない場所にさりげなく移動しましょう。

夫は自画自賛を続けたくても、わざわざついてきてまで話し続けることはないでしょう。

もしついてきて話を続けるようなら、とにかく必要なくても洗濯物を畳んだり、急ぎじゃない書類を書くふりをしたりして、上述したような無視戦法を展開すれば大丈夫です。

7.自分の意見を主張して言い返してみる

こっちは家事や子育て忙しいのに、夫は自画自賛ばかり。そんな状況では堪忍袋の緒が切れて、激怒したい気分になりますよね。

そんな状況であれば、「私だってこんなに仕事と子育てやってるんですよ!自分の話ばかり優先しないでください!」なんて自分の意見を主張してみましょう。

もちろん、激昂にまかせて旦那の悪口を言いまくるのは喧嘩になってしまうので、あくまでもこちらの主張を言うということに重きを置いてみてください。

夫婦関係は対等なものです。はっきり意見を言う権利はあるし、それだけ言えば、夫もびくついて大人しくなってくれるはずです。

また、フォローもしっかり行いたい方は、「こっちのことも真剣に考えてくれたら、あなたの話も聞いてあげますよ」なんて言うのがいいでしょう。

8.とにかく褒めまくる

自画自賛ばかりする夫がうっとうしくなったら、とにかく褒めるなんてのも効果のある対処法になります。

自画自賛ばかりする夫は、ただただ、すばらしい俺様をほめてほしいという心理があります。要は承認欲求の塊なんです。

そこで、「本当にあなたはすごいよね」「立派だね」とたたえ続け、夫を満足させてあげればいいのです。

旦那の自慢話にも限りがあるでしょう。適当に褒めまくれば、夫の自画自賛もいずれは終わるようになります。

褒めまくると、同じ話を延々と繰り返す人もいます。旦那がそのタイプであれば、褒めるとキリがないので、聞き流しや無視をするのがベストですね。

9.おだてて使う

自画自賛ばかりする夫は、傍から見れば、本当にバカらしく、そしてその話はうっとうしいだけです。

しかし、ここは視点を変えれば、チャンスになります。

旦那が自画自賛しているときは、高揚感に浸っている陶酔状態のような感じで、理性はいつもの半分以下す。

その状況を逆手にとれば、自分の望む方向へ夫をリードすることができます。つまりおだてて使うということで、そのチャンス到来と考えてください。

たとえば、おねだりしたい洋服があったとします。

夫が自画自賛を始めたら、「そうやってあなたが頑張ってくれているから、我が家は安泰だねー」と褒めます。

そして、「そういえば、ほしい服があるんだけど、ちょっと買ってくれないかなー」なんておねだりしてみてください。

自画自賛を聞いてくれて、しかもその内容を褒められて有頂天になり、気持ちよくなっている状態の夫であれば、すんなりと「OK!」と言ってくれるはずです。

そのときがあなたにとってメリットをもたらす絶好の機会になります。旦那は気分がいいので、何か頼みごとをすんなりと受け入れてくれる可能性が高いのです。

もちろん、お願いを聞いてくれたことに関しても、感謝してべた褒めしてあげましょう。褒められるのが好きな夫の気分は有頂天のままをキープでき、何かとお願い事を聞いてくれやすい状態にすることができます。

10.うまく誘導し、成長・収入アップをもくろむ

夫が自画自賛しているときは、「自分はこんなにすごいんだ」とうぬぼれている状態です。

おそらく、夫は自分自身こそがナンバーワンだと思っているはずです。その大満足している事柄に対して、まだまだ満足してはいけないと思わせるようにします。

具体的には、「確かにすごいけどまだ上がいるわよ。でも、あなたならきっとできるはず!」なんて感じで、上の存在を知らせつつ、応援するようにします。

うまく伝えることで、「自分はまだまだだ!もっと頑張らなくちゃ!」なんてやる気をアップさせることができます。

主に仕事のことについてこのように伝えることで、夫が成長すれば、収入がアップするという算段になります。

また、成長を仕向けてあげることで、過去の自分に対しての満足感は消え去り、自画自賛は減っていくはずです。

収入が上がる可能性はあるし、しかも夫の自画自賛は減ることもあるし、まさに一石二鳥の対処法になります。

ご主人の自画自賛の勢いを、奥様の冷静な判断能力でまかない、うまく成長に活かす。この両輪で、我が家のステータスを上げていきましょう。

11.自分をだまし寛容になる

当然ですが、「自画自賛ばっかりしやがって」と思うから腹が立ちます。なので、ここはいっそ発想をひっくり返し、「なんてすばらしい夫なんだ!」と尊敬の意を持ってみるのも1つの手です。

  • 夫の言っていることはすべて事実
  • うちの旦那はすばらしすぎる
  • 自分はこんな夫と結婚できて幸せだ

と思い込む努力をしましょう。つまりは、自分をだまし、洗脳します。

どんなものでも、捉え方によって気持ちや考え方は変わるものです。「夫は本当に素晴らしい」と思い込めば、自画自賛を聞くのも苦じゃなくなるかもしれません。

また、「すごい」「素敵」「さすが」と繰り返しているうちに、もしかしたら夫も少し恥ずかしくなり、自画自賛をやめるかもしれません。

まあ、100%の尊敬の意を持てということではありませんが、大黒柱として家計を支えてもらっているならば、尊敬の意も忘れないようにしましょう。

夫が自画自賛ばかりするのも、「認めてもらいたい」という子どものような可愛らしい欲求があると捉えることもできるので、夫婦ならばときには寛容に見てあげるのも大事になります。

12.自分も夫から褒めてもらうようにする

夫に寛容になって自画自賛を許す場合でも、こっちにはメリットもなにもありません。

そんな場合には、夫の自画自賛トークを褒めたり聞いてあげたりする代わりに、自分も夫から褒めてもらうようにすることがおすすめです。

毎日自画自賛ばかりされるご主人は、自分の良いところはよくわかっていますが、周りの人の良いところをほめることが苦手です。

そこで、「私もほめて!そういえばこの前ね…」なんて、ご自身の気持ちをまっすぐ伝えてみましょう。

わかっていてもすぐには実行できないでしょうから、少しずつ毎日ほめることを練習してもらいましょう。

最終的に、お互いに褒めあうことができ、上昇していける最高の組み合わせのパートナーになれるでしょう。

13.自分もまねして自画自賛アピール

いつも自画自賛をしているご主人にちょっと嫌気がさしてしまったときには、ご自身も積極的に自画自賛を実行してみましょう。

「私なんかこんなことできてすごいでしょ」「この料理すごいでしょ」といった感じで、要するに自画自賛の逆襲をします。

あまりに自画自賛がしつこいと旦那もイライラし始めるかもしれませんが、それでやっと自分の自画自賛が相手にどれほど迷惑をかけていたかわかるようになります。

自分自身に少し罪悪感を感じるようになったり、自画自賛をしている自分が恥ずかしくなったりして、むやみやたらに自画自賛することはしなくなるでしょう。

14.先回りして褒めながら隙を与えない

夫が自画自賛を言う前に、先回りして夫を褒めてしまうことも、実は有効な手段なんです。

会話に間を持たせず、夫には話させず、間髪いれずに、いつも自画自賛してくることについて、どんどん褒めていくことが重要です。

夫が同じ話を自画自賛してきたとしても、「だから今言ったでしょ」と対応します。

褒め続けていくことによって、夫が不信感を抱き始めても気にすることはありません。「あなたには欠点なんてありませんから」と返答します。

こうすれば、夫には自画自賛できる余地がなくなります。こちらが話すという労力がかかりますが、旦那のくだらない自画自賛を聞き続けるよりかはマシなはずです。

15.自画自賛について難しい質問をして何も言えなくする

褒めればもっと調子になるだろうし、逆に無視や注意をすれば逆上してくるだろうし、なんて面倒なタイプの旦那には、自画自賛についての難しい問いを投げつけてみましょう。

まず、夫の自画自賛が始まった場合、思慮深く考えているふりから始めます。

そして、

  • 「あなたは自分のことを褒めているけれど、同じように周りの人間は褒めているのだろうか」
  • 「あなたのことを私達はどう思っているかなど、考えたことはあるのだろうか」
  • 「そもそも自画自賛をするということは、どのような効果があるのだろうか」
  • 「人はなにを以て自画自賛に至るのだろうか」

など説いて一人悶々と考え、夫をその場に置き去りにする方法です。

なにか言われても、「いつもあなたの自画自賛について考えられるものがあるわ」とだけ言っておきましょう。

このような哲学的なことを、しかも一人で考えているふりをすれば、夫の頭の中は「???」でいっぱいになり、自画自賛どころでなくなるはずです。何も言えなくなるでしょう。

遠回しの指摘にもなるので、夫に自画自賛の愚かさをわからせるきっかけにもなりえます。

こちらが変な人だと思われる可能性もありますが、自画自賛がなくなるならば別に大したことではないはずです。

16.子どもたちの「聞きたくない」態度を見せてわからせる

子どもはストレートに感情を表します。特に家族に対しては情け容赦ありません。

そこで、もしも夫が自画自賛を始めたと思ったら、子ども達を召集します。

そして、「パパがどれだけ立派なのか話をしているから、ちゃんと聞いていてね」と声を大にして命じましょう。

それを聞いた夫はヒートアップしてしまうかもしれませんが、子ども達の忍耐力はそう長くは続きません。

直接的な文句は言わないまでもウンザリしてくるのは確か。奥さんの表情には鈍感な夫でも、子ども達に嫌がられるのは本望ではないはず。

そうなれば、夫も自然に自画自賛をやめてくれるはずです。

また、旦那の前で子どもに、「お父さんは昔から優秀だったのよ」などと説明してもいいでしょう。

夫はなんだか恥ずかしくなって、自画自賛が減るようになるはずです。

17.自画自賛が始まったら家事を放置

自画自賛する夫はそれを聞く側がどれだけ負担に思っているのかなどと考えたりしません。

そこで、自画自賛する夫に、その時間がどれだけ生活の質を落とす要因になっているのかを理解させましょう。

もしもあなたが台所に立っている時にそういった類の話を夫がスタートさせたら、とにかく手を止めて夫の前に座ってください。

そのうち、夫も料理を進めない妻に違和感を感じるはずです。続けるように催促されたら、「あなたが気分良さそうに話しているのだから」と言えばOK。

これを何度となく続けて、夫が自画自賛すると不便が生じるとわからせます。自分の自画自賛が原因だと察し、やめてくれるようになるはずです。

18.夫の自画自賛タイムを撮影してみんなで鑑賞する

旦那が自画自賛タイムをし始めたら、「ま〜た始まった」と呆れるばかりだとは思いますが、そんなときはこっそりと夫の姿をビデオで撮影してみましょう。

ビデオでもスマホでもOKです。撮影したものをあとで家族みんなで見てみるのです。そのときにはおもしろおかしな雰囲気になり、色んな意見が出てくると思います。

旦那自身も自分の自画自賛タイムを見て、こんな風に見えていたのかと気付かされることもあるでしょう。

気恥ずかしくなったり、自分が哀れに思えたりして、それ以降は自画自賛をすることをためらうようになる可能性があります。

19.自画自賛をしたらペナルティを課す

旦那の自画自賛も過剰過ぎて頭にくるという場合には、何らかのペナルティをあらかじめ設けるのもおすすめです。

たとえば、自画自賛がひどくなったらイエローカードを突きつけます。もう我慢できなければレッドカードを突きつけます。そして、罰金を1000円くらい取ってみるなんて感じです。

ペナルティは罰金じゃなくても、洗い物や掃除など、家事やっとけみたいな話にすれば平和的です。

家庭の秩序を保つためのルールとして設定すれば、夫もしぶしぶ従うしかありません。ルール決めがきっちりしている家庭にはおすすめの方法です。

まとめ

以上、自画自賛ばかりの夫の対処法になります。

まずは面倒くさい話の対処法として定番な、聞き流す、無視する、話をそらすなんて対処法がおすすめです。

また、褒めまくって満足させて自画自賛を終了させたり、こちらの意見を直接言ったり、はたまたペナルティを課すなどちょっと変わったやり方でも、うまく対応することができます。

夫の性格や家庭内の雰囲気に合わせ、ぜひベストな対処をしてみてください。嫌なことがなくなれば、夫婦円満・家庭円満にすることができますよ。