自画自賛ばかりする彼氏の対処法16選とは?

「彼氏が自画自賛ばかりする…」、こんなことで悩んではいませんか?

自画自賛ばかりの話に対応するのは面倒で疲れますし、いくら好きな彼氏と言えどもうざったいなんて感じることもあるでしょう。

彼氏のことは大好きだけれども、自画自賛ばかりする部分は嫌い。別れるというほどではないけど、何とかしてうまく対応したいものですよね。

そこで、この記事では自画自賛ばかりする彼氏の対処法や付き合い方のコツについて紹介してみます。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

 自画自賛ばかりする彼氏の対処法16選とは?

1.静かに見守って聞いてあげる

本当に我慢できないという場合でない限りは、まずは静かに見守って聞いてあげるようにすることがポイントです。

そもそも男性とは、自己顕示欲の強い生き物です。「自己顕示欲が強い」とは、いわゆる「目立ちたがり」ということを指します。

つまり、多くの男性は、極端に言うと「自分はすごい」「特別優れている」と、人に認めてもらいたいのです。

また、自分に不安があることも理由です。男性に限らず、すべての人間は、他人から評価されることで初めて自分に本当の自信を持つことができます。

特に男性の場合は、「評価してほしい」という思いから起こる行動が顕著に表れます。彼氏が自画自賛ばかりしてくるのは、ある程度は仕方のないことです。

なので、真っ向から「うざい!」と否定すると彼を傷つけて、お互いの関係に亀裂が生じてしまう危険があります。

なので、まずは見守って聞いてあげることが大事です。子どもが無邪気に自分のすごいところを自慢する感覚で見てあげれば、こちらのストレスも緩和されます。

2.あいづちを打って聞き流す

とは言え、彼氏の自画自賛エピソードを聞いているばかりでは、どうしてもストレスがたまり、疲れてしまいます。

なので、真剣に聞くというより、聞き流すようにして見守るということがコツになります。ポイントはあいづちを打つことです。

  • 「すごいね」
  • 「そうだね」
  • 「そうなんだ」
  • 「へえー」
  • 「うんうん」

なんてあいづちがおすすめです。

心理学において「ミラーリング」という言葉があります。共感を得ることができた相手に好意を持つ心理です。あいづちに、このミラーリングの効果があります。

「これってすごいだろう」と彼が言ったとすれば、「これはすごいことだね」と、相手の話を繰り返しながら共感します。共感することで、相手の気持ちを満たすことができるのです。

自慢話ばかりする人は相手に認めてもらいたいという気持ちのが強いことの表れです。なのでとりあえずは素直に話を聞いて、「すごいね」と言って同調します。

そうして承認欲求を満たしてあげると、きちんと話を聞いてもらえるという自信がついて自慢話が減るかもしれません。

付き合いはじめの頃は、特に恋人に対して自信がないことの表れかもしれませんので、優しく話を聞いてあげると次第に話の内容も変わってくることがあります。

結局、彼氏は自分の自慢話を聞かせて自己満足したいだけなので、こちらが話を聞いている素振りをすれば、それだけで満足します。

3.ときどき質問して話を広げてみる

しかし、あいづちばかり打って聞き流していると、その適当さが相手に伝わり、面倒なことになりかねません。

適当に聞いてるんだけど、それを相手に悟られないようにすることも意識しておく必要があります。

そこで、「それで?」「その後はどうなったの?」なんて質問も、時折混ぜるようにするといいでしょう。

たとえば、「仕事で成功したよ」と彼が自画自賛した場合、「どんな仕事なの?」みたいに聞いてあげると彼は喜ぶでしょう。

このようにすれば、話をちゃんと聞いている姿勢を持ちつつ、ストレスが溜まらない程度に聞き流すことが可能です。

彼氏の自画自賛も無限にはないので、話が終わるまでさらっとした構えで対応するといいですよ。

4.新しい話題を振る

少々の自画自賛は聞いてあげるべきですが、あまりにもひどい場合は、新しい話題を振って話を変えるようにしてみてください。

彼が熱弁しているときにいきなり違う話に変えると怒ってしまうので、彼氏の話が一段落して、トーンが落ち着いてきたときがチャンスです。

ここぞとばかりにまったく違う話題を振りましょう。彼氏が困惑することもあるかもしれませんが、ここは少々強引に持っていきます。

「そういえばさ…」と違う話題に切り替えましょう。

おすすめの話題は、何か2人で決めなければいけない話題です。たとえば、「次の約束の待ち合わせ場所や時間」「イベント時のプレゼントは何がいいか」などです。

2人で意見を出し合える話題だと、彼氏も話の中心にいられるので自慢話をさえぎられても、それほど機嫌を損ねることはないです。

それに、違う話に変えることで、「自分の話がつまんなかったのかな?」なんて彼氏も自覚し、大人しくなる可能性もあります。

恋人は対等な関係。ときには自分を優先してみてください。

5.素直に褒めてみる

そもそも、自画自賛ばかりするということは、それだけ自分のことを認めてほしい欲が強いということに直結しているはずです。

特に好きな女性に対しては、「自分はこんなに素晴らしい人間だ」と認めてもらいたくてアピールしている可能性が高いです。

もしかしたら職場等のあなたの知らない所で、多くのストレスを日々感じ、自分を認めてもらえる場所を求めている可能性もあります。

なので、そんな彼氏の欲求に、彼女であるあなたが精一杯応えてあげることも付き合う上では大切になります。

あなたが彼氏のことを本気で思っているなら、それを認めてあげることが大切です。認めてあげれば、満足して自画自賛が収まる可能性が高いです。

聞き流す際にはあいづち程度と説明しましたが、あえて褒める際にはしっかりと素直に褒めるようにしましょう。

やり方は簡単。いつものように自画自賛を始めた彼氏の話を一通り聞き終えたところで、これ以上ないくらいに褒めてあげるのです。

  • 「〜できるなんてすごい!」
  • 「あなたの彼女でいられることが嬉しい」
  • 「そりゃあ、自分で自分のこと褒めてあげたくもなるよね!」

など、純粋に褒める言葉を浴びせたり、自画自賛していることすら肯定してあげる姿勢を見せるのです。

こうすれば、彼は喜び満足します。そのうち彼氏は自尊心が満たされて、自画自賛が減っていくかもしれません。

「この人はわかってくれる」「話してよかった」と思ってもらえるので、今後の関係も良好になるはずです。

否定をしてしまうと、彼のプライドを傷つけてしまう可能性があるので厳禁です。

それに本当にすごいことであれば、しっかりと褒めるべきです。

たとえば何かで賞をもらったことや、ある仕事に選ばれた時などは、素直に褒めて褒めまくります。

そうすることによって、他人から褒めてもらいたい・認めてもらいたいという彼氏の欲求が満たされ、自画自賛をしてしまう悪い癖が改善する可能性が高まります。

6.他人と比べるような発言は控える

自画自賛する人は、他人に認められたいという承認欲求での塊みたいなものです。そういう人に対して絶対に行っていけないことが、他人と比較すること。

無駄に闘争心を燃やされたら、さらにしつこく自分を褒め、またこちらにも強く同意を求めてくるはず。

そうなれば、とにかく鬱陶しくなるはずので、「あなたより◯◯くんの方がすごい」なんて台詞は口が裂けても言ってはダメです。

たとえそう思っていても、それを表にしてしまった時点で彼の自尊心は傷ついてしまいます。

7.彼氏よりも少しだけ秀でている人の話をする

しかし、比較する場合には、明らかに格差がある人を持ち出すのはNGですが、少し秀でている人の話をするのは逆に効果がある場合があります。

自画自賛ばかりする彼は、自分の良いところを見つけるのが上手でとてもポジティブですが、現状に満足してしまっている状態です。

そんなときに、少しだけ秀でていてる人の存在を知ればどうでしょう。そして、「あなたも頑張れば追い抜けるのに」なんて言えばどうでしょうか。

彼は自分の小ささを感じるとともに、彼女に自分のすごさをわからせるために、その人を追い越そうと努力してやる気を出すはずです。

そうなれば、現状に満足しきっている自画自賛も少しはやめるでしょうし、彼氏のステータスも磨けるということで、一石二鳥になります。

8.自分も自画自賛する

自画自賛する彼氏は、本当に自分のことをすごいと思っているケースが多いです。自分中心で物事が動いていると考えがちです。

そのため、自画自賛をしてしまう人というのは、無意識にやってしまっているケースが多いんです。そこで、こちらも彼氏に対して自画自賛をやりかえす方法もおすすめです。

おそらく、あなたから自画自賛ばかりされたら彼氏だって嫌になるでしょう。彼氏の反応が悪くなった時に「あなただって、いつも私に自画自賛ばっかりしてるよ」って言ってしまいます。

これは揉めてしまう可能性もありますが、彼氏があなたに迷惑をかけていたということに気が付くキッカケになります。

そうなれば、根本的に解決できる糸口になり、彼氏の頭をリセットさせることが可能です。

また、彼氏よりも勝る内容の自画自賛をすることで、彼に自分自身の小ささをわからせることにもなります。

そもそも自画自賛とは自分のすごさをアピールする行動なので、相手が話すことが、自分よりすごい体験をしている場合は、自画自賛をしてこなくなります。

かりに、能力や体験で勝っていなくても、常日頃から彼氏の知らない分野に対しての知識をひけらかすことで、自分の優位性を認識させていく方法でも可能です。

自分よりもすごい人に対して自慢げに自画自賛する自分が恥ずかしいと感じ、今後の自画自賛話に釘を刺すという意味では絶大な効果があります。

9.さりげなく指摘する

自慢話を聞くのにうんざりしてきてストレスになってしまったら、彼氏に直接言ってしまうのもおすすめ。

ただし言い方は工夫します。自慢話を繰り返す人は自分の話をさえぎられるのをとても嫌います。

露骨にうんざりしていることを感じさせてしまうと険悪になるので、悲しい顔をつくって一言、「たまには私の話も聞いて」と言ってみます。

また、「最近、人ががんばっている話を聞くと疲れる」「癒される話を求めている」なんて言ってみるのもおすすめです。

相手の非を責めるのではなく、自分の置かれている状況や今の心情を説明する形で、さりげなく伝えます。

鈍い人にはまったく通じないかもしれませんが、大抵の人、特にあなたに好意を持っている人なら普通、「しゃべりすぎたな…」と反省してくれるはずです。

自画自賛ばかりしたがる性格は簡単には治らないかもしれませんが、たまにはこうして反省してもらうことも重要な付き合い方になります。

10.本当に嫌な時は、自分の心境を説明する

彼の自画自賛の度が過ぎる場合、もしくはどうしても本当に我慢できない場合は、自分の心境を彼に説明して、その思いをダイレクトにぶつけてしまいましょう。

自画自賛の度が過ぎている時点で、そういう人は相手に迷惑をかけているということに自然に気付く可能性はゼロに等しいです。

ですから、こちらからはっきりと「自画自賛ばかりするのちょっとやめてくれない?」と言ってしまいましょう。

相手を傷つけてしまうことを恐れてなかなか言い出せない人もいますが、男性は、その時はショックを受けても、案外そんなに長く引きずったりはしないものです。

また、はっきり言うことで、彼自身も「迷惑をかけていた」ということに気付き、これからの付き合いの中で良い変化が起こることもあります。

11.無視する

どうしても彼氏の自画自賛がうざいと感じるのであれば、無視するというのも1つの手段になります。

彼女ならばあまりしたくないことですが、彼氏の話を1から100すべて聞くよりも、かいつまんで聞き、聞きたくないことは無視します。

無視をするようになれば、「自分の自慢話は聞いてくれないんだな」と彼は理解し、自画自賛の癖が直るかもしれません。

彼氏の話を全部聞いてしまう女は男にとってもとても扱いやすい人間です。ただただ男がわがままになったり、自分勝手になったりするだけです。少し冷酷な対応をしてもいいのではないでしょうか。

彼氏というくらいなのですから、もしかしたら将来を一緒に歩んでいくパートナーになるかもしれません。

それを考えると相手の話なんて毎日100も聞いてあげることなんてまずは不可能ですし、いろんな壁に何度もぶつかることになると思います。

彼氏の自画自賛を辛辣な態度をとって直すこと、それも一つの乗り越えるべき壁になるはずです。

12.あえて負けてあげることも愛情です

たまには負けてあげることも大切です。

人は付き合いが長くなると、なれ合う気持ちを持つようになるもの。尊敬し、尊重する心を持ち続けることを徐々に忘れていってしまいます。

なれ合いすぎて、対等な距離と立場で彼に接してしまうと、自慢や自画自賛する場面にイライラしてしまうものです。

批判や否定する言葉を発するときは、勝っている気持ちに瞬間的になりますが、それでは関係性を崩しかねません。

変に否定したり批判したりせず、彼のお母さんになった気持ちで受け止めてあげましょう。

自画自賛ばかりする彼氏の深層心理を理解して、こちらが一歩、大人の対応をしていくという付き合い方です。

そもそも自画自賛をする男性の心理は誰かに認められたいという意識の表れです。それが彼女という近しい存在であればなおさら理解を求めてくるのは必然です。

また、認められたいという心理に加えて、好意を持った女性に対しては特に良く見られたいと思うのは男性の性ですから、話してくる自画自賛は自分への好意のアピールでもあるのです。

そう考えれば、まるで無邪気な子どものように見えるはずです。「負けるが勝ち」という言葉がコミュニケーション上手になる一歩です。

13.自画自賛する彼氏そのものを愛する

あなたは少なからず、自画自賛してしまうような彼氏を好きなのではないでしょうか。たとえ文句を言っていても、別れずに付き合っているのですから、きっとそうなはずです。

そこで、そんな彼氏をそのまま愛してしまうというのも1つの対処法になります。

自画自賛している姿をあなたに見せるということは、すなわち、彼氏はそれだけあなたのことが好きで、自分のことをよく見せたい。それでいて、あなたに離れていってほしくないということです。

なんだかそう考えただけで、とても愛しい存在に思えてきませんか。

彼氏をすべて愛すれば、自画自賛が多いことも含め、彼を好きになることができますよ。

14.自画自賛は彼女の前だけにさせる

彼氏の自画自賛を容認するという付き合い方を選択した場合には、少し注意が必要です。

いくら愛する彼の自画自賛話に彼女として同調できても、赤の他人には、ナルシスト・大袈裟などのマイナスイメージしか与えません。

本人は自画自賛することに夢中で、そんなマイナスイメージは気にすることもないでしょう。好きなようにやってもらっていいかもしれません。

しかし、横に並ぶ彼女として、自分の彼がそんな風に言われるのは少し悲しい気もします。あなた自身の彼女としての評判も同時にマイナスになることも考えられます。

なので、彼のためにもあなたのためにも、「自分だけ特別な聞き役になりたい」と遠回しに伝え、外で自画自賛話をするのを控えてもらうようにしましょう。

15.できないことをさせて恥ずかしい思いをさせる

「俺って~できるぜ!」「俺ってこんなにすごいところ知ってるんだぜ!」みたいな感じで自画自賛する彼氏もいるでしょう。

そんな自分の能力をひけらかす彼氏には、それを実際にやってみることを要求し、できないことをわからせる対処も効果ありです。

自画自賛が始まったら、「へぇ、そうなんだ!」と同意し、相手を満足させます。そして、「じゃあ今度見せてよ」「今度連れて行ってよ」みたいにお願いするといいでしょう。

相手は満足気になっているので、快く了承してくれるはずです。そして、実際にやるとなってできなかった場合には、大恥をかくことでしょう。

そうすれば、こっちが逆に彼氏を見下すことができます。恥ずかしい思いをすれば、自画自賛するような言動は収まるはずです。

本当にできたら褒めればいいだけ。自画自賛する人の話には必ず嘘や誇張があるもの、ボロがでるまで「じゃあやってよ!」なんてお願いしてみるといいでしょう。

16.対価をもらうことで納得して付き合う

あえて聞き上手な自分を演じて、気を良くした彼氏に相応の対価をもらうことで、ギブ&テイクで付き合う方法もあります。

男性は自画自賛をした相手が聞き上手だと気分を良くしますので、そのタイミングであれば大概のお願いは聞いてしまいます。

それを上手く利用して、自分にとってメリットのあるようなお願いを設けることで、自画自賛に耳を傾けることは苦にならないはずです。

彼は自画自賛ができて満足。あなたはそれを聞いてあげる代わりに、なにかメリットがあるので満足。まさにwin-winな関係になります。

まとめ

以上が、自画自賛ばかりする彼氏の対処法や付き合い方になります。

自画自賛するタイプには、自分中心でアピールしたいだけのタイプや、すごいことをアピールして褒めてほしいだけなど、いろんなタイプがあります。

本当に面倒なタイプは聞き流しや無視の対処がおすすめで、自画自賛に愛らしい部分があれば、そこも含めて彼氏のことを好きになってみるなんて対処がおすすめです。

彼氏の自画自賛の程度、そしてあなたの気持ちも考えて、うまく対処してみてください。ぜひお互いに満足できる良いお付き合いを目指してみましょう。