告白の返事が保留中の期間での相手との接し方のコツや注意点5選

告白の返事が保留中の期間での相手との接し方のコツや注意点5選

告白をした場合には、返事を保留にされることもあるでしょう。「考えさせて」というフレーズがよくありがちで、ダメなのOKなのか不安になる人も多いと思います。

しかし、そこで問題なのが告白保留中の期間での相手との接し方となります。同じ職場や学校であれば会う機会もあるでしょう。そんな時にはどう関わればいいかわからないと方が多いでしょう。

かなり気まずい状況ですが、下手に振舞ってしまえば変な空気になってしまうでしょう。そこで、今回は告白の返事の保留期間での相手との接し方のコツや注意点を紹介します。それではどうぞ。

告白の返事が保留中の期間での相手との接し方のコツや注意点5選

1.いつも通りに自然体で接する

告白の返事が保留されている場合には、相手との接し方は難しいと考えがちですが、いつも通りのように自然体で接するようにしましょう。

気まずいと感じて相手を避けたり目を反らしたりすれば、相手も気まずく不快な思いをすることになるでしょう。

相手が本気で悩んでいる場合に避けたりしてしまえば、相手の考えを悪い方向に変えてしまうこともあります。そのため、何事もなかったかのようにいつも通りに接するようにしてください。それがお互いにとって一番楽でしょう。

2.告白の返事に関しては何も言わないように

実際に話したりする場合には、普通の世間話だけにしましょう。別れ際に、「そういえばこの前の返事…」などと切り出せば、かなり気まずい雰囲気になります。

いきなり返事をしてくれと切り出されれば相手は困惑するしかないでしょう。相手にも気持ちの整理なども色々とあります。

無理に催促するべきではありません。相手と接するときには、告白に関しての話題はNGです。告白したということを忘れて接するようにするといいでしょう。

3.恋愛系に関する話も控える

また、恋愛系に関する話も控えるようにしましょう。「○○さんの彼氏が…」などと他愛もない恋愛話でも要注意です。

恋愛に関することを話すことで、お互いに告白した・されたということを意識してしまい、それによって気まずくなってしまうでしょう。

そのため、告白の返事そのものだけではなく、恋愛系に関する話も自分たちの状況を指揮させるきっかけとなってしまうので、NGとなります。

4.相手が控えめな場合には無理に接しようとしない

こちら側からいつも通りに接しようとしても、相手が気まずいと感じて避けてくるなんて場合もあるでしょう。

そんな時には、無理に接しないようにしましょう。相手がこちらを避けているときに無理に話しかけたりすれば、相手にとって迷惑です。

そんな場合に話しかけようと思ってもぎこちなくなってしまうだけなので、相手が控えめな場合には無理に関わろうとしないようにするべきです。

5.無理に連絡を取らないようにする

また、連絡に関しても無理に取らないようにしましょう。実際に会って話すのは気まずいけど、メールやLINEなら大丈夫と頻繁にやり取りしようとする人もいるでしょう。

告白の返事を催促するつもりだったり、自分のことを相手に意識させるつもりだったりといろいろあるでしょうが、互いに微妙な状況での頻繁な連絡は相手にとって負担となります。付き合うことを強要されている感じだと思われてしまうこともあるでしょう。

告白の返事を考える場合には、その時間が必要です。無理に連絡を取っても相手には重荷にしかならないので、やめるようにしましょう。OKの可能性が大きかったのに、しつこい連絡が原因でフラれるなんてことにもなりかねません。

まとめ

以上が告白の返事を待っている期間での相手との接し方のコツや注意点となります。変に意識せずに、いつも通りに接すればお互いに気まずくならずに楽です。

また、返事はなるべく待つようにするべきで、会話の中で告白の返事に関して言うことはNGです。また恋愛系の話題も避けるようにしましょう。

保留中の期間は不安などでいっぱいだと思いますが、なるべくその気持ちを表に出さずに、相手からの返事を気長に待つようにしましょう。

なお、以下の記事では告白を保留にする相手の心理や、保留にされた時の対処法を紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。