【馬鹿発見器】なぜ?Twitterで炎上ツイートをしてしまう3つの理由

Twitterではしばしば、一般人が問題行動をしたというツイートによって炎上することがあります。たとえば、万引きしてきたとか、無免許で運転したとかです。

有名なものならば、コンビニのアイスケースに入ったとか、ピザの生地を顔に貼り付けた画像などをアップしたツイートが炎上しました。

それらは問題ある行動で、おそらく本人たちもわかっているでしょうが、なぜかツイートをしてしまうのです。炎上してしまえば、全国に自分の個人情報と悪行が広まってしまいます。

そこで、今回は炎上ツイートをしてしまう理由について紹介します。それではどうぞ。

Twitterで炎上ツイートをしてしまう3つの理由

1.友達への自慢

まずは友達への自慢ということがあるでしょう。問題行動を起こした人たちは自分たちで悪いことをしていると自覚しているはずです。だからこそツイートするのです。

そして、その目的は友達への自慢でしょう。「俺、こんな行動したんだぜ!まじで勇敢だろ!」と自分の悪行ぶりを自慢したがるのです。

問題行動を起こす勇気ということは確かにすごいですが、自慢にはなりません。しかし、中高生あたりは、すごいことをすればなんでも自慢できると思いこみ、そのような問題ツイートをしてしまうのでしょう。

2.全国の人が見ていると自覚していない

そして、炎上するとわかっていればツイートなどしません。友達に直接会った際に、「こんなことしたんだ」みたいに話すだけでしょう。

しかし、問題ツイートをして炎上してしまうのは、全国の人が見ていると自覚していないからです。プライベートの友達だけにしか広まらないと思いこみをしているのです。

しかし、鍵アカにでもしない限り、世界中の人たちがツイートを見ることができます。友達同士のふざけたネタでも、それに憤慨する人はたくさんいます。結果的に炎上してしまうのです。

今ではLINEなど閉鎖的なサービスも流行っているせいか、本来オープンなTwitterも友達同士だけで見ているものだと勘違いしてしまう人が多いのでしょう。インターネットのグローバル性の認識が甘いのです。

3.悪いことだと思っていない

この場合は、馬鹿発見器という名のように、本当に馬鹿の人の場合です。問題ツイートを、そもそも悪いことだと思っていないからツイートしてしまう人もいるでしょう。

いつものように、面白いネタを見つけたからつぶやく、そしてリツイートしてもらえたらいいなみたいな気楽に考えているのでしょう。

しかし、それは悪いことです。悪いことだと思っていないことは一番の問題です。実際に、注意を受けて「何がいけないの?」みたいな反応をした問題ユーザーは多くいます。

そのような本当に常識のないユーザーがいることで、問題ツイートが後を絶えない現状にあります。そのような人は、炎上をきっかけに考えを改め直した方が良いと思います。

まとめ

以上がTwitterでの問題ツイートが後を絶えない理由です。インターネットの認識に対する甘さや、常識の欠如などから、炎上ツイートが多発してしまいます。

おそらく今後も、問題行動をツイートして炎上してしまう人がいることでしょう。そうすればその人の将来に影響も及ぶ可能性もあるし、周りにも迷惑をかける恐れがあります。

くれぐれも常識ある行動をして、問題をおこすツイートをしないようにすることがベストであると思います。

なお、以下の記事では問題ツイートによる炎上を防ぐ方法を紹介しています。心配な人は合わせて読んでみるといいでしょう。