もうこれで困らない!イヤホンやヘッドフォンの断線を防ぐ5つの対策

もうこれで困らない!イヤホンやヘッドフォンの断線を防ぐ5つの対策

今やほとんどが電気の時代です。それに欠かせないのがコンセントと、それをつなぐケーブルです。そして、そこで起きる厄介な問題がケーブルの断線によって使えなくなることです。

特にイヤホンやヘッドフォンはケーブルの断線がかなり激しいです。それは構造上、細くケーブルが作られており、しかも頻繁に取り外ししたりするので、断線が多いのは仕方がないことです。

とはいっても、断線をせずに長く使いたいと思う人はたくさんいるでしょう。そこで、今回は断線を防ぐための対策を紹介します。それではどうぞ。

イヤホンやヘッドフォンの断線を防ぐ5つの対策

1.丁寧に取り扱う

イヤホンやヘッドフォンは頻繁にプラグを抜き差したり、カバンから入れたり取ったりするので、その分断線がしやすい可能性が高くなります。

雑に扱えば扱うほど、強い力が加わることになるので断線しやすくなります。そのため、断線を防ぐ予防の基本としては丁寧に取り扱うようにしましょう。

プラグを抜くときも静かに抜き、カバンから取り出すときも他の荷物に引っかからないように丁寧に取り出すようにするべきです。

雑に扱うと丁寧に扱うとでは、寿命の差にかなり違いがあります。丁寧に使うことで、長く使用することができます。

2.強く巻きすぎない

イヤホンやヘッドフォンのケーブルをiPodなどの音楽プレーヤーの周りにぐるぐる巻きにする人が良くいますが、あれは断線の原因となります。

巻きすぎると、イヤホンに強い力がかかってしまい、断線しやすくなるのです。そのため、巻くときはきつく巻くのではなく、少し弱めに余裕をもって巻くようにしましょう。

特に断線しやすいのはプラグの根元の部分ですので、そこに負荷がかからないように巻くと効果的です。

3.ぐちゃぐちゃにしない

巻くのがダメならば、そのままカバンに入れてしまえばいいと思う人もいるでしょう。しかし、それではぐちゃぐちゃになってしまいます。

ぐちゃぐちゃになると、何かに引っかかって断線しやすくなるし、ほどくときも強い力で引っ張ってしまう可能性があります。

そのため、ぐちゃぐちゃにしないようにきれいにまとめるようにして収納しましょう。輪ゴムかなんかでゆるく縛っておくのもいいです。

もしくは、イヤホン収納ケースなどもあるので、それらを購入して使用してみるのもいいでしょう。以下はAmazonのリンクですので参考にしてください。

Amazon.co.jp ベストセラー:イヤホン・ヘッドホンケース の中で最も人気のある商品です

4.断線しにくいものを買う

断線することにいちいち注意を払いたくないのであれば、断線しにくいイヤホンやヘッドフォンを買うことで手間がかからないでしょう。

断線しにくいものは以下の種類があげられます。

これらの種類は断線しにくいものです。無線などであればケーブルが存在しないので断線の心配すら無用です。

おすすめはプラグがL字型のものです。イヤホンやヘッドフォンなどの弱い部分はプラグの根元ですので、L字型だと耐久性があります。値段にも左右されないので、手軽な価格で断線しにくいものを使うことができます。

5.延長ケーブルを使う

先ほども述べたように、イヤホンやヘッドフォンなどのプラグの根元が断線の原因になりやすいです。

そこで、イヤホンの延長ケーブルを使うことが効果的です。延長ケーブルを使えば、負荷がかかる部分は延長ケーブルの根元の部分です。

オリジナルのイヤホンには負荷がかからず、延長ケーブルが断線したとしても、新しい延長ケーブルに交換すればすぐに使えます。一時的に延長ケーブルを使わないでイヤホンをそのまま使うということも可能です。

延長ケーブルを使うことで、イヤホンにダメージがかかりにくくなるので、使ってみるといいでしょう。以下にAmazonのリンクを貼っておきます。

Amazon.co.jp ベストセラー:イヤホン・ヘッドホン用ケーブル の中で最も人気のある商品です

まとめ

以上の対策でイヤホンを断線しにくくすることができます。今は何かとイヤホンやヘッドフォンを使うので、なるべく寿命を延ばすためにも、このような対策はしておきたいです。

丁寧に使えば何年も使えるようになるのでおすすめです。買ったけどすぐに断線してしまうという人は、ぜひ実践してみることをおすすめします。

なお、以下の記事では断線の原因となる使い方について紹介していますので、ぜひ合わせて読んでみてください。雑に扱わないようにするべきです。

ぐるぐる巻きはNG!イヤホンやヘッドホンの断線の原因となる使い方4選

また、ずっと使用していると片方しか聞こえなくなるということもあります。そんな時の対処法や直し方を以下の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてください。

故障?ヘッドホンやイヤホンが片方しか聞こえない時の対処法・直し方4選