LINEが普及した今でも、友達のメアドと電話番号を記録しておくべき理由4選

スマホが当たり前となった現在では、多くの方々はLINEを連絡手段としているでしょう。リアルタイムでメッセージのやり取りができ、さらに電話も無料でできるなど、とても便利なサービスです。それによって、キャリアの電話・メールを使う機会がかなり減ったという方は多いでしょう。

それに伴い、友達とはLINEのIDだけ交換し、メアドや電話番号は聞かなくなったという人も増えたのではないでしょうか。また新しいメアドや電話番号に変更したけど、LINEでつながっているから変更を知らせていないという方もいるでしょう。

しかし、LINEがメインとなった今でも、キャリアのメアドや電話番号はしっかりとアドレス帳に登録しておくべきものです。これは友達に関わらず、家族や職場仲間など、連絡をするすべての人に当てはまります。では、なぜその必要があるか、この記事で紹介していきます。

LINEが普及した今でも、友達のメアドと電話番号を記録しておくべき理由4選

1.LINEの引継ぎができない可能性もあるから

まず、最初にあげられる理由として、機種変更時にLINEの引継ぎができない可能性があるからです。これは、スマホが故障した際や、引継ぎを忘れた場合に起きるリスクです。

前のスマホが使えなくても、メールアドレスや電話番号の紐づけでLINEアカウントを引き継ぐことができますが、その番号やメアドを変更した場合には引き継ぐことができません。

結構トラブルになる方も多いようです。引継ぎできないと、頼るものはアドレス帳しかありません。普段連絡を取る人のアドレスと番号をしっかりと登録しておけば、LINEのデータがなくなっても連絡を取ることができます。

2.LINEの障害が起きると、連絡が取れなくなる

LINEの障害発生のリスクもあります。これまでにも何度か障害は発生したことがあり、その際には連絡が取れないなんて場合がありました。

もし、その時に緊急の連絡が必要なんて場合には、キャリアの電話やメールを使うしかありません。しかし、相手の番号とメアドを控えていないとしたら、連絡を取れないのです。

LINEに依存しすぎると、サービスが停止した際には連絡手段がなくなってしまいます。そのリスク対策としても、友人・知人のキャリア番号・アドレスはしっかりと登録しておくべきです。

3.LINEの通話音質が悪いときには、キャリアの電話が便利

キャリア回線の電話は有料ですが、LINEの通話はインターネット回線を使うので無料です。そこが魅力であり、友達や恋人と何時間も無料で電話しているという方も多いでしょう。

しかし、無料だからこそのデメリットが存在します。それは通話音質です。ネット回線は通常の電話回線に比べて不安定であり、場所や時間が悪いと音質が低下しがちです。機種によっても違いが出るなんて報告もあります。

そんなLINEの無料通話の音質が悪すぎて電話にならないという場合には、有料になりますが、キャリア回線の通常の電話が便利になります。よく電話する相手の電話番号は、しっかりとアドレス帳に登録しておくべきです。

4.LINEそのものが終了するリスクも0ではない

上記で、LINEの障害発生によるサービス停止リスクがあると紹介しました。そのサービスの停止リスクは、LINEというサービスそのものが終了することによっても起きるものです。

もちろん、今や大多数の人が利用するインフラと化したサービスで、そのLINEがいきなりサービスを終了するなんてことは考えられません。しかし、このまま永続的にLINEというサービスがあり続けるかというと、答えはNOになります。

このことを考えれば、連絡手段をLINEだけに依存するのはやはり危ないです。そうなると、その最初の元になるキャリアの番号・メアドも、連絡を取り合う人のものはしっかりと記録しておくべきでしょう。

まとめ

以上、LINEが主流の現在でも、メアドと電話番号を登録しておくべき理由となります。やはり一番の理由は、LINEを使えなくなった時のリスク対策です。

機種変更の引継ぎの失敗によるデータ損失や、LINEの障害やサービス終了など、いろんなリスクがあります。特に、仕事での重要な場面や、災害などの緊急時には、できるだけいろんな連絡手段を確保しておくべきです。

インターネットの普及によって、いろんな方法で連絡をすることができるようになった今ですが、やはり携帯電話の大本である電話番号とメールアドレスはしっかりと登録しておくべきでしょう。