必見!スマホの液晶画面に傷が付かないようにする防止対策5選

スマホはきれいな大画面の液晶ディスプレイが特徴ですが、地面に落としたりどこかにぶつけたりして傷をつけてしまうなんてことがあるでしょう。

画面に傷がつくと気になりますし、きれいな液晶も台無しです。なるべくそのような傷は付けないようにして使いたいものです。

そこで、今回はスマホの液晶画面に傷がつかないようにするための対策方法を紹介します。ずっときれいな画面を保ちたいという方は、以下の防止対策を心がけましょう。それではどうぞ!

スマホの液晶画面に傷が付かないようにする防止対策5選

1.画面を下にして置かない

スマホの液晶画面は知らぬ間に傷ついているという方が多いでしょう。それは、画面を下にして置いたりしてしまうときに付いてしまう傷がほとんどです。

そこで、スマホの画面は下にして置かないようにしましょう。机などに画面を下向きに置くと、細かい傷が付きやすくなってしまいます。

そのため、必ず画面は上向きにしてスマホを置くようにしてください。そうすれば、置く際に傷つく心配はなくなります。

2.硬いものと一緒にバッグやポケットに入れない

スマホの画面が傷つく原因としては、硬い物が画面にあたることも原因となります。そのため、固いものと一緒に収納しないことも重要です。

例えば、イヤホンや鍵などと一緒にスマホをバッグやポケットに入れている場合には、それらが動く度にぶつかり合って画面が傷ついてしまいます。

これを防ぐためには、スマホを収納する際に傷の原因となる硬いものが画面にぶつからないようにするようにしましょう。

3.落とさないようにしっかりと持って操作する

もちろん、落とすことによっても画面に傷がついてしまいます。ひどい場合には、傷がつくどころがひび割れてしまうこともあるでしょう。

それは絶対に避けたいことなので、スマホを操作する際には落とさないようにしっかりと持つようにしましょう。両手でしっかりとつかんで操作することがおすすめです。

なお、以下の記事ではスマホを地面に落とさないための対策方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

もう地面に落とさない!スマホの落下防止のための対策方法4選

4.ケースに入れて持ち運ぶ

スマホをケースやポーチに入れておけば、それがクッションやガードの役割をしてくれるので、画面が傷つくことはありません。

これは、鍵などと一緒にバッグに収納しても、画面にぶつかることがないので傷つきません。落とした場合にも破損する可能性は低くなります。

なので、傷を防ぎたい人は日ごろからスマホケースを着用して使用することがおすすめです。機種ごとに専用のものが発売されていますので、以下のページで探してください。

Amazon:スマホケース・カバー

5.画面の保護フィルム等を使う

ケースはかさばるから嫌だという方は、画面に貼る保護フィルムがおすすめです。保護フィルムを貼っておけば、画面が直接傷つく心配もありません。

フィルムが傷だらけで見にくくなっても、それを剥がして新しいシールにすれば、画面は傷がないきれいな状態へと戻ります。

シール以外にも、液体タイプのコーティング剤などもあるので、自分の好みや機種合わせて使ってみてください。

Amazon:液晶保護フィルム

まとめ

以上がスマホの画面に傷をつけないための防止対策となります。画面を下にして置いたり、鍵などの硬いものと一緒に収納すると自然と傷ついてしまうので、それらはなるべく防ぎましょう。

また、スマホを落とさないようにする対策も重要です。画面をケースやフィルムで保護することも、直接画面が傷つくのを防ぐことができます。

スマホの画面はずっときれいなまま保ちたいという方は、ぜひ以上の対策で傷がつくのを防止してみてください。

なお、以下の記事ではスマホの本体を傷つけないための対策を紹介しています。画面と同様に本体の傷も注意するべきなので、ぜひ合わせて読んでみてください。

大事に扱う!スマホの本体を傷つけないための対策方法6選