大事に扱う!スマホの本体を傷つけないための対策方法6選

大事に扱う!スマホの本体を傷つけないための対策方法6選

今や携帯電話としては当たり前のものとなったスマートフォンですが、できるだけきれいな状態を保ちたいものですよね。

皮脂汚れなどは拭けば問題ないですが、傷に関しては一度付いてしまうと消すことはできないので、できるだけ傷つけないように気を付けたいものです。

そこで、この記事ではスマホの本体を傷つけないための対策方法を紹介します。画面の傷に関して注意する方は多いですが、きれいな状態を保ちたい方は本体の傷にも注意するべきです。それではどうぞ!

スマホの本体を傷つけないための対策方法6選

1.固いストラップはNG

スマホが普及するようになってからストラップをじゃらじゃら付けている人はあまり見なくなりましたが、ストラップをつける際には要注意となります。

柔らかい素材でできたストラップであれば問題ありませんが、プラスチックや金属でできた固いストラップはできるだけつけないようにするべきです。

ストラップが固いとスマホにカチカチ当たるたびに、細かい傷の原因になってしまいます。絶対に傷つけたくないという場合には、ストラップはなしにしたほうがいいでしょう。

2.粗末に扱わない

携帯電話は、新しい端末を購入すると新品のきれいな状態なので、誰もが大事に扱おうと思うはずです。しかし、ある程度扱いに慣れてくると、だんだんと端末を粗末に扱うようになる方が多いでしょう。

例えば、投げるようにして机の上に置いたりする感じです。このように粗末に扱い続けると、確実に本体は傷つきやすくなります。

また、粗末に扱うことは外側だけではなく内側の機会にも影響を与え、故障の原因にもなるので、スマホは大事に扱うようにしてください。

3.ネイルにも要注意

女性であれば長いネイルをしている方は要注意となります。スマホは指で扱うので、ネイルが画面や本体にぶつかりやすくなります。

それによって細かい傷がついてしまいます。なので、ネイルの長い方は、できるだけネイルが本体に接触しないように気を付けるべきです。

また、男性でも爪自体が長いと女性のネイルと同じくスマホを傷つける原因になるので、しっかりと爪の手入れは怠らないようにしてください。

4.固いものと一緒に収納しない

スマホを傷つけないためには収納にも気を使う必要があります。鍵やイヤホンなどと一緒に、カバンやズボンのポケットにスマホを収納していると、簡単に傷まみれになってしまいます。

なので、固いものと一緒に収納しないようにしましょう。スマホを入れるポケットには、他に何も入れないようにするのが一番です。

もしくは、スマホ専用の収納ケースを常備しておくといいでしょう。

5.地面に落とさないように注意

スマホを地面に落とさないようにすることも注意が必要です。スマホはフラットな形状で、最近では大画面のものも普及し始めているので、手から滑り落ちやすいです。

地面に落としてまえば、深い傷はもちろん、端末の故障にもつながりかねます。「スマホを落とすわけない」と誰もが思うでしょうが、ふとした拍子に手から滑り落ちてしまうこともあります。

なので、しっかりと両手で持って操作したり、歩きスマホはやらないようにするといいでしょう。以下の記事でスマホの落下防止対策を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

もう地面に落とさない!スマホの落下防止のための対策方法4選

6.スマホケースを活用する

スマホの本体を傷つけないようにする確実な方法としては、スマホケース活用することです。これはとても基本的で必須の対策ですね。

スマホケースで本体を守ることで、大きな衝撃を与えない限りは傷つくことはありません。細かい傷もしっかり防いでくれます。

スマホケースはそれぞれの端末に合ったものが販売されていますので、以下のリンク先で自分の端末に合うものを探してみるといいでしょう。

Amazon:スマホケース・カバー

まとめ

以上、スマホの本体を傷つけないようにするための対策方法になります。スマホの傷は画面だけに注目しがちですが、本体もしっかりと注意するようにしてください。

固いものとの接触や、地面に落とすことはしっかりと防ぐようにしましょう。そして、粗末に扱うことはNGです。スマホケースなども活用すれば、本体が傷つくことをきちんと防ぐことができますよ。

なお、以下の記事ではスマホの画面の傷を防ぐ対策を紹介しています。似たような対策が多いですが、合わせて読んでみてください。

必見!スマホの液晶画面に傷が付かないようにする防止対策5選