足首をひねった!捻挫をした時に早く回復するための対処法と治し方6選

足首をひねった!捻挫をした時に早く回復するための対処法と治し方6選

スポーツをしている人などは、足首をひねって捻挫をしてしまうことがあるでしょう。足首だけではなく、手首にも起こり得る怪我です。

また、日常生活でも階段でつまずいて足をひねってしまったなんてこともあります。捻挫はかなりしつこく、鈍痛が走って日常生活にも支障をきたします。

何とかして早く回復したいものです。そこで、今回は捻挫をした場合の対処法や治し方について紹介します。捻挫に悩んでいる方は参考にしてください。それではどうぞ!

捻挫をした時に早く回復するための対処法と治し方6選

1.安静にして運動はストップする

まず、運動をしている場合に足首などを捻挫してしまった場合には、すぐに運動をストップするようにしてください。

捻挫の応急処置の基本は「RICE」と呼ばれています。これはそれぞれの応急処置の頭文字をとったものであり、まずは「R(Rest)」の安静にするという処置をとってください。

軽い捻挫だからと言って続ければ、さらにくじいたりして症状が悪化してしまいますし、捻挫癖も付いてしまうでしょう。

そのため、捻挫したのであれば、それ以上の腫れなどの症状を引き起こさないためにも、運動はストップにして安静にしましょう。そして、以下の対処に移るといいでしょう。

2.すぐに患部を氷水などで冷やす

そして、次にRICEの「I(Icing)」である患部を冷やす処置を行います。患部を氷水などで冷やし、アイシングをしましょう。

捻挫をした直後は熱を持っている状態で、放っておけばどんどん腫れなどの症状が悪化してしまいます。

そのため、患部をアイシングすることで血流の流れを抑えることができ、腫れも少なくすることができるでしょう。とにかく冷やすことは必ず行いましょう。

3.包帯などで患部を圧迫する

冷やした後は、RICEの「C(Compression)」である圧迫を行います。患部に包帯などを少しきつく巻いて、圧迫するようにしましょう。

刺激するのは一見良くないように思えますが、圧迫することで血流の流れを抑えることができ、腫れがひどくなるのを防止できるようになります。

まだ熱を持っていたりするようであれば、患部を圧迫しつつアイシングするということが効果的です。

4.患部を高く持ち上げる

RICEの最後は、「E(Elevation)」で、患部を高く持ち上げるようにする対処をします。なるべく、心臓より高く持ち上げることがベストです。

そうすれば、患部に血流が行くのを防ぎ、腫れやうっ血などの症状を抑えることができます。アイシングをして、患部を圧迫するとともに、患部を高く持ち上げるようにしましょう。

足首の捻挫であれば、クッションなどを積み重ねてその上に足を乗せたり、骨折したときのように上から何かで足を吊るすようにするといいでしょう。

5.運動をするときは必ずテーピングやサポーターを使用

しかし、捻挫をしたからといってすぐに運動をやめるわけにはいかないという場合もあるでしょう。特に軽度の場合には運動を続行する場合が多いです。

そのような時は、何も処置をしないまま運動を続ければさらに大きな捻挫を招きかねないので、しっかりとテーピングやサポーターなどで固定して行うようにしましょう。

そして、注意が必要なのは、軽度の捻挫でどうしても運動を続けなければならない時です。重症の場合や、運動をすぐにやめることができる状態であれば、すぐに運動をやめて安静にするようにしましょう。

6.腫れが落ち着いてきた数日後は患部を温める

捻挫には急性期と慢性期という2つの時期があります。急性期は捻挫をした当初の頃で、腫れがひどく熱を持っているときです。

そして、慢性期はある程度、腫れや痛みが治まってきた状態です。急性期は腫れを引かせるために患部を冷やす必要がありますが、慢性期には逆に温めるようにすることが効果的です。

腫れが引いてきたころであれば、温めることで血流の循環が良くなり、患部を良好な状態にすることができ、腫れや痛みが早く落ち着くようになります。

捻挫をしてからある程度日にちが立ち、腫れが落ち着いてきた状態になれば患部を温めるといいでしょう。患部が熱を持っているかどうかが、急性期か慢性期かの見分けるポイントとなるので覚えておくといいでしょう。

まとめ

以上が足首をひねって捻挫をしてしまった場合の対処法です。とにかく、軽度の捻挫でも、応急処置の基本である「RICE」は必ず守るようにしましょう。

安静・冷却・圧迫・拳上の4つの対処をすることで、捻挫が悪化するのを防止でき、早めの回復に効果があります。どうしても運動しなければならないという場合には、テーピングやサポーターを活用しましょう。

そして、ある程度落ち着いてきた慢性期になれば、患部を温めることでさらに回復が早くなります。ぜひ適切な対処をして、捻挫を効果的に完治させるようにしましょう。

なお、以下の記事では突き指の対処法を紹介しています。突き指も指関節の捻挫のようなものなので、同じような応急処置をすることが重要となります。ぜひ読んでみてください。