もう疲れない!マウスやキーボードで手首が痛いのを防ぐ対策方法4選

もう疲れない!マウスやキーボードで手首が痛いのを防ぐ対策方法4選

普段、仕事や家でパソコンを始終触っている人であればわかると思いますが、マウスやキーボードをずっと操作していると手首が痛くなりませんか?

硬い机に手首が当たることによる痛みや、腱鞘炎に近いような痛みを感じてしまいますよね。そんな痛いのは不快ですし、細かい作業だと手元が狂ってしまう原因にもなります。

そこで、この記事ではマウスやキーボードで手首が痛いのを防ぐ対策方法を紹介します。いつも悩んでいる方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

マウスやキーボードで手首が痛いのを防ぐ対策方法4選

1.一番楽な姿勢と位置で操作する

まずはデスクとチェアの高さを調整するようにしてください。高さがうまくあっておらず、疲れやすい姿勢でパソコンを操作していると、手首にも負担がかかってしまいます。

一般的に言われているのは、キーボードに手を置いたときに、肘の角度が90度以上になる椅子の高さが楽な姿勢を維持できます。それに合わせて、画面の高さも調整してみましょう。

あとは微調整で、自分が一番楽な姿勢になれるデスクとチェアの高さを探してみてください。マウス・キーボードの位置も調整しましょう。

こうすることで、体負担をかけることなくパソコンを操作できるので、手首が疲れにくくなります。腰痛や肩こりなど、体全体の疲労や痛みも緩和されるはずです。

2.エルゴノミクスのマウス・キーボードを使う

楽な姿勢でマウスやキーボードを操作するといっても、やはり長時間操作していれば、手首は次第に疲れ、痛みを感じるようになってしまいます。

そこで、できるだけ長時間の使用でも疲れないようにするために、エルゴノミクス形状のマウスやキーボードを使うようにしましょう。

エルゴノミクスとは、人間工学に基づいて設計されたもので、人の手や腕にフィットするように作られたものです。それゆえ、自然な形でマウスやキーボードを操作することができ、疲れにくくなるのです。

エルゴノミクス形状のマウスとキーボードは以下のものがおすすめですので、ぜひ参考にしてみてください。

【マウス】

【キーボード】

3.リストレストを活用する

手首が机に当たり、手首の骨の部分が痛くなるという問題もあります。それを解決するためには、リストレストを活用するといいでしょう。

リストレストは手首の部分に置くクッションのようなもので、柔らかいので手首が痛くなります。また、手首を支えてくれる役割もするので、疲労も減るようになります。

以下のものがおすすめなので参考にしてください。

【マウス】

【キーボード】

4.マウスはアームレストの活用もおすすめ

マウスはアームレスト(ひじ掛け)も活用すると、より楽になります。アームレストはひじ掛けであり、調整できるチェアならば、楽になる高さに調整してください。

もしも、アームレストがない椅子や調整できないものであれば、以下のような机や椅子に装着するアームレストを活用することがおすすめになります。

まとめ

以上、マウスやキーボードの操作で手首が疲れないようにする対策方法になります。まずは、デスクとチェアの高さを調整して楽な姿勢になるようにしましょう。

そして、手首や腕に負担のかかりにくいマウス・キーボードを使ったり、リストレストやアームレストを活用するのがおすすめになります。

腕や手首に負荷がかかったまま操作すると、腱鞘炎や体全体の疲労の原因にもなります。ぜひ、少しでも痛みや疲労を軽減して、快適にパソコンを操作できるようにしてみてくださいね。