走ると気持ち悪くなる!激しい運動後の吐き気や頭痛を防ぐ予防対策6選

長時間走るなどの激しい運動をした後は、めまいや頭痛、吐き気などに襲われることも多いです。それによって気持ち悪くなって嘔吐してしまうなんてこともあります。

運動後の頭痛や吐き気の仕組みや原因は様々で、酸欠や貧血、水分不足や血流の関係による老廃物の蓄積など様々です。しかし、原因は何であれ、そのような吐き気や頭痛はつらいので防ぎたいものです。

そこで、今回は激しい運動後の吐き気や頭痛の予防対策について紹介します。部活などのきつい練習で、よく気持ち悪くなるなんて方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ。

激しい運動後の吐き気や頭痛を防ぐ予防対策6選

1.クールダウンは絶対に行う

運動と言えば、運動前の準備運動であるウォーミングアップが欠かせないものと言われています。そして、これと同じように重要なことが「クールダウン」です。

クールダウンは運動の終わり際に軽くジョギングをするなどして行うものです。この意味や目的をよく知らないという方が多いですが、運動の際にはとても重要なものとなります。

運動中は体の血液が使っている筋肉に集中するようになります。そのため、激しい運動をしている状態から一気に体を動かさなくなると、筋肉に溜まった血液が流れず、脳が一時的に貧血状態になってしまいます。

脳貧血を起こすと、吐き気や頭痛、めまいなどの症状が起きます。そこでクールダウンが欠かせないものとなります。クールダウンを行うことで、運動状態から徐々に休息状態へと体を慣れさせることができ、血流を正常な状態へと戻すことができます。

これによって貧血を防ぐことができ、めまいや頭痛、吐き気などを防止できます。また、筋肉に溜まった疲労物質を流す作用もあるので、筋肉痛の防止にも役立つもので、運動にクールダウンは欠かせないものとなります。

2.水分はこまめに補給する

水分補給も重要となります。運動をする際には水分補給をしっかりするようにと言われるように、水分が不足してしまうと多くの体調不良をもたらします。

水分不足になると血液がドロドロになり、必要な酸素や栄養素が全身に届きにくくなります。結果的にめまいや頭痛、吐き気などを引き起こしてしまいます。

運動中は汗で水分が失われるので、脱水症状になりやすいです。そのため、小まめに水分補給をするようにしましょう。なお、大量に飲みすぎると気持ち悪くなってしまうので、小まめに水分補給するということに注意してください。

3.糖分や塩分の補給も重要

運動時には糖分や塩分も体から少なくなっていくものです。糖分や塩分も水分と同様に体に必要なものであり、それが少なくなると吐き気や頭痛などの体調不良を引き起こしてしまいます。

そのため、運動時には水分だけではなく糖分・塩分の補給もきちんと行うようにしましょう。スポーツドリンクなどは水分・糖分・塩分を同時に補給できるので、最適なものとなります。

4.疲れやストレスが溜まったまま運動しない

疲れている状態やストレスが溜まった状態で運動することもNGです。疲労やストレスが溜まったまま運動すれば、疲れやすくなって体調不良を起こしやすいです。

そのため、運動をする際にはしっかりと十分な睡眠をとり、余計なストレスを溜めないようにしてください。

疲労やストレスが溜まったまま運動しても体に悪いだけですし、効果的な運動もできません。運動をする際には体調を万全にしましょう。

5.胃に食べものが残ったまま運動しない

胃に食べ物が残ったまま運動することは危険です。運動中には筋肉に血液が行くようになり、内臓器官に届く血液は少なくなります。そのため、内臓機能が低下することが吐き気を催しやすくなるのです。

食べ物が胃に残ったままだと、余計に気持ち悪くなって嘔吐してしまうことになります。そのため、胃に食べ物が残ったまま運動しないようにするべきです。

食後すぐの運動は禁物となります。食べた後に運動をしたいのであれば、軽めの食事に抑えておくようにしましょう。

6.炎天下での運動は厳禁

激しい運動による吐き気や頭痛は外的な要因でも起きるものです。その代表的な要因と言えば、「暑さ」となります。

暑いことで熱中症にかかる可能性が高くなり、それで吐き気や頭痛を引き起こすことになります。そのため、炎天下での長時間の激しい運動は厳禁です。

水分補給などで万全に対策をしても、炎天下での過酷な状況の中での運動は誰でも熱中症にかかってしまいます。熱中症は最悪の場合には死亡するリスクもあるので、夏場などは特に注意をしてください。

まとめ

以上が運動による吐き気やめまい、頭痛を予防するための対策方法となります。どれも運動をする際の基本的な注意事項となります。

クールダウンや水分補給、万全な体調など運動をする際には気を付けることはいろいろあります。そのどれかがかけていては、頭痛や吐き気などの症状を引き起こしやすくなります。

そのため、しっかりと以上のことに気を付けて、万全のコンディションで運動に臨むようにしましょう。もし、頭痛や吐き気がした場合には運動をストップして、症状が治まるまで安静にするようにしてください。