出血して痛い!唇の皮がむけて切れたときの対処法や応急処置4選

乾燥してくる季節になると、唇がカサカサになって皮がむけやすくなりますよね。体質によっては、年中唇の乾燥に悩んでいるという方もいると思います。

唇の皮がむけて切れると、痛いですし、出血してしまうこともありますよね。もし、そうなった場合には、どのように対処すればいいのでしょうか。

そこで、この記事では唇の皮がむけて切れたときの対処法や応急処置を紹介します。唇の皮がむけやすいという方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

唇の皮がむけて切れたときの対処法や応急処置4選

1.まずは絶対にいじらないようにする

まず最初に守ってほしいことは、それ以上は絶対にいじらないようにするということです。これは、どんな怪我や炎症でも同じことが言えます。

ひどく荒れているところをいじってしまえば、さらに悪化することは確実です。唇の皮がむけてるとガサガサして気になりがちですが、絶対に触らないようにしてください。

それ以上むいてしまうと、傷がより深くなって痛みが増して治りにくくなりますし、感染症の心配も出てきます。安静にしておくということをまずは心がけておきましょう。

2.薬を塗る

そして、唇の皮がむけたということは、皮膚が傷ついた状態になっているので、基本的には自然治癒を待つしかありません。

その場合にできるだけ早く治したいという場合には、治療薬を塗布するといいでしょう。リップやワセリンも有効ですが、それらは保湿による乾燥対策のものなので、実際に乾燥して唇が切れた場合には専用の治療薬がおすすめになります。

唇の皮向けの塗り薬は以下のものがおすすめとなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

【第3類医薬品】モアリップN 8g

3.生活習慣や食生活を見直す

唇の皮がむけてしまう主な原因は乾燥になりますが、それと同様にストレスや生活習慣、そして食生活なども原因になります。

  • 寝不足
  • 疲労
  • ストレス
  • 偏った食生活

これらが原因で唇が荒れてしまうことがあります。なので、しっかりと規則正しい生活習慣を送り、バランスの良い食生活をするようにしてください。特に、ビタミン類などの栄養の補給が重要ですよ。生活習慣の乱れは万病の元になりますので、注意しましょう。

以下の記事ではストレスのおすすめ解消法を紹介していますので、ストレスが溜まっている方はぜひ参考にしてください。

4.ひどい場合には病院へ

さて、唇の皮むけのほとんどは軽傷で治まることが多いです。しかし、中にはひどくぱっくり割れてしまったり、化膿してグジュグジュに腫れ上がるなんて場合もあります。

その際には、自力で治療するのは困難であり、放っておくとどんどん悪化していく一方なので、病院に行ってしっかりと診てもらうようにしてください。

また、唇の皮むけや切れを頻繁に繰り返すという場合にも、一度病院へ行って診てもらうようにすることをおすすめします。

まとめ

以上、唇の皮がむけて切れてしまった場合の対処法になります。まず絶対に守ってほしいことは、どんな怪我や炎症にも共通するそれ以上いじらないということです。

そして、治療薬を塗布し、唇の皮むけの原因となっている生活習慣の乱れがあれば、それを解決するようにしてください。

もしも、皮むけがひどい場合や頻繁に繰り返す場合には、病院に行って効き目の高い薬を処方してもらうようにしましょう。

なお、以下の記事では唇の乾燥対策や、口の端が切れてしまう口角炎の対策を紹介していますので、悩んでいる方はぜひ合わせて読んでみてください。