抑える!運動後やお風呂上がりに汗が止まらないときの対策方法3選

運動をする際には体を動かすので、当然汗が出ますよね。運動をして汗を流すことは気持ちのいいものですが、問題はその後になります。

運動が終わった後も、汗がまるで滝のように出続けて止まらないなんてことがあるでしょう。とくに、激しい運動の後や、夏の暑い日の運動だと、汗が止まらなくなります。また、お風呂上がりの際にも、汗が止まらないなんてことがあります。

汗が止まらないと着替えられないし、無理やり着替えても服がべたべたになってしまいます。できるだけ、汗が止まらないのは防ぎたいものですよね。

そこで、この記事では、運動後やお風呂上がりに汗が止まらないときの対策方法について紹介します。ぜひ対策をして、ばっちり汗を抑えるようにしましょう。それではどうぞ!

運動後やお風呂上がりに汗が止まらないときの対策方法3選

1.シャワーでぬるま湯を浴びる

運動をした後は、汗を流すためにシャワーを浴びると思いますが、そのシャワーを温度が低めのぬるま湯にすることがおすすめです。お風呂の場合には、出る際に浴びるといいでしょう。

汗は体温調整のためにかくもので、運動や入浴で火照った体温が戻らない限り、出続けてしまいます。そこで、温度が低めのシャワーを浴びることで、体をクールダウンすることができ、汗を抑えることができるのです。

ただ注意点として、冷たすぎるシャワーはNGです。冷たすぎるシャワーを浴びれば、血管や心臓に大きな負荷を与えてしまい、体に悪いです。それに、冷えすぎる心配もあります。

まずはぬるま湯程度でシャワーを浴び、それでまだ体が熱いと感じるのであれば、徐々に温度を下げるようにして、体を冷やしていくといいでしょう。

2.脱衣所では扇風機を回す

シャワーを浴びた後は脱衣所で着替えると思いますが、そこでは扇風機を回しておくようにすることがおすすめとなります。

シャワーを浴びたら一時的に汗が収まったものの、しばらくするとまた出てくるという場合もあります。そうならないためにも、脱衣所でも火照った体をもとの体温に戻す対策として、扇風機がおすすめです。

なお、これも風に当たりすぎはよくありません。体が急に冷えすぎて、風邪や体調不良などの原因になってしまいます。シャワーの水温と同様に、適度な風の強さにしましょう。

3.首や脇を冷やす

以上の方法でも汗が出続けて止まらないという場合には、体を直接冷やして体温を下げるという方法がおすすめになります。

タオルで包んだ保冷剤などで、首の後ろや脇、そして太ももの裏など、体を冷やすのに効果的な場所を冷やすようにしましょう。

まあ、熱中症対策としてよくやるような対策ですね。こうすることで、次第に体は冷めていき、汗も収まるようになるはずです。

まとめ

以上、運動後やお風呂上がりに汗が止まらないときの対策になります。汗を抑えるには、火照った体をクールダウンさせるということが必要です。

ぬるま湯のシャワーを浴びたり、脱衣所で扇風機を回すなどして、体温を下げる工夫をすることで、運動後の汗を抑えることができます。

それでも止まらない場合には、首や脇などを冷やすようにするといいでしょう。運動後やお風呂上がりにはさっぱりとしたいものなので、困っている方はぜひ対策してみてください。