変色を防止!コーヒーで歯が黄色に着色するのを防ぐ予防対策3選

大人になるとコーヒーが好きになる方は多いでしょう。子どもの時にはわからなかった苦みや酸味のうまさを感じられるようになり、毎日頻繁に飲むなんて方も多いと思います。

そんなコーヒーは眠気覚ましにも使えますし、健康にもいいなんて言われていますが、やはりデメリットもあるものです。

そのうちの1つが、歯の着色です。コーヒーの成分によって葉が黄色く変色しやすくなります。このような歯の変色はなるべく防ぎたいものですよね。

そこで、この記事ではコーヒーで葉が黄色く着色するのを防ぐ対策方法を紹介します。コーヒーが好きだけど、歯の着色が心配という方は、以下の方法で予防してみてください。それではどうぞ!

コーヒーで歯が黄色に着色するのを防止する予防対策3選

1.コーヒーを飲んだ後は、水を飲むかうがいをする

コーヒーを飲むことによる歯の変色・着色は、コーヒーの色素が歯にこびりつくことによっておきます。タバコのヤニと同じような現象です。

こびりついた色素は、時間がたつほど乾燥してはがれなくなり、結果的に着色が起きるという仕組みです。なので、予防対策として、色素が落ちなくなる前に落とすという方法が有効になります。

そこで、コーヒーを飲んだ後は、水を飲むかうがいをしましょう。そうすることで、歯にまだ完全に付着していない色素を落とすことができ、着色を防ぐことができます。

2.時間がある場合には歯磨きをする

さらに効果的な対策は歯磨きをすることです。うがいや水を飲むだけでは、完全には色素を落としきれません。しかし、歯磨きであれば物理的にこするので、より落ちやすくなるのは明白です。

歯の表面はもちろん、歯列による細かい凹凸や、歯と歯の隙間、そして歯と歯茎の隙間など、隅々までしっかりと歯ブラシで磨くようにしてください。

コーヒーの色素は細かい隙間に溜まりやすいので、その部分をしっかりと歯磨きすることで、最大限の予防対策になるはずです。

3.ガムを噛むこともおすすめ

コーヒーを飲んだ後に歯磨きをしている時間がないという方は、ガムを噛むことをおすすめします。砂糖入りのものだと歯や健康に悪いので、無糖やキシリトール配合のものがおすすめです。

着色はコーヒーの脱水作用による唾液の減少も原因です。そこで、ガムを噛むことにより、唾液の分泌が増やすようにします。そうすることで、コーヒーの色素が乾燥しにくくなり、さらに唾液によって流れ落ちやすくなります。

結果、着色を抑えることにつながります。そして、歯磨きができる方も、その後にガムを噛めば、より効果的な予防対策ができるでしょう。

まとめ

以上、コーヒーによる歯の着色を防ぐ対策方法になります。基本的には、飲んだ後になるべく早いケアが欠かせません。

うがいや水を飲むことが手っ取り早くておすすめです。時間がある方は歯磨きをすることで、さらに着色を防ぐことができます。

そして、ガムを噛むことも着色予防に効果的になります。ぜひこれらの対策を心がけて、歯の着色・変色を防いでみてください。