舌苔を除去する!舌が白いのを改善して取る方法や予防対策5選

あなたの舌は白くないですか?舌というものは本来は赤やピンクっぽい色ですが、細菌や汚れが付着して溜まってしまうと、白っぽくなってしまいます。

通称、「舌苔」というものですが、細菌や汚れの固まりなので、クサい口臭の原因になってしまいます。見た目的にもなんだか良いものではないので、すっきり除去したいですよね。

そこで、この記事では舌が白いのを改善する方法や、その対策方法を紹介します。舌が白いのをすっきり取って、きれいなピンク色を取り戻しましょう。それではどうぞ!

舌が白いのを改善して取る方法や予防対策5選

1.口呼吸をやめる

舌苔によって舌が白くなってしまう原因はいろいろとありますが、主なものとしては口呼吸が代表的になります。

口呼吸をすると、口の中が乾燥しやすくなり、細菌が繁殖しやすくなります。それによって、舌に白い汚れが溜まってしまうようになるのです。

なので、口呼吸の癖がある方は治すようにしましょう。口を閉じることを意識し、マスクを着用するなど、鼻呼吸になれるようにしてください。以下の記事で克服方法を紹介していますので、当てはまる方は参考にしてください。

鼻呼吸への改善対策!口呼吸を克服して治すための方法・コツ3選

2.口の中が乾かないようにする

口の中が乾燥するドライマウスも舌苔の原因になります。上述したような口呼吸も原因になりますが、唾液の量が少ないということもドライマウスの原因になります。

なので、

  • 食事の際にはよく噛んで食べる
  • 口の中が乾いたら水分を補給する
  • ガムを噛む
  • 保湿ジェルを塗る

など、口の中が乾かないように対策をすることがおすすめです。以下の記事でドライマウスの対策方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

口の中が乾燥する!ドライマウスを解消する対処法や対策方法5選

3.規則正しい生活や食事を心がける

体の不調によって舌が白くなってしまうこともあります。特に、睡眠不足による免疫力の低下や、暴飲暴食による消化器系の不調などが原因になりやすいです。

なので、規則正しい生活や食事を心がけるようにしてください。規則正しい生活は、どんな病気や症状にも有効なものです。

舌苔の改善や予防だけではなく、健康全てにおいて必要なことなので、しっかりと心がけるようにしましょう。

4.食事の後はできるだけ歯磨きやうがいをする

冒頭でも紹介したように、食べかすなどが舌に付着することで舌が白くなってしまいます。なので、できるだけ食べかすを残さないようにすることが効果的です。

食事の後は、できるだけ歯磨きをすることが効果的となります。時間のない方も、最低限は口をゆすいでうがいをすることがおすすめです。

そうすれば、何もしないよりかは舌苔が溜まるのを防ぐことが可能です。食べかすをしっかりと取り除くように心がけましょう。

5.舌磨きが一番効果的な対処・対策

真っ白に付着した舌苔をすっきりと取るためには、舌磨きが一番効果的となります。舌磨き専用のブラシで磨くことで、舌苔を落とすことができるでしょう。

そして、舌苔が溜まりやすいという方は、毎日や数日おきに定期的に舌磨きをすることで、舌が白くなるのを防ぐことができます。

以下のような舌磨きのブラシがおすすめとなりますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

以上、舌が白いのを取る方法や予防対策になります。舌苔は細菌や食べかすが溜まることで発生するので、まずはそれらを防ぐことから始めましょう。

口呼吸やドライマウスを改善したり、規則正しい生活を心がけることがおすすめです。そして、食事の後の歯磨きやうがいも重要になります。

舌に付着してしまった舌苔を取るためには舌磨きをするようにし、定期的に行って舌が白くなるのを予防するようにしてください。きちんと対策すれば、舌が白くなることはありませんよ。