くさいのを防ぐ!コーヒーを飲んだ後の口臭をすっきり消す対策方法5選

コーヒーって、子どもの頃は苦くてまずいとしか思えなかったのに、大人になるととても美味しいと感じるようになり、頻繁に飲んでしまいますよね。

眠気覚ましにも使えるもので、大好きだという方も多いと思いますが、コーヒーを飲んだ後の口臭には悩まされますよね。なんだかとてもクサくなってしまいます。

そこで、この記事ではコーヒーを飲んだ後の口臭を消す方法を紹介します。コーヒーの口臭が気になるという方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

コーヒーを飲んだ後の口臭をすっきり消す対策方法5選

1.水を飲む

コーヒーを飲んだ後に口臭がくさくなるのは、コーヒー豆の微粒子が舌や歯に付着してしまうからです。その微粒子が口臭の原因になります。

そこで、その微粒子を流せばいいので、手っ取り早い対策方法としては、水を飲むことがおすすめです。

水を飲めば、舌や歯に付着している微粒子を一緒に流すことができるので、口臭を消すことができます。コーヒーの後味が嫌いという方にもおすすめです。

2.口をすすいだり、歯磨きをする

しかし、水を飲んだだけでは、すべての微粒子を落とすことはできません。もっと効果的な対策をしたいという方は、口をすすいだり歯磨きをしたりするといいでしょう。

そうすれば、より確実に口臭を消すことができます。マウスウォッシュや歯磨きを使えば、その消臭効果も期待できますね。

しかし、コーヒーを頻繁に飲む人にとって、いちいち歯磨きをするのは面倒なため、朝の1杯しか飲まないという方などにおすすめです。

3.舌磨きもおすすめ

さらに確実にコーヒーの口臭を防ぐには、舌磨きがおすすめです。コーヒー豆の微粒子は舌の凹凸部分にたまりやすく、歯磨きをしただけでは落としきれません。

そこで、舌磨きをすることで、口臭の原因となるコーヒー豆の微粒子を落とすことができます。これも、頻繁に行うのは面倒なので、コーヒーをもう飲まないときや、1日の終わりに行うようにするといいでしょう。

舌磨き用のブラシは以下のものがおすすめなので、やってみようと思っている方はぜひ参考にしてください。

4.ガムを噛む

また、コーヒーには利尿作用もあり、それによって唾液の分泌量が減ることで、細菌が繁殖しやすくなることも口臭の原因になります。

そのため、唾液の分泌を促すことで、さらに口臭を解消することが可能です。そこで、おすすめなのがガムを噛むことです。

ガムを噛めば唾液が分泌されますし、キシリトール配合であれば、ガム自体の消臭・殺菌効果によっても口臭解消が期待できます。

5.ブレスケア用品も効果あり

今すぐこの瞬間にコーヒーによる口臭を消したいと急いでいる場合には、ブレスケア用品を使うようにするといいでしょう。

フリスクなどのタブレット型や、スプレータイプなどいろいろとありますので、コンビニやドラッグストアで探してみてください。

一時的な対策となりますが、急に人と会うことになり口臭を消さなければならないとか、コーヒーの口臭対策を忘れていたなんて場合には、ブレスケア用品で対処するといいでしょう。

まとめ

以上、コーヒーを飲んだ後の口臭を消す対策方法になります。コーヒー豆の微粒子、そして利尿作用による唾液の減少によって、口臭がきつくなります。

なので、水を飲んだり歯磨き・舌磨きをすることが最初の対策になります。そして、ガムを噛んで唾液を増やせば、さらに口臭を解消できるはずです。

どうしてもこれらの対処ができないという場合で急いでいるときは、ブレスケア用品で一時的にしのぐようにしましょう。ぜひ、自分に合った対処・対策をしてみてください。