超危険!スマホアプリをアップデートしないことによるデメリット3選

スマホアプリは機能の追加や更新などによってアップデートをすることがあります。アップデートをして最新バージョンにすることで、いろんなメリットがあります。

ですが、中にはアップデートに気づかない方や、面倒くさいからいいやとアップデートをしない方もいるでしょう。

しかし、それはとても危険なことなのです。スマホアプリは常に最新の状態に保っておくべきで、アップデートは必ずやっておくべきことなのです。

そこで、今回はスマホアプリを最新バージョンにアップデートしないことによるデメリットについて紹介します。それではどうぞ。

スマホアプリをアップデートしないことによるデメリット3選

1.新機能が使えない

まずは新機能が使えないというデメリットが挙げられます。アプリのバージョンアップは新機能の追加なども多く、アップデートすることでその機能が使えるようになります。

また、不具合やバグの修正もあり、アップデートすれば快適に使いやすくなるということもあります。しかし、アップデートしなければその恩恵を受けることはできません。

新機能のお知らせがあるけど使えないなんて場合には、アップデートしていないのが原因です。ゲームなどにおいては友だちとの協力バトルの機能が加わったのに、アップデートしていないからできないなんてこともあります。

2.正常に動作しないことも

また、アップデートしないことで正常に動作しないということも考えられます。ほとんどのアプリは古いバージョンでも動作するようになっているでしょうが、大型アップデートとなるとうまく動作しない可能性もあるのです。

特に新機能などは最新バージョンで使うことを前提に考えられているので、古いバージョンで動作させると思わぬ誤作動を引き起こす可能性があります。

アップデート後に不具合などが発生することもありますが、その後のアップデートで改善されていくので、常に最新バージョンにすることが無難であると言えます。

3.セキュリティの面でとても危険

そして、一番のデメリットとしてはセキュリティの面でとても危険だということです。アプリのアップデートの目的にはセキュリティの脆弱性の修正もあります。

アップデートすることで、今まで危険だったセキュリティ面が改善されていきます。しかし、アップデートしなければ危険な脆弱性は危険なままなのです。その古いバージョンの脆弱性を狙われてウイルスやハッキングなどの被害に遭う可能性があります。

アプリによっては、今まで発見されなかったかなり危険な脆弱性が判明し、開発側が急いで修正アップデートを行うこともあります。

スマホアプリは脆弱性やバグが見つかるたびに修正アップデートを繰り返すというものなので、セキュリティのためにもアプリは最新の状態を保つようにしておくべきです。

まとめ

以上がスマホをアップデートしないことによるデメリットとなります。アップデートは何かしらの改善が目的で行われるものです。

最新バージョンが改悪だと酷評されたり予期せぬ不具合を起こすこともありますが、古いバージョンでバグや脆弱性がそのままの方が確実に危険でよくないです。

警視庁などでも、アプリによるサイバー犯罪を防ぐために、常に最新の状態に保つように注意しています。なので、機能や動作、セキュリティの面による不具合の危険を避けるためにも、ぜひ最新バージョンへアップデートするようにしましょう。