ポケットWiFiはどっちを選べばいい?WiMAXとワイモバイルの違いを徹底比較!

ポケットWiFiはどっちを選べばいい?WiMAXとワイモバイルの違いを徹底比較!

最近インターネット通信で普及しているのがポケットWiFiです。持ち歩くことができる無線ルーターで、電波が入るところであればどこにいてもPCやスマホでインターネットができます。

そんなポケットWiFiの回線には、WiMAXとワイモバイルの2つがあります。パソコンの光回線で言うと、フレッツ光かauひかりかなんて感じです。

ポケットWiFiを選ぶ際にはWiMAXとワイモバイルのどちらにしようか悩むなんて方が多いでしょう。「そもそも、違いは何のかがわからない!」という方もいると思います。

それぞれメリットやデメリットがあり、今回はWiMAXとワイモバイルの違いについて比較していきたいと思います。どちらにしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

WiMAXとワイモバイルの違いを徹底比較!

1.概要・プラン

まずは、それぞれの概要について説明していきます。WiMAXとワイモバイルは明確に何が違うと問われれば、提供している通信回線が違います。以下のような概要となります。

WiMAX

WiMAXは「UQ WiMAX」という会社が提供している通信回線です。ポケットWiFiで主に使用される無線通信で、UQ WiMAXが独自でポケットWiFiを提供しているほか、So-netやBIGLOBEなどの大手通信業者もプロバイダーとしてポケットWiFiを販売しています。

WiMAXおいては、「ノーマルのWiMAX」「高速通信が可能なWiMAX2+」「au 4G LTE」の3つの通信モードでインターネットを利用することができます。

WiMAX通信モード
通信モード概要最高速度
ノーリミットモード
WiMAX
速度は他の通信モードよりかは遅いですが、月間の通信制限がないモードです。(3日間3GB使うと一時的な制限あり)40Mbps
ハイスピードモード
WiMAX2+
高速通信が可能なモードです。通常プランでは月の使用量7GBで月末までの通信制限があります。220Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
au 4G LTE
auの4G LTE回線を使用する通信モードです。上記の2つの電波が入らない時に使えて便利ですが、オプション加入料として、月に1,005円プラスされます。75Mbps

WiMAXのプランは以下のようになっています。(プロバイダーによってプラン名・金額が異なることがあります。1つのプランしか提供していないプロバイダーもあります。以下のものはUQ WiMAXのWiMAx2+のプランです。)

WiMAXのプラン一覧
プラン概要月額料金
(2年間)
月額料金
(3年以降)
通常プランWiMAX2+の通信で月の使用量7GBの制限があります。ノーリミットモードには制限がありません。3,696円4,196円
ギガ放題プラン通常プランの料金よりは月額料金が高くなっていますが、WiMAX2+を月間の通信制限なしに利用可能な使い放題のプランです。4,380円4,880円

ワイモバイル

ワイモバイルはヤフーがイーモバイルを買収して誕生した会社で、ポケットWiFiにおいてはスマホでもおなじみのLTE回線を提供しています。ワイモバイル独自のポケットWiFiもあれば、ヤフーや楽天がプロバイダーをして販売しているものもあります。

ワイモバイルにおいては「ワイモバイル LTE」「ソフトバンク 4G」「ソフトバンク 4G LTE」の3つの通信ネットワークを組み合わせて通信を行います。その場の状況に応じて、適した通信をするので安定しています。

ワイモバイルのプランは以下のようになっています。(プロバイダーによってプラン名・金額が異なることがあります。1つのプランしか提供していないプロバイダーもあります。以下のものはワイモバイル独自のプランです。)

ワイモバイルのプラン一覧
プラン概要・速度月額料金
(2年間)
月額料金
(3年以降)
Pocket WiFiプラン+最高速度165Mbpsの高速通信が可能なプランとなっています。3,696円4,196円
Pocket WiFiプラン最高速度110Mbpsの高速通信が可能なプランとなっています。3,696円3,696円
Pocket WiFiプランS4G回線を使用するプランで、上記の2つのプランと違って3年間割引が適用されます。最高速度は112.5Mbpsです。3,696円
(3年間)
4,196円
(4年目から)

2.通信速度

それでは、以上の概要を踏まえてWiMAXとワイモバイルの速度について比較していきます。通信モードやプランによって速度は違ってきますが、最高速度はWiMAXの方が速いです。

それぞれの最高速度は以下のようになっています。

通信速度比較
1位ハイスピードモード
WiMAX2+
220Mbps
2位ワイモバイル
Pocket WiFiプラン+
165Mbps
3位ワイモバイル
Pocket WiFiプランS
112.5Mbps
4位ワイモバイル
Pocket WiFiプラン
110Mbps
5位ハイスピードプラスエリアモード
au 4G LTE
75Mbps
6位ノーリミットモード
WiMAX
40Mbps

このように、WiMAX2+が220Mbpsと最高速を誇っています。ワイモバイルよりWiMAXの方が高速な通信をすることが可能です。

3.通信制限

ポケットWiFiで問題となるのが、通信制限です。一定の通信量を超えると制限がかかって、ほぼ利用が困難になるくらい速度が低下しています。そして、通信制限に関しては結論から言うと、月間通信制限のないWiMAXの方に軍配が上がるということになります。

それぞれの通信制限に関しては以下の通りとなります。

通信制限比較
WiMAX通常プラン
ノーリミットモード(WiMAX)
月間の通信制限なし
(3日間3GB使うと一時的な制限あり)
WiMAX通常プラン
ハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード(au 4g LTE)
月の通信量の合計が7GBを超えた場合、月末まで通信制限あり
WiMAXギガ放題プラン
ハイスピードモード(WiMAX2+)
月間の通信制限なし
(3日間3GB使うと一時的な制限あり)
WiMAXギガ放題プラン
ハイスピードプラスエリアモード(au 4g LTE)
月間7GBを超えた場合には制限ありで、ハイスピードモード(WiMAX2+)も同時に制限される
ワイモバイル
全プラン
月の通信量の合計が7GBを超えた場合、月末まで通信制限あり

以上のように、ワイモバイルには通信制限がありますが、WiMAXにおいては通信モードやプランによっては月間の通信制限がないという仕様になっています。

4.月額料金

月額料金に関しては、それほど差はない結果となっています。それぞれの料金はプランによって使用年数ごとに異なりますが、以下のようになっています。

月額料金比較
プラン月額料金
(2年間)
月額料金
(3年以降)
WiMAX
通常プラン
3,696円4,196円
WiMAX
ギガ放題プラン
4,380円4,880円
ワイモバイル
Pocket WiFiプラン+
3,696円4,196円
ワイモバイル
Pocket WiFiプラン
3,696円3,696円
ワイモバイル
Pocket WiFiプランS
3,696円
(3年間)
4,196円
(4年目から)

これを見ると、月間通信制限のあるWiMAX通常プランとワイモバイルの料金は同じ金額になっています。月間通信制限のないWiMAXギガ放題プランに関しては少し高めという設定です。

しかし、WiMAX通常プランにおいては、月間通信制限なしのノーリミットモードで通信できる機種もあります。ノーリミットモード(通常のWiMAX)における通信はワイモバイルより速度は劣りますが、制限がないのでお得と言えるでしょう。(3日間3GB使うと一時的な制限あり)

5.対応エリア

対応エリアに関してはどちらもそんなに変わらないと言えます。つい最近まではWiMAXやLTE回線は普及したばかりなので都市部でしか使えませんでしたが、今ではどちらも人口カバー率99%を達成しています。

強いて言うのであれば、ワイモバイルはソフトバンクの回線も使っているので、多少WiMAXよりかはワイドなエリアに対応していると言えるでしょう。

WiMAXにおいてもオプション料金を払いますが、auのLTEを使うこともできます。都市部ならばどちらも問題なく使うことができ、地方でもかなり山奥の辺境地でない限り大丈夫だと考えられます。

もし、対応していないエリアがあっても、今後の普及でカバーされるようになるでしょう。

6.電波の安定性

電波の安定性に関しては、ワイモバイルの方が安定しているでしょう。これには、周波数が関係しています。

高周波ほど速度は速いですが屋内には届きにくいです。WiMAXは高周波であり、ワイモバイルのLTEは携帯電話でも使える低周波となっています。

そのため、WiMAXは少しでも障害物があると電波が途絶えて不安定になる可能性が高いです。逆にワイモバイルは屋内でもうまく電波が入ってくるので安定しやすいでしょう。

さらに、ワイモバイルとソフトバンクの両方の回線を使って状況に応じた最適な通信をするので、より安定しやすいと考えられます。

7.自分の使い方に適したものを選ぶとベスト!

以上の比較結果をまとめたものを総括してみます。

WiMAXとワイモバイルの比較総括
 WiMAXワイモバイル
最高速度220Mbps165Mbps
通信制限なしあり
料金ほぼ同じほぼ同じ
エリア広範囲広範囲
安定性障害物に弱い安定している

そして、これらを踏まえた上で、WiMAXとワイモバイルのメリット・デメリット、選び方は以下のようになります。

WiMAX

【メリット】

  • 通信速度が速い
  • 月間の通信制限がなくて使い放題(3日間3GB使うと一時的な制限あり)

【デメリット】

障害物があると電波が不安定になりやすい

【こんな人におすすめ!】

WiMAXの魅力と言えば、何といっても高速で月間の通信制限がないことです。そのため、以下のような人におすすめとなります。

  • 速度を求める人
  • 頻繁に使用する人
  • 固定回線の代わりに使う人

月間の通信制限がないので頻繁に使う方にはおすすめのポケットWiFiとなります。3日間で3GB使うと一時的な制限がありますが、それでもワイモバイルよりかは十分に活用できます。比べてみたけど迷うなんて方は、無難に高速で月間の通信制限のないWiMAXがおすすめです。なお、WiMAXの中では「GMOとくとくBB」がプロバイダーとして販売しているものが一番安いのでおすすめです。

ポケットWiFiは通信制限なしのWiMAXで!GMOとくとくBBが激安でおすすめ

ワイモバイル

【メリット】

低周波なので、障害物があっても電波が安定しており、屋内でも問題ない

【デメリット】

  • 通信制限がある
  • 速度はWiMAXよりも劣る

【こんな人におすすめ!】

ワイモバイルは通信制限があって頻繁に使用する方には色々と使いにくいと思いますが、以下のような方はワイモバイルを選ぶといいでしょう。

  • たまにしか使わない方
  • 通信の安定性を求める方

電波が安定していることが取り柄なので、WiMAXが不安定で困っているという方や、屋内でも問題なく使いたいという方にはおすすめです。

なお、ワイモバイルの中にはWiMAXに比べてかなり激安なものもあります。Yahoo!Wi-Fiが2,743円とポケットWiFiの中では一番安いので、ワイモバイルならばYahoo!Wi-Fiがおすすめです。

業界最安値!ワイモバイルのポケットWiFiは超安いYahoo!Wi-Fiがおすすめ

まとめ

以上がポケットWiFiにおけるWiMAXとワイモバイルの比較でした。どちらもそれぞれ、メリット・デメリットがあるので、両者の特徴をしっかりと把握した上で、自分に合っているのはどちらか検討して選んでみるといいでしょう。

なお、以下の記事ではポケットWiFiのメリット・デメリットについて紹介していますので、興味があれば合わせて読んでみてください。

小型で持ち歩けて便利!ポケットWi-Fiのメリット・デメリットまとめ