誰もがうざい・嫌いと感じる!自画自賛する人にあるあるな特徴・行動34選

自画自賛とは、自分で自分のことを褒めること。あなたはそんな人のことをどう思うでしょうか?

こう聞かれれば、「そういう人好き!」と答える方は少ないと思います。自画自賛ばかりしかしない人のことは、誰もが「うざい!」「嫌い!」なんて厄介な存在として感じるはずです。

この記事では、そんな自画自賛ばかりする人にあるあるな特徴・行動について紹介してみます。自分の周りに自画自賛ばかりする人がいる方は、ぜひ共感できるはずです。それではどうぞ!

自画自賛する人にあるあるな特徴・行動34選

1.自分をとにかく褒める

自画自賛という言葉通り、とにかく自分を褒めまくります。

褒めてくれる人がいないため、自分で満足するために自画自賛する人もいます。 「私は私」という軸をもっていて、他人にどう思われようと気にしません。

「自分はすごい!」と本当に思い込んでいるので、批判されても大丈夫。「他の人にはこの良さがわからないのね」とポジティブに受け止めます。

このタイプはあまり他人に迷惑はかけません。自己満足してハイ終わりですので、もし自画自賛をしてきたら「へーすごいね」の一言で十分です。

2.自分が好きでたまらない

自画自賛する人の特徴としてすぐにわかるのは、自分が好きでたまらない人です。

たとえば、何かを成し遂げた時、それが大したことがなくても、自分はすごいと言い張る人がいます。自分なりに工夫したことをとにかく自画自賛して満足感に浸っています。

こういうタイプは他人と比較すること、他人から評価されることには興味がなく、自分の才能だけを自分でほめることができる人です。

自分を常に肯定的に評価して、自分のことは自分が一番良く知っていると思い込んでいる人です。他人より自分のことが好きなので他人からどう思われようが気にしないタイプの人です。

自分を好きになれる人は意外に少ないので、自画自賛する人に会えばすぐに見わけることができます。

3.実はやっていることは地味

自分のことをやたら褒め上げる人に関して共通している要素の一つに、「実はやっていることがすごく地味」というものがあります。

ある20代女性が「あたしってば、料理の天才…!」と言っているのを聞いて覗き込むと、作ったものはただのパスタ(市販ソース和え)だったので、吹き出したいのを我慢したことがありました。

何かを成し遂げた際に、それを高く自己評価することは誰でも自然にしていることです。こういったポジティブな自己肯定を積み重ねていくことで人間は成長しますから、これ自体には問題はありません。

心の中で言うだけにとどめれば何の問題もないのですが、口に出してしまうから周囲には引かれたり、軽蔑されるきっかけになってしまうのです。

自画自賛が多い人は、「口に出す」ということに非常に不用意な人とも言えるでしょう。

4.被害妄想がひどい

「私はこんなに頑張ってるのに…!」「私が頑張ったってみんなは見てくれない!」

自画自賛が多い人は、こういったことを言いがちです。

自分が頑張っていると思いこんでいる人は、相対的に「周りは自分より頑張っていない」と思い込んでいます。

大したことないことでも「みてみて!私こんなに頑張ったんだよ!」とアピールし、「すごいですね」と言ってほしい感じをガンガン出してきます。

それが分かったとして、「すごいですね」を言わないでいると、「私なんか頑張ったって誰も評価してくれない…」と悲劇のヒロインを気取るようになります。

かといって「すごいですね」と言ってしまったら、自画自賛アピールがエスカレートするという、要は八方塞がりです。適度な相槌で、なんとなくやり過ごすのが吉でしょう。

5.やたらと人と自分を比べたがる

自画自賛する人は、自分が他人よりも優位に立っていることに対してのこだわりが強い性格です。自分のことをすごいと思うからこそ、自分で自分を褒め称えるようになります。

つまり、「他人よりも自分のほうが格上である」と思い込んでおり、やたら他人と自分を比べたがり、自分が優位であることを確認し、優越感に浸ろうとする方も多いものです。

逆に、他の人が自分よりも少しでも褒められると、非常に嫌がります。常に人からの賞賛を一身に多く集め、自分が優位に立ちたいと思っているのです。

しかしこれは実のところ、自分で自分に自信が持てないので、他人からの評価に頼るしか無いともいえますね。実にかわいそうです。

6.人を見下す・悪口を言う

そして人と自分を比べた後は、劣っている部分があれば、他人を見下し、悪口を言う人もいます。

周りの人間で、自分より能力が低い人間のことを悪く言うことによって、相対的に自分の評価を上げようとする傾向があります。

人のミスなどに過剰なまでの反応して相手を追及し、ここぞとばかりに他者を貶めようとします。

他者はあくまで自分よりも格下でなければ、自分の立ち位置を確保できないからです。また、他の人を褒めようとすることも極力さける傾向があります。

自画自賛も適度ならば許容できますが、あまりにも度が過ぎる場合はなるべく関わるのを避けた方が良いかもしれません。

あなたが相手を気持ちよくすることはあっても、自画自賛がひどい人間があなたの近くにいることがあなたにとってメリットになることはないですよね。

7.自分のために他人をサポートすることも

自画自賛する人の中には、人の悪口を言うのとは対極に、人のフォローに回る方もいます。

しかし、それは自分の得を考えた上です。これには2つの心理があります。

助けたことを自慢したい

自画自賛する傾向にある人は、自分中心な傾向です。わざわざ人助けなどしませんが、誰かをサポートするのは、それを自画自賛のネタにしたいからです。

「この前、あの人を助けてやったんだぜ!」なんて言えば、いろんな人から称賛されますからね。助けた人自身からの称賛も期待しているはずです。

その人を自画自賛の対象にしたい

誰かを助ければ、その人に感謝され、ある程度は言うことを聞いてくれるようになります。つまり、自在に操りやすくなるのです。

そうなると、偉そうな態度をとり、自画自賛を聞かせる対象にするのです。上述した自慢話の糧にすると同時に、自慢話のサンドバッグにもしようとする、なんとも卑劣な策略ですね。

8.意外と友達を大事に扱う

自画自賛する人の中には、食事をおごってみたり、相談に乗ったりして、友達を大事に扱っている(と思い込んでいる)方もいます。

実際には自画自賛のやかましさだけでプラスマイナスゼロのようなものですが、それでもこのような行為を率先してしたがります。これには2つの理由があります。

自分を褒めてもらうため

まず、自分を褒めてもらいたいからです。友達がいなければ褒めてくれる相手もいないので、自分の周囲から友達を逃がそうとしません。こちらは自画自賛が原因で友人を逃がさないタイプと言えます

友人を失いたくないため

2つ目は、「自分は優れた人間だ」と周囲に示さなければ友達が離れていってしまうのではないかと考えているタイプです。

先ほどとは違い、友人を逃がしたくないことが原因で自画自賛に陥っているタイプです。なので、優しく褒めてあげたり、こちらから優しくしてみたりすると自画自賛が徐々に少なくなってきます。

9.友人を囲い込む

「友達を大事に扱う」という特徴がエスカレートしたものが、「友人を囲い込む」という特徴になります。

  • 私はこんなにすごいんだ
  • だからあいつよりもすごい
  • みんなよりもすごい

なんて話を延々と続けて、「そのとおりだ!」と同意してくれるような人を囲い込み、あたかも自分の配下のようなものとして位置づけます

そうやって、自分自信の保身を図っているのです。

このタイプの自画自賛ばかりしている人をうまく動かす必要があるときには、配下になった様子で対応しましょう。

もし関わりたくなければ、興味なさそうな態度でクールに接して、難を逃れるのがおすすめです。

10.人の変化によく気付く

自画自賛する人は承認欲求がとても強いです。認められたいのに、自信が持てないからこそ自分で言い聞かせているのでしょう。

そして、周りからの目を人一倍気にしているため、他の人が気付かないくらいの変化にも気付く人もいます。

普段とは少し違うメイクをしただけでも気付いて褒めてくれますし、なぜかテンションが上がらない、ちょっと体調が悪いという時に真っ先に「どうしたの?」と気にかけてくれたりします。

それだけなら良い部分なのですが、厄介なことに他人から嫌われたり避けられたりすることにも敏感なので、さりげなく距離を置いて疎遠になるという方法が使えません。

さらには避けられている原因を「嫉妬されちゃってー」なんて、自画自賛の糧にしてしまうまでが一連の流れです。

11.会話が下手くそ

相手の気持ちにお構いなしに、自分の自慢話ばかりを一方的にする人は、会話のキャッチボールが出来ずに会話が続きません。

どんな時でもどんな話でも、強引に自分の自慢話に持っていこうとする人が多いので、スムーズな会話から遠ざかり、ますますひとりよがりの演説のような自画自賛話が続くことになります。

自画自賛ばかりする人は、絶え間なく自慢話をすることばかりに執着しているので、相手の話を聞く心の余裕がないのです。

これでは会話が弾むということがないので、だんだんと他の人から敬遠されてしまいます。つまりは会話が下手くそなかわいそうな人なのです。

12.自分に自信がない

他人が自分のことを凄いと思ってくれることでしか自分に自信が持てないので、「とにかく他人から良い評価を受けたい」「褒められたい」、そればかりです。だからこそ、延々と自画自賛が続くのです。 

しかし、自慢すればするほど人からは避けられてしまい、残念ながら良い評価どころか評判はどんどん下がるばかりです。

本人もそれに気づいていますが、現状を打開するにはより一層自分を大きく見せるしかないと考えてしまうので、自画自賛に拍車がかかるという悪循環です。

まるで独りよがりのわがままな子供のようで、近くにいるとウンザリしますが、どうしようもない困った性分の人と思うしかないですね。

13.自己評価が高い

自分を褒めるというこは、それだけ自分への評価が高いということ、つまり自画自賛する人は、そのとおり自己評価が高い人ばかりです。

たとえば、仕事の研修等の振り返りで自己評価をする際に、自画自賛をする人は、自己評価についてもとても高いです。自分が「これだけのことができている!」思い込んでいるのです。

ほかの人が忠告をした時に、「私はできているのに…」と不満を抱くことが多くなります。

その場合、愚痴が多くなり、自分の自慢ばかりする性格も相まって、かなり面倒な人になってしまいます。適当にあしらうのがいいでしょう。

14.人を見た目や学歴などで判断する

普通の人は他人の良し悪しを判断する時に、その人の内面など、本当に良いところを見て判断するはずです。

ところが自画自賛する人は、内面よりも学歴がすごい人、美しい人など、そんな外的なことを判断をすることが多いです。

自分自身、上辺ばかりだけを褒めまくっているので、他人を評価する際にも、上辺だけにしか目がいかなくなるのでしょう。

しかも、優れた学歴を持つ友人がいると、「俺にはこんなすげえダチがいるんだぜ!」なんて、その友人のことを取り上げて自慢します。

これでは本末転倒。自分のステータスとは全く関係のないことを自慢して、自分自身は薄っぺらい存在であるとアピールしているようなものです。

15.学歴を自慢する

そして、人を学歴などで判断するからこそ、自分自身の学歴自慢をする人が結構多いものです。

話をしているとき、「そんなこと知っているんだ!すごいねー!」なんて知力を褒めると、その時に学歴自慢を展開します。

学歴のことを自慢すれば、自分のことをもっとすごいと思ってくれると期待しているからです。

逆に、自分の学歴よりもすごい人がいるとわかると、少しの欠点でもズタボロに批判し、自己防衛をしようとします。

16.人の気持ちを理解できない

自画自賛ばかりする人は、基本は自分のことしか考えないタイプもいます。だからこそ、他人に構わず自分の自慢話ばかり展開するのです。

人が苦しんでいる時、「自分には関係がない」と思ってその人の気持ちを理解しません。話をしていても、理解する気持ちがないので、話をした人はとても嫌な気持ちになります。

そのため、人から相談をされることがありません。人の気持ちを理解できないので、人から尊敬されることもないのです。その結果、一人でいることが多くなります。

そして、その寂しさを紛らわすために、いろんな人に自画自賛の嵐を降り注ぐという、非常に面倒なタイプです。

17.大げさに話をする

自画自賛ばかりする人の特徴として、大げさに話をすることを上げることができます。

それは、ちょっとしたことでも大きなことのように捉えて、人に伝えてしまうのです。聞いて見るとそんなに大した事ではないと思うことも多いです。

そのように話をするのは、自分のことも少しのことでも自慢をしたいという気持ちが常にあるからです。

そのため、そのことが癖になってしまい、どんなことでも大げさに話をすることになります。

18.嘘が多い

大げさに話をするを通り越し、嘘をついて自画自賛する人も多いです。

たとえば、中古で高価なものを買っているのにもかかわらず、あたかも新品で買っているかのように言うなど。

はたまた、有名人と知り合いだとツーショットを自慢したかと思いきや、たまたま街で写真を撮ってもらっただけなど、様々なことが挙げられます。

知り合いの知り合いなどに有名人がいる場合、全く関係ない人についても、「知っている」「話したことがある」などを自慢します。自分がまるで有名人であるかのような顔になっています。

それを指摘すると怒る人も多いので、平穏に褒めてはやり過ごすのがうまい対処法になります。

19.強欲

自画自賛ばかりする人に見られる特徴が「強欲」です。

自分を褒め続けているので、自分が誰よりも地位が上であると思い、だからこそ何でも自分の思い通りにいかないと気がすまないという性格になります。

たとえば、「自分は能力があるからもっとお金をもらうべき!」なんてことを、暗にほのめかした行動をたっぷりととってきたりします。

とにかく手に入れたいものはなんでも手に入れる。自分は賞賛される存在だから、それが当たり前だと思っているのです。

20.謙虚さがない

本当に有能な方は、自画自賛なんてせず、謙虚さがあります。現状の自分に満足せずに高みを常に目指しているからです。

反対に自画自賛をしている人は、自分はすごい人だと思っている人も多く、横柄な態度を示すことがあります。

店員さんに対しての言葉遣いだったり、ポイ捨てや歩きタバコなど本当に結構わかりやすい感じですね。身につけているものも、いかにも成金みたいな感じなものが多いです。

謙虚さがまったく足りていない上に、自分の立場をわかっていません。

21.プライドがやたら高い

自画自賛する人は、プライドが高いために、自分を褒め称える人もいます。

そういう人は、自己顕示欲が強いために自分が中心にならないと気が済まなかったり、承認欲が強いために、異論を唱えられたりすると途端に敵視したりします。

プライドが高いがゆえに、自分に対する悪口を一切許しません。1のことを10でも100でも膨らませて、自分を必要以上に褒め称えて大きく見せようとするのです。

22.自分のミスの火消しが徹底している

もちろん、自画自賛する人だからといってミスをしないわけではありません。

しかし、自分を褒め称える以上、自分自身のミスは許せません。自分のミスに関しては寛容で、火消しに躍起になります。

フォローしてくれた人にもあまり感謝をせず、逆に「あの程度の事で…」なんて自分のミスを小さく語り、助けてもらっても逆に迷惑と捉える傾向にあります。

基本的に「ありがとう」という言葉を持ち合わせておらず、助けたりすると損した気分にさせられます。

23.都合の悪い事はなかったことにする

もし誰がどう見ても100%自分に非がある完全失敗をしてしまった場合、それはなかったことになっていることが多いです。

それを指摘すると激高するか、スルーをして防衛を図ろうとする。時にはその失敗について、人には到底理解しがたい持論を展開していき、「失敗は意図的にやったんだ」とか、「それは失敗ではない」と言ったりします。

さらには、話をすり替えてみたり、自分の責任ではなく他の人間が原因だと責任転嫁してきたり、様々な汚い手口を考察し、都合の悪い部分を無かったことにしようとするのです。

しかも、それが周りから嫌われる結果になっても気にしないという、なんとも図太い性格の人もいるんですよね。

24.論拠が明確でない

自画自賛する人は、自分を褒めるにあたり、そこに根拠はありません。ただ自分を褒めたいから、とにかくすごいと思われたいから、何が何でも褒めまくります。

たとえば、成功したというのは人によって価値観によっては違う見方があります。人によっては成功と言う人もいれば、あれは失敗だったと言う人もいるはずです。

それぞれの見方にそれぞれの根拠がありますが、自画自賛ばかりする人はそんなことはお構いなしです。

自分がやったことはすべて正しい・成功だと、なんの論拠もなく主張します。仮に完全な失敗であっても、上述したようにそれはなかったことにするのです。

25.過去の話が大好き

自画自賛する人は、過去の話をすることが大好きです。それは、自分が今はそうでもないけど、過去はすごかったということを話したいからです。

そのため、現在の話よりも、昔にどうであったかなどの話をすると、とても盛り上がります。その時に、自画自賛する人のことをほめると何時間でも話すようになるのです。

しかし、その場合に自画自賛人は空気を読むことはありません。一人でずっと話をしています。周りの人が嫌になっていても、気づかないのです。

26.人に誘われない

自画自賛する人は、周りの人達から煙たがれています。そのため、自分から誘うことがあっても周りの人達から誘われることが少ないです。

なんともかわいそうですが、それゆえ自分から誘うことが多くなります。しかし、これもかわそうなことに、誘っても断られることも多いです。

自分の自慢話ばかりする人と遊びたくありませんからね。しかし、それでも何度もしつこく誘うこともあります。

自分が嫌がられえていることに気づかない、そんな性格の人が多いです。

27.人の話を聞かない

自画自賛する人は、自分が一番だと思っています。そのため、自分が話すことについて関心がありますが、そのほかのことについては関心がないのです。

そのことから、自分が話をしている以外のことについては、興味がないという感じになります。結果、人の話を聞かない、聞こうとしない人が多いです。

つまりは、わがままということになりますね。人の話を聞いているように見えても、聞くフリをしているか、自画自賛のチャンスをうかがっているだけです。

28.実は緊張しやすい

自画自賛ばかりする人は、誰に対しても自分の自慢話ばかりするなんて印象がありますが、そうでもありません。

人と話をする時、友人同士などの場合は自慢話ばかりでも大丈夫だと考え、気兼ねすることなく自画自賛をすることができます。

しかし結局、自画自賛は自分に自信がないことの裏返し。心は臆病であったりすることが多いです。

なので、その臆病さゆえに、あまり親しくない人と話すときなど、普段の饒舌な自画自賛は見る影もなく、結構緊張してしまう人も多いものです。

29.後で考え込むことがある

自画自賛をする人は、そのことについて話をしている時に、夢中になっていることが多いです。

そのため、つい大きなことを余分にいってしまうことがあります。そのことについて話をしている時には気づかないので、そのまま話し続けます。

しかし、あとで一人になって思い返してみると、「あんなことを言ってしまった…」なんて後悔することもあります。

しかし、一度言ってしまったことを否定するのはプライドが許せません。そのまま嘘で塗り重ねた自画自賛を繰り返してしまうのです。

30.ブランド品を持っている

自画自賛ばかりする人には、ブランド品を多く持っている人も多いです。それは、自分を少しでもお金持ちと思わせたい、そんな気持ちがあるからです。

また、自分自身の精神安定剤のようなものとしても活用しています。ブランド品があることで、自分を自分で騙すような形で、安心感を与えているんです。

そんなブランド品については、できるだけ見せびらかしたいので、必ず目立つように持ちたがります。

31.酔っぱらうと自画自賛がさらにひどくなる

自画自賛する人というのは、お酒の場になると、ここぞとばかりにさらに口が達者になります。

ただでさえ自画自賛がひどい人がお酒の力を借りて話しを始めたら、もう誰にも止めることはできません。

そのような人とお酒を飲みに行った場合は、なるべく近くの席に座らない事、話しかけられてもさりげなく別の話にすり替えることが重要です。

相手が話を聞いてくれると分かれば、自画自賛をするタイプの人間はさらに調子に乗ってしまいますよ。スルーがベストです。

32.SNSなどの写真に自慢が多い

SNSを見ていると、自画自賛している人は、

  • 高層ビルから夜景を撮影
  • シャンパンを片手に自撮り
  • 高級車をアップ

なんて、本当にそういったことが大好きです。

周りの注目を集めたいがゆえに、自分がすごいと思われるように自分自身に陶酔しきっていますね。

また、男性の方だと、女の子と派手に遊んでいる様子を投稿しているのも見受けられることが多いですね。

まあ、ほとんどが着飾ったものばかりなので、真に受けないほうがいいでしょう。

33.SNSや名刺にやたらと資格や役職を書きたがる

自画自賛をする人は、自分のことを多くの人に認めてもらいたいと思っています。とにかく自分がどれだけすごいのかということを相手に伝えたいんです。

だから、SNSや名刺にはとにかくアピールできるようなことはすべて書きます。よくわからない資格や、聞いたことのない横文字の役職をアピールしてくる人は要注意。

実力が伴っている場合は別ですが、まだ何の実績も残していないにもかかわらず、肩書きを派手に見せようとする人は自画自賛タイプの可能性大です。

34.ときには大きな助けになることも

自画自賛する人というのは、いろいろ悪いイメージを抱かれがちですが、使いようによっては自分の大きな助けになります。

自画自賛する人たちは、結局は他の人に同じように褒められたいのです。なので、普段から彼らの自画自賛には適当に相槌を打ちつつ、大袈裟に驚きながら褒めちぎり、彼らの満足に付き合ってあげましょう。

そうすることで、こちらに好印象を抱くようになります。

そして、いざ助けが必要になった時、下手に出ながらお願いしましょう。そうすれば、快く助けを得られることもあります。

ただし、逆に自分を貶められるリスクがあります。助けてもらった後は、最大限の賛辞を贈ることを忘れないようにしましょう。

まとめ

以上が自画自賛する人にあるあるな特徴・行動になります。

自画自賛する人は、結局は自分が一番でありたいからこそ、自分を褒めまくるのです。だから、他人と比較してけなしたり、人の気持ちを考えられない方が多いです。

逆に、自画自賛のネタにするために、友達を大事にしたり、誰かのサポートに回る人もいます。

自画自賛ばかりの人にはいろんなタイプがいるので、こんな性格だ!と決めつけず、冷静に見て関わり方を考えてみることがおすすめです。