誤字脱字を防止!パソコンやスマホでの変換ミスを防ぐ対策方法やコツ4選

パソコンやスマホで文字入力をする際には、誤字脱字や変換ミスをしてしまうことがあるでしょう。直筆ではなくキーボードでの入力だからこそ起きてしまう問題です。

そんな変換ミスはできるだけなくしたいもので、特に重要なメールや書類に関しては絶対に防ぎたいものでしょう。些細な文字を間違うというミスが、重大な問題を引き起こすこともあります。

そこで、今回はパソコンやスマホでの変換ミスを防ぐための対策方法について紹介します。変換ミスをよくしてしまうという人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ1

パソコンやスマホでの変換ミスを防ぐ対策方法やコツ4選

1.長い文字を一度に変換しない

まずは、長い文字を一度に変換しないようにしましょう。変換する文字数が長ければ長いほど、変換ミスが多くなりやすいです。しかも、長いため、ミスに気付きにくくなります。

誤字脱字をした場合にも長い文章だと気づきにくくなるため、なるべく単語数は少なめに抑えて変換しましょう。そうすれば、間違いがあってもすぐに気づくことができます。

2.入力した文字を都度チェックする

そして、入力した文字はその都度チェックするようにしましょう。変換した後に正しく変換されているかどうかチェックすることが重要です。

誤字脱字や変換ミスに気付かないので、きちんと入力した文字をチェックしていないからです。きちんと正しく変換されているかどうかチェックすれば、些細なミスもばっちり防ぐことができます。

3.最後に全文を必ず見直す

これは基本中の基本で当たり前のこととなりますが、メールや書類、記事を書き終わった最後には、必ず全文を見直すようにしましょう。

入力しているときには気づかないミスというのも多いので、最後に全文を読んで正しく入力されているか確認しましょう。

なお、この時には声に出して読むこともおすすめになります。これに出して読むことで一字一句チェックすることができ、確実に間違いを見つけることができます。

4.文章校正ツールを使う

また、文字入力の間違いを自動でチェックしてくれる文章校正ツールを使うと便利です。Wordなどには文章校正機能があるため、Wordを使う場合には利用することをおすすめします。

【参考】スペル チェックと文章校正を行う

また、日本語の文章校正ができるウェブサービスというのもあります。サイトにアクセスして、テキスト欄に文章をコピーするだけなので簡単です。使ってみるといいでしょう。

Enno – 日本語のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック

なお、これらの機能に関しては完全に誤字脱字や変換ミスを防いでくれるわけではありません。そのため、最後には必ず目視で見直すようにしましょう。

まとめ

以上がパソコンやスマホでの誤字脱字や変換ミスを防ぐための方法となります。基本的には長い文字を一度に変換しないようにすることがコツです。

単語数を少なくして、こまめに変換しましょう。そうすれば変換ミスも減りますし、間違いにも気づきやすいです。

そして、変換された文字が正しいか都度チェックし、全文入力し終わった際には必ずすべての文章を見直すようにしましょう。ぜひ、意識して入力ミスは防ぐようにするべきです。