故障?ヘッドホンやイヤホンが片方しか聞こえない時の対処法・直し方4選

ヘッドホンやイヤホンを使用していると、片耳しか聞こえなくなるということがあるでしょう。そんなときは故障かもと思うでしょうが、故障以外にも片耳しか聞こえなくなる原因は様々です。

修理に出したり、買い替える前に、本当に故障かどうか確かめる必要があります。そこで、今回はヘッドホンやイヤホンが片耳しか聞こえない場合の対処法や直し方について紹介します。片方の音が小さいなんて場合にも、効果的な対処です。

せっかく使えるのに、すぐに故障と決めつけて買い替えるのはもったいないです。特に高かったものや、愛着のあるものに関しては、まずは自分でできる対処をすることをおすすめします。それではどうぞ!

ヘッドホンやイヤホンが片耳しか聞こえない時の対処法・直し方4選

1.プラグの部分の酸化膜を落とす

イヤホンやヘッドホンは、機械に接続するプラグの部分は金属であり、次第に空気中の酸素と結合して、酸化しやすくなります。

そのため、プラグの接続部分に薄い酸化膜ができて、うまく接続されないということがあります。このことによって片方が聞こえなかったり、音が小さくなったりすることがあるのです。

そこで、まずは片方しか聞こえないという場合には、プラグ部分をティッシュなどで拭いたり、機械に差しているときに回転させたりすることで、酸化膜を落とすといいでしょう。

2.プラグの根元部分のコードを曲げたりしてみる

そして、長年使っているとイヤホンは断線しやすくなります。特にプラグの根元部分が断線しやすいです。

しかし、断線したといっても、軽い断線であれば少し接続が悪くなる程度であり、片方が聞こえなくなるという現象が発生します。

その場合には、プラグの根元部分を少し触って曲げたり押し込んだりしてみるといいでしょう。ちゃんと聞こえるようになったら、その部分で固定するとうまく接続している状態になるはずです。

しかし、軽い断線とはいえ、イヤホンヤヘッドホンの寿命は間近となっているでしょう。この場合には、近々の買い替えを検討しておくことをおすすめします。

イヤホンやヘッドホンの断線を防ぐ方法は以下の記事で紹介しています。新しいイヤホンを買ったときは試してみてください。

もうこれで困らない!イヤホンやヘッドフォンの断線を防ぐ5つの対策

3.接続機器の音設定を確認する

また、接続機器の音設定に問題があって片方しか聞こえなくなるということもあります。特にパソコンなどは、左右の音量を調節できるので、それがたまたまおかしくなっていたなんてことがあるでしょう。

そのため、以上の対処で効果がない場合は、接続機器の音設定を確かめてみるといいでしょう。特に片方の音が小さいという場合には、機械の音設定がおかしくなっている場合が多いです。

4.直らない場合は修理か買い替えを

以上のすべての方法をやっても直らないという場合は、完全な故障と判断するべきです。値段が高いものや、愛着がわいているものであれば修理することをおすすめします。

故障を機に新しいものが欲しいという場合には、買い替えをしましょう。おすすめとしてはワイヤレスのBluetoothのイヤホンやヘッドホンがおすすめです。

取扱いも楽で、コードも短いので断線もしにくいです。以下の記事でそのおすすめ理由を紹介していますので、参考にしてください。

ワイヤレス最強!Bluetoothの無線イヤホンがおすすめの4つのメリット

まとめ

以上がイヤホンやヘッドホンが片方しか聞こえない場合の対処法となります。基本的に接続部分の不具合、もしくは接続機器の設定がおかしいという原因が多いです。

まずは自分で確認できる対処を行ってみて、それでもダメであれば最後に紹介した最終手段である、修理もしくは買い替えを行うようにしましょう。