プライドがない人・低い人の特徴10選。誇りがなさすぎるのも人としては問題あり

プライドがない人・低い人の特徴10選。誇りがなさすぎるのも人としては問題あり

性格について「プライド」という言葉を聞くと、おそらく多くの方が「プライドが高い」ということを思い浮かべるはずです。

しかし、プライドについては、高すぎる人がいるのと同様に、低すぎる、つまりプライドがない性格の人もいます。

プライドが高い性格は厄介者扱いされやすい傾向にありますが、プライドがない性格というのも人として問題があるものです。

そこで、この記事ではプライドがない人の特徴について紹介します。プライドが低いと、どんな行動や性格になってしまうのか、気になる方はぜひ読んでみてください。それではどうぞ!

プライドがない人・低い人の特徴10選

1.行動や手段を選ばない

プライドが高ければ、自分の信念に沿う行動だけをするものです。自尊心を傷つけるような、人間的に価値の低い行動はしません。

しかし、プライドがない人はその誇りなきゆえ、自分を人間的に低くしてしまう行動を簡単にとってしまう傾向にあります。

平気で媚を売ったり、物乞いをしたりする。自分に最終的にメリットがあれば、そのプロセスはまったく気にしません。

評価的なリスクを考えず、結果のみに着目し、行動や手段を選ばない特徴が見られます。

2.優柔不断で周囲に流されやすい

人が何かを決断するには、自分の考えを持っている必要があります。プライドがあれば、その信念や誇りが自分の考えになり、自分はどう行動するべきか、きっちり決断できるでしょう。

しかし、プライドがない方は、「自分はどうあるべきか」「どうありたいのか」、このような考え方を持っていません。

そのため、何かを決断するにあたっては、自分はどうするべきかを決めることができません。つまり優柔不断な傾向にあります。

周囲に流されやすく、とりあえずみんなと同じことをしたり、人に言われたことをそのままこなしたりするだけになります。

せっかく自分の意見や考えを持ったとしても、それが周りと違っていればすぐに放棄し、周りと同じ意見に変えるなんて特徴も見られますね。

3.自己評価が低い

プライドが高いということは、自己評価が高いということと表裏一体です。誇りがあるからこそ自分を好ましく評価でき、そう評価できるからこそしっかりとプライドを保つことができます。

しかしプライドが低い人は、自分を評価するための考え方を持っていません。自己評価の材料が自分の中にないからこそ、自分自身を低く見積もってしまいがちです。

自分を評価しろと言われても平均以下。他人から好ましい評価をもらっても、それについては懐疑心を抱きます。自分を自分で認めるということが下手な特徴があります。

4.お人好しで、他人に利用されやすい

周囲に流されやすいということは、自分よりも他人を優先してしまうお人好しになる可能性も高いです。

他人のお願いを断る際には、やはり自分の考えに基づいた決断が必要です。しかし、プライドがない方はその考えを持っていないため、断る際にも優柔不断になってしまいます。

自分を優先することができない、優先する理由や考えがない。だから、断る理由も見つからない

結果、他人のお願いを断れなくなってしまうのです。よほど自分にデメリットがない限り、他人を優先してしまいます。

最初は「お願いを聞いてくれる良い人だなあ」と思われるかもしれませんが、それが習慣化されれば、ただの便利人間として他人に利用されるだけになります。

5.八方美人で、交友関係は広く浅く

プライドが高い人は、自分の考え方に当てはまらない人間関係は切り捨てる傾向にあります。同じ考えを持ち、自分が満足できる関係を構築できる人としか関わりません。

しかし、プライドがない人は、人間関係についてしっかりとした考え方を持っていないので、いろんなタイプの人と関わるようになります。

それは一見良いことのように思えますが、率直に言ってしまえば広く浅くな関係です。

誰とでも関われる反面、八方美人な交友関係しか築くことができません。本音を語り合えたり、互いに思いやれたりする親友は手に入らないでしょう。

この傾向も相まって、上述したように他人に利用されやすくなってしまいます。

6.責任感がなく、その場しのぎが多い

プライドの高さは厄介なように思われがちですが、それはいい方向に働くこともあります。

たとえば、仕事において確固たるプライドを持っていれば、その業務遂行に手を抜くことはないでしょう。真面目に真摯に仕事をこなしてくれるタイプです。

しかし、プライドがない人は、そんな誇りの欠片もないので、みじんの責任感も持っていません。

ただ単に言われたことをやればいいと考えているだけのその場しのぎが目立ちます。自分からは行動しません。

何かミスが起きても、「自分は言われたことをやっただけです」と、責任逃れな態度を示す傾向にあります。

7.反論よりも謝罪を優先する

しかし、「お前が悪い!」と自らの非を問いただされれば、それがどんなに理不尽な理由であっても、自分に非があると認めてしまう傾向にあります。

プライドがなさゆえ、自分の考えがどんなに正しいと思っていても貫くことができず、委縮して非を認めてしまうのです。

自分の考えを理解してほしいわけではなく、とにかくこの厄介ごとから逃れたいという心理もあるのでしょう。プライドが低いゆえの考え方です。

何か悪いところを指摘されれば、反論するよりも先に謝罪の言葉が出てくる。そうやって、その場しのぎをすることは、責任感のないプライドが低い人の特徴になります。

8.向上心がない

先ほど、仕事に誇りを持っている人なら、その仕事を真面目に取り組むと述べました。それは、向上心があるとも言えます。

何かに誇りを持っているのであれば、そのことについてより磨きをかけようと、さらなる高みを目指すのは当然の結果です。

しかし、プライドがない人は、誇りや信念がないゆえ、そこから生まれる向上心もないことが特徴です。

現状に満足しており、とにかく目の前に積まれたものだけをクリアすればOKと考えています。難しいと感じたことはすぐにあきらめ、失敗があれば乗り越えようとしません。

結果、誰もができるようなことだけしかこなせません。何をやっても凡人どまり。単純作業をるだけのロボットと同じ存在にしかなりえないでしょう。

9.自分の悪い噂や陰口を黙認する

プライドが低い人は、自分自身のあるべき理想の姿を持っていません。その結果、他人からどんなに悪くけなされても無反応のままになります。

もちろん不快には思っているのでしょうが、けなされて傷つくプライドがないがゆえ、それに対抗しようとする意思が湧きません。そうなれば、黙認するだけになります。

いい意味で言えば、動じないということになりますが、そんな仙人的な態度ではありません。動じないというより、動じることができない。動じる必要性を感じていないのです。

10.自分より上の人に弱く、下の人には甘い

プライドがない人は自分を持っていません。だからこそ、上述したように周囲に流されやすい傾向にあります。

そして、その周りへの同調性は、もはや上下関係の壁を壊してしまいます。なんでも周りに合わせるがゆえ、自分を格下に追いやってしまうのです。

自分より上の地位の人には逆らうことができません。逆に、自分のより下の人には、甘くしてしまう譲歩な態度が見られます。

プライドがないからこそ、格上に対抗するための気の強さはなく、格下を厳しく律するための志が欠けているのです。

この傾向は自分を悪い方向に追いやるものですが、協調性が求められる場面では、周りをも巻き込んで悪い方向に向かわせてしまう行動になります。

まとめ

以上、プライドがない人・低い人の特徴になります。プライドが高すぎる人は厄介者に思われやすいですが、プライドがなさすぎるのも同様に問題ありとなります。

プライドが低いということは、自分が自分であるための誇り・信念がないということなので、自分という確かな存在を保つことができません。

だからこそ、優柔不断になったり、責任感・向上心を持てなかったり、周囲に流されやすい傾向になってしまいます。結果、ただの凡人にしかなりえません。

もしもこれらの特徴に当てはまる人があなたの周りにいるなら、その人はプライドが低いと言えます。そんな人には、「もっと尊厳を持て!」と言い聞かせてあげるといいかもしれませんね。