食事やストレスに注意!胸焼けや胃もたれを防止するための予防対策5選

胸焼けや胃もたれは、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎで起きる症状です。胸焼けは胸のあたりがむかむかして苦しくなったりするし、胃もたれは胃が重い感じがしてつらいでしょう。

特に飲み会の後などに悩まされることが多く、ストレスが原因でも起きるものです。そんなつらい症状を回避するためには、あらかじめ防止することが望ましいです。

そこで、今回は胸焼けや胃もたれの予防対策について紹介します。よくなりやすいと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

胸焼けや胃もたれを防止するための予防対策5選

1.食べ過ぎない・飲み過ぎない

まずは食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないということです。食べ過ぎたりすると、それだけ胃に負担がかかるようになり、胸焼けや胃もたれの原因になります。

アルコールの飲み過ぎは胸焼けの代表的な原因なので、飲み会などではお酒を飲み過ぎないように注意するべきでしょう。

羽目を外さないようにするべきです。以下の記事では飲み過ぎを防ぐための対策を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

2.ゆっくりと落ち着いて食事をする

また、急激に胃に飲食物が運ばれてくると、胃がびっくりしてしまい、胃もたれが起きやすくなります。胃痙攣の原因にもなるでしょう。

そのため、食事はゆっくりと落ち着いてするようにしましょう。よく噛まないで胃に流し込んだりすると、負担をかけますので、しっかりと食べ物は噛みましょう。

ガツガツ焦って食べるなどの暴飲暴食はやめて、落ち着いて胃に負担をかけないように食事をするようにしてください。

3.ストレスを溜めない

日々のストレスも胃もたれや胸焼けの原因となります。ストレスが溜まることで内臓の機能が低下してしまい、消化不良などを引き起こすことが多くなります。

ストレスは体のどんな部分にも悪い影響を及ぼすので、ストレスを溜めないように、一日の中にリラックスする時間を作るなどして適度に対策しましょう。

以下の記事ではストレスの解消法を紹介していますので、参考にしてください。

4.夜遅くの食事は控える

夜遅く食事をすると、胃の消化機能が活発でない時間帯なので、消化不良を起こしやすくなります。

また、夜遅く食事をした場合には、食べた後にすぐ寝るなんて場合が多いでしょう。そうすると逆流性食道炎になり、胸焼けを引き起こします。

なので、夜遅くの食事は控えるようにしましょう。もしも、深夜に食事をした場合にはすぐに寝ないようにしてください。

5.脂っこいものは控える

胃に負担をかける食べ物は控えるようにしましょう。特に天ぷらや揚げ物などの脂っこいものは食べ過ぎると、胃もたれや胸焼けを引き起こします。

特に胃が弱っているときは要注意です。すぐに消化不良を起こしてしまうでしょう。なので、その場合には野菜などの消化の良いものを中心に食べるといいでしょう。

胃が弱っていなくても、脂っこいものばかり食べると胃もたれや胸焼けになるので、適度なバランスの食事をとるようにしましょう。

まとめ

胃もたれや胸焼けの原因として一番多いのは、食べ過ぎや飲み過ぎでしょう。そのため、飲み会などでは暴飲暴食に注意してください。

また、日々の生活のストレスによっても、胃の機能が低下してしまい、胃もたれや胸焼けの原因になりますので、胃に負担をかけないように食事を工夫するようにしましょう。

なお、以下の記事では胃もたれや胸焼け、胃痙攣の対処法について紹介していますので、合わせて読んでみてください。