放置するのは絶対にNG!歯が欠けたときの対処法3選

放置するのは絶対にNG!歯が欠けたときの対処法3選

人の歯はある程度頑丈に作られているものですが、固いものを噛んだときや、何かに歯をぶつけてしまった際には、歯が欠けてしまうことがあります。

歯が欠けたときにはそのまま放置してしまう方もいますが、それは絶対にNGです。歯が欠けた際には正しい対処をすることが必要になります。

そこで、この記事では歯が欠けたときの対処法について紹介します。決して安易に考えて放置せず、適切な対処をしてください。それではどうぞ。

歯が欠けたときの対処法3選

1.欠けた部分は絶対にいじらない、負担をかけない

まず最初に守ってほしいことが、欠けた部分は絶対にむやみにいじったりしないということです。どんな風に欠けたか、痛みはないかなど気になると思いますが、絶対に負担はかけないでください。

歯が欠けた部分はとてももろくなっており、下手にいじると損傷を悪化させる原因になります。それに、欠けた部分が大きくて神経がむき出しになっている状態だと、手で触ったりすると感染症や炎症を起こす危険があります。

そのため、手や舌で触ったり、変に噛んだりしないようにしてください。食べ物を食べる際にも、欠けていない側の顎で噛むようにしてください。

2.できる限り早く歯医者に行く

そして、歯が欠けた場合にはできる限り早く歯医者に行くようにしてください。放置しておくと、上述したように損傷の悪化や、感染症のリスクがあります。また、虫歯が原因で欠けた場合には、虫歯がかなり悪化している証拠です。

原因は何であれ、そのまま放置しておくと必ず悪化する結果になります。歯は一生もので、一度失えばなくなってしまうものなので、できる限り早く治療してもらうようにしてください。痛みがなくても、かなり虫歯が進行していたなんてケースもあります。

欠けた範囲が大きいほど迅速に歯医者に向かうようにしましょう。もちろん、欠けた部分がちょっとだからといっても、決して甘く見ずに、できだけ早く歯医者で診てもらうようにしてください。

3.痛みがひどい場合には痛み止めを飲む

歯が欠けた際にはひどい痛みを伴うこともあるでしょう。歯医者で治療してもらえば痛みは治りますが、歯医者に行けるのが翌日以降になるという場合には、そのひどい痛みに悩まされてしまうはずです。

そこで、歯が欠けた際にひどく痛み、すぐに治療できない場合には、対症療法として市販の痛み止めの薬を服用してください。そうすれば、歯医者に行くまでは痛みに悩まされなくて済みます。おすすめの痛み止めは以下のものなのでぜひ参考にしてください。

なお、歯が欠けた痛みが消えたからと言って、歯医者に行くことはやめるなんてことは絶対にNGです。痛みの有無や消失に関わらず、歯が欠けた時点で歯医者には絶対に行くようにしましょう。

まとめ

以上、歯が欠けてしまったときの対処法になります。歯が欠けた場合にはひどくダメージを受けているということになりますので、必ずすぐに歯医者で診てもらうようにしてください。

また、辺にいじると損傷を激しくしたり、感染症のリスクを増大させてしまいますので、患部は安静にするようにしてください。

歯医者に行くまで痛みを我慢できないという場合には、市販の痛み止め薬で対処してください。ぜひ、迅速な対処を心がけるようにしましょう。