暑い夏に!スーパーやコンビニでアイスを買って帰る時に溶けないようにする対策方法5選(2/2ページ)

4.クーラーバッグも使うとおすすめ

とは言え、袋に入れる際にアイスが溶けないように工夫するのをいちいち考えるのは面倒です。

そんな方はクーラーバッグを活用することがおすすめになります。アイスを頻繁に買うなんて方は、保冷剤と一緒に常備しておくのがおすすめです。

クーラーバッグであれば、どんな入れ方でも、外部の熱を通すことはないし、アイスの冷気を逃がすこともありません。アイスを最大限溶けないようにできます。

サーモス 保冷ショッピングバッグ

サーモス 保冷ショッピングバッグ

こちらは、手提げ型の保冷ショッピングバッグになります。デザインもシンプルでおしゃれで、サイズも程よい感じです。普段の買い物に持ち歩けるバッグなのでおすすめになります。

Cherrboll 保冷保温エコバッグ

Cherrboll 保冷保温エコバッグ

こちらも手提げ型の保冷ショッピングバッグになります。大容量なのが特徴です。アイスを大量に買う方や、アイス以外にも氷を買う方などにもおすすめになります。

JSK Stylish Insulated Cooler Bag Backpack

JSK Stylish Insulated Cooler Bag Backpack

こちらはリュック型の保冷バッグになります。背負うのでとても楽に持ち運べます。アウトドアにも活用できるので汎用性は抜群です。リュックタイプが良いという方にはおすすめの保冷バッグになります。

下記で他にもいろんな保冷バッグがありますので、参考にして下さい。

5.買い物の最後に買う

最後に、これは当然のものですが、買い物の最後にアイスを買うようにしましょう。そうすれば、買ってから家につくまでの時間を最小限に済ませることができるので、アイスを溶けにくくできます。

また、距離も重要になります。スーパーやコンビニの距離が家から遠ざかるほど、それだけ帰るのに時間がかかり、アイスが溶けやすくなってしまいます。

アイスを持ち運ぶ時間をどれだけ短縮できるかによって溶ける度合いは大きく変わりますので、買い物の最後に買うなど、できるだけアイスを持ち運ぶ時間を短縮するようにしてみて下さい。

まとめ

以上、アイスをスーパーやコンビニで買った際に、帰りの持ち運びで溶けないようにする対策方法になります。

スタンダードな対策として保冷剤やクーラーバッグを使うことがおすすめです。また、袋の入れ方を工夫したり、買い物の最後に買って持ち運ぶ時間を短縮する対策もしましょう。

以上の対策をしっかりと行うことで、猛暑の夏でもアイスを溶けることなく持ち運ぶことが可能です。ぜひ、お家に帰って溶けていない最高のアイスを味わってみて下さい。