会社や学校へ遅刻してしまう!電車が遅延した時の的確な対処法4選

会社や学校へ遅刻してしまう!電車が遅延した時の的確な対処法4選

会社や学校への通勤・通学には、毎朝電車を利用する人は多いでしょう。毎朝使うものなので、いつも時間通りに運行してほしいものです。

しかし、電車も完璧ではないので、何らかのトラブルや事故によって遅延してしまうこともあります。何時間も電車が動かないこともあり、それによって遅刻してしまうなんてこともあるでしょう。

そこで、今回は電車が遅延した時の的確な対処法について紹介します。遅刻しないように、また遅刻しても大丈夫なように対処することが必要です。それではどうぞ!

電車が遅延した時の的確な対処法4選

1.会社や学校へ電話をする

電車が遅延した場合には、まずは会社や学校へ電車遅延によって遅刻するかもしれないとの電話をするようにしましょう。

特に、会社で重要な会議や、学校での試験がある際には、しっかりと電話して遅刻するという旨を伝えるようにしてください。

本来遅刻はダメなものですが、交通機関による仕方のないものであれば、その理由を伝えることでやむを得ない遅刻が認められるようになるでしょう。重要な会議があってもお咎めの心配はなくなり、試験などでは何らかの措置をしてもらえることになります。

2.遅延証明書をもらう

また、しっかりと電車の遅延ということを証明するために、遅延証明書をもらうようにしましょう。遅延している路線の各駅でもらえるはずです。

ただ単に報告のみだと、寝坊での遅刻を電車遅延でごまかしているのではないかと思われることもあります。また、きちんとした証明がないと、やむを得ない遅刻としては認められないこともあります。

特に、自分が乗っている際に電車が止まったなんていう場合には、確実に遅刻することになるので、会社の報告は必ず行い、遅延証明書を確実にもらうようにしましょう。

3.振替輸送を利用する

ある路線で遅延が生じた場合には、その路線とつながっている別の路線で代わりに電車を運行する「振替輸送」が行われることもあります。

特にいくつもの路線が入り混じっている都心などでは、振替輸送が行われることが多いです。振替輸送はべつの路線を利用するので、到着まではいつもより時間がかかりますが、それでも遅延解消を待つよりかは早く着くことになります。

そのため、目的地の駅まで振替輸送が使えるならば、なるべく早く到着するために利用しましょう。遅延は電車側の問題となるので、運賃はタダになるケースが多いです。

4.別の交通手段を利用する

振替輸送がない場合や、もっと早く到着したいなんて場合には、別の交通手段を利用することをおすすめします。

バスやタクシーなどを利用するといいでしょう。また、振替輸送とは別の路線の方が早く到着する場合には、運賃はかかりますが、その路線を利用しましょう。

家族に車で迎えに来て送ってもらったり、近くに住んでいる友達を頼るなんてしてもいいでしょう。

まとめ

以上が電車が遅延した場合の対処法となります。自分が載っている最中に止まってしまったのであればどうしようもないので、会社や学校に連絡をし、遅延証明書をもらいましょう。

電車に乗っていない場合には、振替輸送を利用したり、別の交通機関を使うということで、なるべく早く目的地に到着するようにするといいでしょう。もちろん、この場合も連絡と遅延証明書は忘れないようにしてください。

遅刻をすることで色々と面倒なこともあるでしょうが、やむを得ない遅刻として認められれば、何とかなるでしょう。ぜひ適切な対処を行うようにしましょう。