賃貸でも大丈夫!壁に画鋲などで穴を開けないでポスターを貼る方法5選

賃貸でも大丈夫!壁に画鋲などで穴を開けないでポスターを貼る方法5選

インテリアとして、壁にポスターを飾る人は多いです。おしゃれな絵画や世界地図のポスターから、お気に入りのアニメキャラやアイドルなど、人によって好みは様々でしょう。

しかし、賃貸ではそんなポスターは悩みものになります。スタンダードな方法として画鋲で貼る方法がありますが、壁に穴を開けてはいけないので、画鋲を使った方法はできません。

そこで、この記事では、壁に穴を開けずにポスターを貼る方法を紹介します。色んな方法があるもので、賃貸物件でも大丈夫なので、ぜひ参考にして下さい。それではどうぞ!

壁に画鋲などで穴を開けないでポスターを貼る方法5選

1.テープで貼り付ける

まずは一番単純な方法として、テープを活用する方法です。セロテープやマスキングテープ、両面テープなどがおすすめですね。

なお、テープを使うとポスターが傷ついてしまう恐れがあります。それが嫌な人は、下記の動画を参考にしてみて下さい。

ポスターとテープの粘着部分を接触させることなく、壁に貼る方法になります。

2.ポスター用の粘着テープを使う

ポスター専用の粘着テープもあります。小さく分けられており、両面テープのようにいちいち切り分ける必要はありません。

粘着力も申し分なく、またポスター用に作られているので、剥がす際にポスターが傷つきにくいように作られています。

以下のものがおすすめです。

コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤

コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤

こちらは文房具メーカーで有名なコクヨの接着剤です。ソフトで形を変えることができるので、色んなポスターに活用できます。

君もと(yJun) 強力両面テープ

君もと(yJun) 強力両面テープ

こちらは、接着力の強い強力両面テープになります。丸型なので使いやすいです。強力な粘着力なものの、取り外す際に跡が残らず、かなり実用的なものになります。

ポスターガム・レロ

ポスターガム・レロ

こちらは、粘着アイテムのレロです。テープではなく、接着力の強いゴムのようなもので、繰り返し利用できます。お手軽でおすすめです。

他にも、ポスター用の粘着剤はいろいろあるので、気になる方は書きを参考にして下さい。

3.袋やポスタースリーブを使えば傷つかない

ポスターをテープで固定する場合、ポスターにテープがくっつくのが嫌だという方もいるでしょう。粘着剤が移ってしまいますし、剥がすときに破れることもありますからね。

その際には、透明な袋に入れるのがおすすめです。手っ取り早いのが大きいゴミ袋です。そうすれば、袋にテープを貼るので、ポスターに粘着部分はくっつかないようになります。

また、もっと本格的にしたい場合には、専用のポスタースリーブを使うのがいいでしょう。下記のものがおすすめになります。

ポスタースリーブ(B2サイズ用)

ポスタースリーブ(B2サイズ用)

こちらは、B2サイズようのポスタースリーブになります。しっかりとポスターを保護してくれます。

コレクト クリアポケット A2

コレクト クリアポケット A2

こちらは、袋というよりもクリアファイルに近いものです。A2用ですが、他にも色んな大きさのサイズがあります。

ポスタースリーブは他にもあるので、気になる方は下記を参考にしてみて下さい。