スマホのタッチの反応が悪くなったりおかしくなった時の3つの対処法

スマートフォンやタブレットなどのタッチパネルを使用しているときに、タッチの反応が鈍くなったり、動作がおかしくなったりすることって結構あると思います。

そんなときは結構イライラすると思いますが、適切な対処をすることで、すぐに正常な反応に戻すことができます。今回はその対処法について紹介します。

スマホのタッチの反応が悪くなったりおかしくなった時の3つの対処法

画面をきれいに拭く

タッチの反応がおかしいときは、自分の指以外のゴミやカスが画面に付着して、それに画面が反応することで、思わぬ動作を引き起こすことがあります。そんなときはきれいなハンカチやタオル、ティッシュで画面を綺麗に拭き取ると直ることがあります。

画面は傷がつきやすいので、かならずきれいなタオルなどを使うようにしましょう。そして、水拭きをすると水滴が反応したり、水によって端末の故障にもつながるので、乾拭きをしましょう。

多少湿ったタオルで拭いた方が汚れが落ちますが、そのときは拭いた後で乾拭きをして水分を拭き取るようにするといいでしょう。

手・指の乾燥を防ぐ

タッチパネルの動作の仕組みはご存知でしょうか。ただ単にものが触れて反応するというわけではなく、静電気によって反応するのです。

画面に指で触れると発生する微弱な電流、つまり静電容量(電荷)の変化をセンサーで感知し、タッチした位置を把握する。指を画面に近づけると、人体の静電容量にセンサーが反応するため、画面に接触する寸前でポインターを動かすような操作も可能だ。

そのため、指が乾燥していると静電気が発生しにくくなり、タッチの感度が下がりやすくなります。

そんなときは手を合わせてこすったり、水で手を洗って保湿させてから操作するといいでしょう。水で洗う時はしっかりと手を拭いて水分の残さないように注意してください。

再起動する

ゴミや指の乾燥以外でも、タッチの反応が悪くなる時があり、そんな時は端末側の問題に原因があります。

どのようなときに悪くなるかはわかりませんが、個人的な経験ではずっと使用して端末が熱くなってくるとタッチの反応が鈍くなることが多いです。

そんなときは再起動するとタッチ感度が正常に直ります。 どうしてもタッチ感度の悪さが元に戻らない場合は再起動するといいでしょう。

まとめ

スマホやタブレットはタッチである以上、様々なタッチ感度の低下原因があります。タッチの反応が鈍くなったときは、その原因に合わせて上記の対処をするといいでしょう。

タッチの反応が悪いまま使うと、思いもしない動作をしてしまったり故障の原因にもつながりかねないので、しっかりと対処するようにしましょう。

そして、以下の記事ではその他のスマホの不具合・故障が起きた場合の対処法を紹介しています。ぜひ合わせて読んでみてください。