規則正しい生活で健康を維持!早起きを実現するための方法やコツ5選

体の調子を良くしたり、健康を維持するためには規則正しい生活が必要不可欠となります。バランスの良い食事や、定期的な運動などがあてはまりますが、早寝早起きも規則正しい生活には重要な項目となります。

しかし、食事や運動は気を付ければできるけれども、早起きだけはどうしても苦手てでできないと悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は早起きをするための方法やコツについて紹介します。早起きをしたいという方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

早起きを実現するための方法やコツ5選

1.早寝をして睡眠時間はきちんと確保する

まずは睡眠時間をきちんと確保するということが重要です。早起きのためには、早寝をしてきちんと睡眠をとる必要があります。

4時に起きようとする場合には、0時に寝ても、4時間しか寝ていないので眠くて起きられないでしょう。22時に寝れば睡眠時間は6時間なので、しっかりと起きることができます。

そのため、残業や夜遊びによる夜更かしは厳禁です。早起きをしたければ、残業はしないようにし、飲み会や友達からの誘いも断るようにしましょう。

十分な睡眠時間としては色々と議論がありますが、最低でも6時間はとりましょう。ベストは7~8時間の間と言われています。人によって最適な睡眠時間は違うため、いろいろと調整して目覚めが良い睡眠時間を見つけてみるといいでしょう。

2.質の高い睡眠を心がける

そして、睡眠の質も欠かせません。いくら寝ても質が悪ければ、疲れが取れずにいつまで眠いままで、結果的に早起きはできないことになります。

人の成長ホルモンは22:00~2:00の間に多く分泌されると言われているので、10時までには寝るようにしましょう。成長ホルモンの分泌が活発になり、効果的な睡眠を実現できます。

その他にも、アロマや音楽などでリラックスした気持ちになると熟睡しやすくなり、さらに質を高める効果があります。以下の記事では質の高い睡眠のコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

3.アラームは必須

そして、しっかりと時間通りに目覚めるためにはアラームをかけることが必須となります。早起きに慣れれば自然と目が覚めるようになりますが、しっかりアラームをセットしておくことが必要です。

特に早起き生活に移る最初の段階では、まだ慣れていないためアラームに頼らざるを得ません。慣れてきても、一応保険としてアラームはセットしておきましょう。

そして、アラームのかけ方にも注意が必要です。アラームを止めたまま二度寝してしまうなんてことがないようにしましょう。体を動かして止めなければならないように、ベッドから離れた位置に置いておくなどの工夫が必要です。

以下の記事では効果的なアラームのかけ方について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

朝にすっきり起きることができる!効果的なアラームのかけ方のコツ5選

4.早起きの意識や動機を強く持つ

人の体内時計はかなり精密にできており、起きる時間を強く意識することで、その時間に目が覚めるようになります。

体が慣れてきて自然と目が覚めるのは、この体内時計の精密さゆえです。そのため、しっかりと早起きすることを強く意識しましょう。

早起きしなければならない、何時に起きなければならないということを強く意識することがコツです。また、早起きをする理由・動機も決めて意識しておくことが重要です。

特に早起きする理由がなければ二度寝してしまうでしょう。仕事や勉強をすると決めておけば、きちんと体を自分から起こすことができます。健康的な生活を早起きで絶対に実現させるということでもいいでしょう。自分に合った理由や動機で早起きを実践してみてください。

5.目覚めを良くする工夫をする

早起きに慣れていないことは目覚めが良くないでしょう。きちんと目を覚まして起きるためには、目覚めを快適にしなければいけません。

ほんのちょっとのことをするだけで朝の目覚めを良くする5つの方法」で紹介した以下の方法がおすすめです。

  • 目覚ましの音は穏やかなものを
  • カーテンはレースにしておいて、日光が入るように
  • 目が覚めたら布団の中で伸びをする
  • 刺激の強い目薬を差す
  • 目覚まし時計を遠い場所に設置しておく

布団から出ることさえできれば二度寝の心配はないので、目覚めを良くするためにも以上の工夫をしてみましょう。

まとめ

以上が早起きを実現するための方法となります。まずは基本的なこととして早寝をしてきちんと睡眠時間を確保しましょう。

そして、起きたい時間にしっかりアラームをセットしておき、早起きを強く意識して、起床できるようにすることが必要です。

数日から1週間ほど早起きを続ければ、そのリズムに慣れることができます。早起き生活への移行当初が山場ですので、色々と工夫をして頑張ってみてください。

なお、早起きをすると人生が変わると言われる理由について以下の記事で紹介しています。生産性を高める効果があるので、ぜひ合わせて読んでみてください。