ブロガー必見!ブログの記事を読みやすくスマートにする15個の文章術

ブロガー必見!ブログの記事を読みやすくスマートにする15個の文章術

ブログの記事において、最もメインとなるものは文章です。文章が読みにくいと読者が逃げてしまうことになり、読みやすい文章を書くことが必要となります。

読みやすい文章は、特に難しい語彙や表現を覚えることなく、ある程度コツをつかめば、書けるようになります。

以下では、その読みやすくなる文章術を紹介します。

ブログの記事を読みやすくスマートにする15個の文章術

1.文体は統一する

文体とは文章の口調のようなもので、語尾が「だ・である」か「です・ます」の違いによって、文体は区別されます。

「だ・である調」は常体、「です・ます調」は敬体と言って、一つの文章ではどちらか一方に統一しましょう。

統一していなかったら、文章もまとまりのない感じになってしまい、かなり読みにくくなります。

以下のような文章があるとします。

私は先生のことが好きです。なぜなら、成績が良いといつも褒めてくれるからだ。まるでお母さんみたいな存在なので、とても大好きだ。でも、先生は私のことはただの生徒の一人としか見ていないでしょう。だから私は少し寂しいのだ。

このような文章はまるで統一感がなく、スムーズに読むことができません。文体を整えると以下のようになります。

だ・である調「常体」

私は先生のことが好きだ。なぜなら、成績が良いといつも褒めてくれるからだ。まるでお母さんみたいな存在なので、とても大好きだ。でも、先生は私のことはただの生徒の一人としか見ていないだろう。だから私は少し寂しいのだ。

です・ます調「敬体」

私は先生のことが好きです。なぜなら、成績が良いといつも褒めてくれるからです。まるでお母さんみたいな存在なので、とても大好きです。でも、先生は私のことはただの生徒の一人としか見ていないでしょう。だから私は少し寂しいのです。

以上のように、文体を統一すると、文章全体も統一された感じが出て、読みやすくなるので文体は必ず統一しましょう。

2.誰でも理解しやすい言葉を使う

難しい言葉や表現を使うと、読者はその意味を理解しづらくなります。

例えば以下のような文章があったとします。

今の恋仲の人と愚劣な関係性を築いています。そのため今日、その人に私の率直たる信念を暴露し、関係を断ち切ることで、私の中の暗愚な感情を拭い去り、誇るべき意思を一新しようと、その人に面会を申し出ました。

これでは何を言っているのかさっぱりわかりません。これは以下のように簡単な文章にすることができます。

修正

今の恋仲の人(付き合っている恋人)愚劣な関係性を築いています(仲が悪いです)。そのため今日、その人に私の率直たる信念(本音)暴露し(はっきり言って)関係を断ち切る(別れる)ことで、私の中の暗愚な感情(愚かさ)拭い去り(なくし)誇るべき意思(プライド)一新しよう(持ち直そう)と、その人に面会を申し出ました(会いに行きました)

修正後

今付き合っている恋人とは仲が悪いです。そのため今日、その人に私の本音をはっきり言って別れることで、私の中にあった今までの愚かさをなくし、自分自身のプライドを持ち直そうとするために、その人に会いに行きました。

以上のようにすると、かなりわかりやすくなります。難しい言葉は優しい表現にしたり、日本語で意味がつかみにくいものは、直感的に分かりやすいカタカナ語を使うようにすると読みやすくなります。

このように、わかりにくい難しい言葉や表現を多用するのではなく、誰にでもわかりやすい言葉を使うようにすれば、読みやすい文章になります。

3.漢字・ひらがな・カタカナ・英語を適切に使う

普段の生活で見慣れない漢字が文中にあると、その漢字が読めなくて、意味を理解できないことがあります。

また、普段は漢字で読むことが多い文字がひらがなであると、これもまた読みにくい文章になってしまいます。

他にも、カタカナや英語も普段見慣れない形で表記すると読みにくいです。

普段の生活で読むことが多い形の文字を使って文章を作ると、読者は意味を理解しやすくなります。

以下の文章を見てください。

私が専門にしている分野はのうかがく(ブレイン サイエンス)です。この学問は難しい、又は可成りややこしいと思われていることが多いです。然し、この学問は私にとってはみりょくてきなもので、自分の視野をよりopenにしてくれます。

この文章はところどころ読みにくいところがあります。それは、普段から見慣れない形で書いてあるからです。よって、以下のように、それぞれの言葉を普段から見慣れている形にします。

修正

私が専門にしている分野はのうかがく(脳科学)ブレイン サイエンス(brain science))です。この学問は難しい、又は(または)可成り(かなり)ややこしいと思われていることが多いです。然し(しかし)、この学問は私にとってはみりょくてき(魅力的)なもので、自分の視野をよりopen(オープン)にしてくれます。

修正後

私が専門にしている分野は脳科学(brain science)です。この学問は難しい、またはかなりややこしいと思われていることが多いです。しかし、この学問は私にとっては魅力的なもので、自分の視野をよりオープンにしてくれます。

このようにするとかなり読みやすくなるということがわかるでしょう。

文章だからと言って、普段見慣れない表記にするのではなく、漢字・ひらがな・カタカナ・英語は普段見慣れている表記をすることで、読みやすい文章になります。

4.専門用語には説明を加える

誰でも理解しやすい言葉を使うことが重要ですが、専門用語を使用しなければならない時もあります。

専門用語は専門的な言葉なので、一般の人で知る人は少ないのでしょう。よって、少し説明を加えると読みやすい文章に変えることができます。

例えば以下の文章があるとします。

この食べ物にはアセチルコリンが含まれているので、摂取すると脳が刺激されて記憶力や集中力がアップするため、勉強がはかどります。

この文章であると、この食べ物を食べると勉強がはかどるということはわかりましたが、その脳を刺激するアセチルコリンというものは、普通の人ではまったく意味が分かりません。

よって、このアセチルコリンに少し説明を加えて、以下のような文章にするといいでしょう。

この食べ物には、学習や記憶、覚醒、睡眠に対する神経伝達物質として働くアセチルコリンという成分が含まれているので、摂取すると脳が刺激されて記憶力や集中力がアップするため、勉強がはかどります。

以上のようにすると、アセチルコリンは学習に関しての神経伝達物質であるので、脳が刺激されて勉強がはかどるということがわかるようになります。

このように、専門用語にはすこし説明を加えることで、それを知らない読者でも理解することができ、読みやすい文章にすることができます。

5.短い表現や言葉を使う

文章は長くなればなるほど読みにくくなります。

長くなってしまう文章であれば、仕方がありませんが、ぐたぐたと長い表現を羅列しているような文章はNGです。

そのため、長くなってしまう表現は、短い言葉に置き換えられるものがないかどうか検討し、短い言葉にできるものがあれば、その言葉に置き換えましょう。

例えば以下の文章があったとします。

今から10時間前の5月2日の午後8時に私は日記に次のようなことを書いた。「私にはもう、将来において期待できる物事や、自分がどんな風になりたいかなどの思いもない。そのため、他の人に人生で負けてしまっている気持ちや、これから先の自分の将来はどうなるんだろうなどという考えがある。」

これでも意味が通じますが、少し表現が幼稚ですし、長ったらしいです。この文章のそれぞれの言葉を短いものに置き換えると以下のような文章になります。

修正

今から10時間前の5月2日の午後8時(5月2日の20時)に私は日記に次のようなことを書いた。「私にはもう、将来において期待できる物事(希望)や、自分がどんな風になりたいかなどの思い(夢)もない。そのため、他の人に人生で負けてしまっている気持ち(人生における劣等感)や、これから先の自分の将来はどうなるんだろうなどという考え(将来への不安感)がある。」

修正後

5月2日の20時に私は日記に次のようなことを書いた。「私にはもう、将来の希望や夢もない。そのため、人生における劣等感や、将来への不安感がある。」

このようにすると、かなりスマートな表現にすることができます。

長ったらしい表現を使って読みにくい文章になってしまうときは、短い言葉に置き換えることで、読みやすい文章にすることができます。

6.無駄な表現や言葉は省略

無駄な表現がたくさんある場合には、それは読者にとっても無意味ですし、無駄に文章を長くしてしまいますので、読みにくいものになってしまいます。

無駄な表現を省くことで、伝えたいことが伝わりやすく、文章も短くなるので読みやすい文章になります。

以下の文章があるとします。

私は女優を職業としていて、そのため、昨日まで日本のほぼ裏側にあるブラジルという国のアマゾンという地域で映画の撮影をしていた。その撮影場所には体を洗ったりシャンプーをする温かいお風呂がなかったので、アマゾン川という川で体を洗っていた。川は温かくないので水はとても冷たく寒かった。そして、今日、私の母国である日本に帰国した。久しぶりに冷たくない温かいお風呂に入ることができたので、大はしゃぎしてしまうほど幸せでうれしい気持ちになった。

これだと無駄な表現が多すぎて読みにくいです。この文章の無駄な表現を省略すると以下のようになります。

修正

私は女優を職業としていて、そのため、昨日まで日本のほぼ裏側にあるブラジルという国のアマゾンという地域で映画の撮影をしていた。その撮影場所には体を洗ったりシャンプーをする温かいお風呂がなかったので、アマゾン川という川で体を洗っていた。川は温かくないので水はとても冷たく寒かった。そして、今日、私の母国である日本に帰国した。久しぶりに冷たくない温かいお風呂に入ることができたので、大はしゃぎしてしまうほど幸せでうれしい気持ちになった。

修正後

私は女優であり、昨日までブラジルのアマゾン地域で映画の撮影をしていた。その撮影場所にはお風呂がなかったので、アマゾン川で体を洗っていた。川の水はとても冷たく寒かった。そして、今日、日本に帰国した。久しぶりに温かいお風呂に入ることができたので、幸せでうれしい気持ちになった。

このように、無駄な表現を省くと、読者に伝えたいことだけを伝えることができ、読みやすい文章にすることができます。

注意することは、省くものは無駄な表現だけで、伝えたいことは省かないようにするべきです。無駄な表現がなく、伝えたいことだけであると、かなり読みやすいスマートな文章になります。

7.1つの文が長くなるようなら文を区切る

1文が長いとその文で伝えたいことを、読者はうまく理解することができません。そんなときは、その文を複数の文に分割すると読みやすくなります。

以下の文章があります。

地球温暖化は私たちが私生活で排出する温室効果ガスが原因であり、そのほとんどが二酸化炭素であり、それらを排出することを抑えることができれば地球温暖化の進行を抑えることができるので、私たち一人ひとりが意識することが重要で、それによって大規模な効果が生まれるので、そのように全国民が意識をするように努めるようにすることで、地球温暖化を抑制することができると考えられる。

以上はかなり長い文章ですが1文です。これではかなり読みづらいです。そこで、この文を複数の文に分割したものが以下のようになります。

修正

地球温暖化は私たちが私生活で排出する温室効果ガスが原因であり、そのほとんどが二酸化炭素であり、/(区切る)/それらを排出することを抑えることができれば地球温暖化の進行を抑えることができるので、/(区切る)/私たち一人ひとりが意識することが重要で、それによって大規模な効果が生まれるので、/(区切る)/そのように全国民が意識をするように努めるようにすることで、地球温暖化を抑制することができると考えられる。

修正後

地球温暖化は私たちが私生活で排出する温室効果ガスが原因であり、そのほとんどが二酸化炭素である。それらを排出することを抑えることができれば地球温暖化の進行を抑えることができる。よって、私たち一人ひとりが意識することが重要で、それによって大規模な効果が生まれる。そのように全国民が意識をするように努めるようにすることで、地球温暖化を抑制することができると考えられる。

以上のように1つの文を分割すると、読みやすく、意味がつかみやすくなります。

1文が長くなるようであれば、分割して読みやすくすることを心がけましょう。

8.1つの文が短くなるようなら隣の文と結合させる

1文が短すぎても逆に読みにくいです。そのようなときは、文と文を結合させましょう。

以下の文章があります。

私の名前は美穂です。14歳です。中学2年生です。朝日中学校に通っています。クラスは2年1組です。

この文だと、1つ1つの文が短すぎて読みにくいです。以下のようにつなげましょう。

修正

私の名前は美穂です「。」14歳です「。」中学2年生です。朝日中学校に通っています「。」クラスは2年1組です。

修正後

私の名前は美穂で、14歳の中学2年生です。朝日中学校に通っていて、クラスは2年1組です。

このようにすると読みやすくなります。

1文は短すぎてもいけないので、そのような場合は、隣の文と結合させることで読みやすい文章になります。

9.句読点を適切に使う

句読点は文章の意味のまとまりを区切るためのものです。まったく使わなかったり、逆に使いすぎたりすれば読みにくい文章になってしまいます。

句読点を適切に使い、意味のまとまりで区切ることで、読みやすい文章にすることができます。

以下の文章はダメな例です。

本当に、幸せなこと、というのは、一人ひとりによって、まったく、違うものです具体的には誰かと一緒にいることで幸せになると感じる人もいるし逆に独りになることで幸せと感じる人もいるでしょう。

読んでもらえばわかるように、「、」が多すぎたり少なかったり、「。」がない個所があります。

句読点を適切に使った文章は以下のようになります。

修正

本当に「、」幸せなこと「、」というのは、一人ひとりによって「、」まったく「、」違うものです「。」具体的には「、」誰かと一緒にいることで幸せになると感じる人もいるし「、」逆に独りになることで幸せと感じる人もいるでしょう。

修正後

本当に幸せなことというのは、一人ひとりによってまったく違うものです。具体的には、誰かと一緒にいることで幸せになると感じる人もいるし、逆に独りになることで幸せと感じる人もいるでしょう。

このようにある程度の意味のまとまりで句読点を使うと、読みやすくなります。

重要なのは、句読点で句切る意味のまとまりが、長すぎても短すぎても良くないということです。読みやすい適度な意味のまとまりで句読点を使うようにしましょう。

10.接続詞を適切に使う

接続詞とは、前後の文をつなぐ役割をする言葉のことです。接続詞には以下のようなものがあります。

「そこで」「そして」「よって」「だから」「こうすることで」「しかし」「なぜなら」

他にも様々な接続詞があり、それらを使うことで文と文との関連性が明確になり、読みやすく、理解しやすい文章に仕上げることができます。

以下の文章を例にあげます。

昨日遊園地に遊びに行った。友達に誘われたからだ。そのスケジュールは自分が決めた。自分が決めると友達に言ったからだ。まず朝の10時に遊園地についた。そして、観覧車に乗った。そして、お昼時になったのでご飯を食べた。そして、またアトラクションを楽しんだ。そして、その後は無事に帰宅した。

この文章は、前半は接続詞はなく、後半は「そして」を多用しているところに問題があります。これらを読みやすくしたのが、以下の文章です。

修正

昨日遊園地に遊びに行った。なぜなら友達に誘われたからだ。そのスケジュールは自分が決めた。なぜなら自分が決めると友達に言ったからだ。まず朝の10時に遊園地についた。そして、観覧車に乗った。そして、お昼時になったのでご飯を食べた。そして、またアトラクションを楽しんだ。そして、その後は無事に帰宅した。

修正後

昨日遊園地に遊びに行った。なぜなら友達に誘われたからだ。そのスケジュールは自分が決めた。なぜなら自分が決めると友達に言ったからだ。まず朝の10時に遊園地についた。そして、観覧車に乗った。お昼時になったのでご飯を食べた。そして、またアトラクションを楽しんだ。その後は無事に帰宅した。

以上のように、接続詞を適切に使うことで、前後の文の関連性を明確にすることができ、読みやすい文章にすることができます。

11.代名詞を適切に使う

代名詞は、一度出た名詞の代わりに使うもので、以下のような言葉が代名詞にあたります。

「あなた」「彼」「彼女」「これ」「あの」「そんな」

他にも代名詞は多数あり、これらの代名詞をうまく使うことで、文章を読みやすくすることができます。

以下の文章があるとします。

昨日は田中さんから電話があった。要件は田中さんの家に行って田中さんのパソコンを修理してほしいということだ。今日は田中さんの家にやってきて、田中さんのパソコンを見ている。田中さんのパソコンはかなり古い。しかし私は修理には自信があり、田中さんのパソコンを直すことができた。

この文章に、代名詞をうまく使うことで、以下のようにスマートな文章を使うことができます。

修正

昨日は田中さんから電話があった。要件は田中さん(彼)の家に行って田中さん(彼)のパソコンを修理してほしいということだ。今日は田中さんの家(そこ)に行って、田中さんの(その)パソコンを見ている。田中さんのパソコン(それ)はかなり古い。しかし私は修理には自信があり、田中さんのパソコン(それ)を直すことができた。

修正後

昨日は田中さんから電話があった。要件は彼の家に行って彼のパソコンを修理してほしいということだ。今日はそこに行って、そのパソコンを見ている。それはかなり古い。しかし私は修理には自信があり、それを直すことができた。

以上のように、何度も出てくる同じものは「彼」や「それ」という言葉で代用することにより、とても読みやすくなります。

注意するのは、代名詞を使いすぎると逆にわかりにくくなったり、どれがどの言葉を指しているかわからなくなるので、文章が長くなる場合や同じ代名詞を使う場合は、もとの名詞で表現することも重要です。

12.同じ表現を繰り返すときは違う言葉にする

上記の代名詞を使うのは、同じ名詞ばかりだと、くどく感じて読みにくいからです。

そして、名詞だけではなく、その他の表現も同じ言葉をたくさん使用していると、しつこく感じで読みにくい文章になります。

それを防止するために、同じ表現を繰り返すときは違う言葉にすると、読みやすい文章を書くことができます。

以下の文章があるとします。

私は英語は生涯学ぶべきものであると思う。英語を学ぶと、ビジネスにおいて便利であると考えられる。また、旅行の際にも便利になると考えられ、さらに英語の本を読む際も便利であると考えられる。そして、外国の人と交流できるという点でも便利だと考えられる。

この文章では、英語の利便性について述べていますが、「便利」と「考えられる」という表現が多用されていて、かなりしつこい感じになっています。これを少し言葉を変えて以下のようにします。

修正

私は英語は生涯学ぶべきものであると思う。英語を学ぶと、ビジネスにおいて便利であると考えられる。また、旅行の際にも便利になると考えられ(役立ち)、さらに英語の本を読む際も便利であると考えられる(有効活用できるだろう)。そして、外国の人と交流できるという点でも便利だと考えられる(だろう)

修正後

私は英語は生涯学ぶべきものであると思う。英語を学ぶと、ビジネスにおいて便利であると考えられる。また、旅行の際にも役立ち、さらに英語の本を読む際も有効活用できるだろう。そして、外国の人と交流できるという点でも便利だろう。

以上のように、同じ表現を、同じ意味の違う言葉に変えるだけで、読みやすい文章に変えることができます。

文章全体もスマートに見えるため、同じ表現は適切に違う言葉に置き換えて表現するようにしましょう。

13.結論を最初に述べる序論・本論・結論方式で書く

これだけは絶対やれ!論文やレポートで守らなければならない書き方20か条の記事で、論文においては、序論・本論・結論という順番で書き、序論は結論、本論はその説明や理由づけ、そしてまた最後に結論を書くということを紹介しました。

ブログの記事においても、読者は結論を求めているので、結論を先に書き、そのあとにその説明を書き、そしてまた最後に結論を書くという方法で記事を書くと、読みやすい記事になり、読者にも伝えたいことを正確に伝えることができます。

以下は結論を先に持ってきているパターンです。

私たちが調査しているのは未確認生物「ニンゲン」の存在である。これに関して、以前の南極の調査結果で驚くべきことが分かった。調査中、一時的に南極の水温がありえないほどに上がるという現象が確認された。その時は周りの海が波打ち、地響きが聞こえた。そして、海の中の生物を探知するための装置が、南極海ではありえない大きさの生物を探知したのだ。私たちはそのとき急いで、その生物が何なのか調べようとしたが、とてつもないスピードで深海を移動して、逃げられてしまった。しかし、そのとき私ははるか遠くの方に巨大な人型の生物を肉眼で発見できた。それは遠くの方だったのではっきりとは確認できていないが、他の調査員も見たという。このことから、私たちはニンゲンが存在するのではないかという結論を下した。

以上で、話していることは「未確認生物ニンゲンの存在」についてです。読者が求めている情報はそれが存在するかどうかという結論です。しかし、その結論はこの長い文章を最後まで読まないとわかりません。

そこでその結論を先に出したものが以下の文章になります。

私たちが調査しているのは未確認生物「ニンゲン」の存在である。これに関して、以前の南極の調査結果で驚くべきことが分かった。ニンゲンは存在するかもしれないのだ。調査中、一時的に南極の水温がありえないほどに上がるという現象が確認された。その時は周りの海が波打ち、地響きが聞こえた。そして、海の中の生物を探知するための装置が、南極海ではありえない大きさの生物を探知したのだ。私たちはそのとき急いで、その生物が何なのか調べようとしたが、とてつもないスピードで深海を移動して、逃げられてしまった。しかし、そのとき私ははるか遠くの方に巨大な人型の生物を肉眼で発見できた。それは遠くの方だったのではっきりとは確認できていないが、他の調査員も見たという。このことから、私たちはニンゲンが存在するのではないかという結論を下した。

太字の部分が結論です。そのあとの「調査中、・・・」からが本論にあたり、最後の「このことから・・・」が結論になっています。

以上のように、結論を前に持ってきて読者の知りたい情報を先に伝えるようにすることで、読者はその詳しい情報の説明や根拠を知りたいと思うようになり、その先の文章をスムーズに読むことができて、文章内容も理解しやすくなります。

なので、文章を書くときは序論・本論・結論の構成に従い、内容は結論・説明・結論というようにしましょう。

14.時系列や因果関係などの前後関係を明確にする

文章は当たり前のことですが、最初の文字から最後の文字にかけて読み進めていきます。

つまり、時系列や因果関係などの前後関係を明確にして書かないと理解しにくい文章になってしまうのです。

先に書くべきものは先に書き、後に書くべきものは後に書くという当たり前のことを守ることで、理解しやすい文章にすることができます。

以下の文章を見てください。

小学生が泣いてしまった。原因は私がぶつかってしまったからだ。私がぶつかってしまった原因は私がよそ見をしていたからだ。よそ見をしていたのは珍しい車が走っていたからだ。

これでも意味が通じますが、このような文章がいくつもあるような長文であったら確実に読みにくくなります。前後関係を整えると以下のようになります。

珍しい車が走っていたので私はよそ見をしてしまった。そのせいで小学生にぶつかってしまい、その子は泣いてしまった。

以上のように文章の時系列や、原因と結果などの前後関係を整えることですんなりと理解する文章にすることができます。

文章を書くときはきちんと前後関係を整えて書くようにしましょう。

15.意味の通る文章を書く

最後に、当り前のことを書いておきますが、意味の通る文章を書くようにしましょう。

以下のような意味が分からない文章は厳禁です。

とても寒かったので冷たいシャワーを浴びて体を温めた。体が温まったところで、小鳥が突然泣き出したときに火山が噴火した。まるでこの世の終わりのような光景であり、マグマは明らかに熱いだろうが、私が大学生の頃は私はもっとモテていたと思う。

このような文章は何が言いたいのかもわからず、文章自体も意味不明です。

上記のようなまったく意味のわからない文章は普通書かないでしょうが、知らないうちに少しだけ意味がわからなくなってしまうことを書いてしまうことがあります。

そのような時は、発見次第、きちんと修正して意味が通る文章にしましょう。

まとめ

以上のことを意識して文章を書くことで、読みやすく理解しやすい文章にすることができます。

しっかりと読みやすい文章を書くことで、読者の役にも立つし、それによって多くの人に読まれることにつながるので、ぜひ以上のことを実践することをお勧めします。

最後に15個の文章術を以下にまとめておきます。

  • 文体は統一する
  • 誰でも理解しやすい言葉を使う
  • 漢字・ひらがな・カタカナ・英語を適切に使う
  • 専門用語には説明を加える
  • 短い表現や言葉を使う
  • 無駄な表現や言葉は省略
  • 1つの文が長くなるようなら文を区切る
  • 1つの文が短くなるようなら隣の文と結合させる
  • 句読点を適切に使う
  • 接続詞を適切に使う
  • 代名詞を適切に使う
  • 同じ表現を繰り返すときは違う言葉にする
  • 結論を最初に述べる序論・本論・結論方式で書く
  • 時系列や因果関係などの前後関係を明確にする
  • 意味の通る文章を書く

以上のことを意識して、ブログの記事を書くようにしましょう。