高時給だけど健康へ悪影響!心得ておくべき夜勤の3つのデメリット

夜勤というものは、深夜手当がある分、日中の仕事より高時給になります。多く稼げるということで大学生などに人気ですが、様々なデメリットもあるのです。

ましてや正社員として、夜勤での常勤になれば、もはや悪影響だらけと考えていいでしょう。短期間ならば大丈夫ですが、長期間続けることでデメリットの影響は確実に出てきます。

そこで今回は夜勤のデメリットについて紹介します。短期間では大丈夫と述べましたが、短期間でも以下に紹介するデメリットはしっかりあります。夜勤をしようと思う人はお金だけではなく、自分の体のことについてもしっかりと考えるべきです。それではどうぞ。

心得ておくべき夜勤の3つのデメリット

1.健康へ悪影響

まずは、健康への悪影響が考えられます。「時給は高いけど眠い!きつい!だるい!夜勤バイトの健康への悪影響4選」の記事で紹介したように、夜勤には以下の健康への悪影響があります。

  • 疲れが取れない
  • 仕事が終われば急激な睡魔に襲われる
  • ずっとぼーっとしたまま眠い状態が続く
  • 食欲が低下する

人間の体のリズムにおいては、太陽が出ているときは起きていて、夜になれば寝るというリズムがあります。その逆の生活をしていれば、自律神経が乱れ、以上のような悪影響が出てくるのです。

2.日にち感覚がなくなる

夜勤は日をまたいで活動します。始めたのが今日であっても、終わるのは明日になります。そして、寝ても日付は変わりません。

普通の生活リズムだと寝れば日付は変わるので、このようないつもとは違う生活をしていると、日にち感覚がなくなっています。

いつの間にか日にちが過ぎていると感じたりして、今日が一体何日の何曜日なのかがわからなくなります。人に聞かれれば混乱してしまうでしょう。

3.自由な時間がなくなる

上記で述べたように、夜勤をやると疲れが取れなかったり、猛烈な睡魔が襲ってきます。普通の日中の仕事ならば、午後5~7時くらいに終わり、そこから仲間と飲みに行くかなんでこともあるでしょう。

夜勤は日勤と働く時間が同じだとしても、その疲れの度合いが違います。そのため、かなり眠らなければなりません。しかも日が出ているときに寝るので、浅い睡眠になるでしょう。

これを繰り返していくうちに、仕事では疲れ、後は寝て、また仕事に行くというような単調な生活になります。結果的に自由な時間がなくなるのです。仕事をしているか、疲れ切って寝ているかのどちらかでしょう。

普通に日中に働いている友達とも遊べなくなるので、プライベートでの人間関係というものも難しくなります。

まとめ

以上が夜勤のデメリットです。普通は寝る時間に働くということは様々な乱れを起こします。それは自分の健康だけではなく、他の人との生活リズムも違うことにより、人間関係など外部のことにまでも影響が及びます。

病院などに行く際も、日中に無理やり体を起こさなければならないでしょう。様々なデメリットがあるので、夜勤をやる人はしっかりとそれを心得て、十分に把握したうえでやることを決めた方が良いです。

確かにお金は儲かるでしょうが、健康と時間が損なわれます。自分にとって一番いい結果になるような働き方をすることをおすすめします。