ワイヤレス最強!Bluetoothの無線イヤホンがおすすめの4つのメリット

音楽を聴く際にに欠かせないのがイヤホン・ヘッドホンです。耳全体が音楽で包まれて臨場感を味わうことができ、公共の場でも周りに迷惑をかけることがありません。

そして、最近では無線通信であるBluetoothを使ったワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが登場しており、これがかなり便利なのです。

そこで、今回はワイヤレスイヤホンのメリットについて紹介します。スマホなどで音楽を聴く人はぜひ所持してくべきです。それではどうぞ。

Bluetoothの無線イヤホンがおすすめの4つのメリット

1.コードが短いので絡まらない・断線しにくい

無線通信を行うため、プラグに差し込むコードが必要なくなります。そのため、Bluetoothのイヤホンは首にかかるだけのコードの長さとなり、短くなっています。

それによって取り扱いが楽になり、絡まりにくくなります。さらに、絡まりにくくなることで、イヤホンの断線がしにくくなるのです。

かなり使いやすく、しかも故障もしにくいので、とても便利なものです。

2.長さを気にしていちいち外さなくていい

また、有線のイヤホンだとプラグに差し込んであるので、身動きできる範囲に限界があります。そのため、プラグを差しているスマホをカバンにしまう時や、パソコンで使っているときにちょっとトイレに行きたい時など、外す必要があるでしょう。

しかし、Bluetoothのイヤホンはワイヤレスなので、自分の体と一緒に動き、身動きが制限されません。パソコンで音楽を聴いているときも、ちょっとトイレに行きたいというときでも、イヤホンをいちいち外さないで済みます。

また、有線だとイヤホンしたまま動くと引っ張って断線してしまうなんてこともあるでしょうが、無線イヤホンであればその心配はありません。

3.ジョギングでも問題ない

また、音楽を聴きながらジョギングをする人もいるでしょうが、その際は音楽プレーヤーをポケットに入れて、そこからイヤホンのコードを自分の耳まで持ってくる感じとなります。

しかし、それではコードが邪魔で、どこかに引っかかってしまう可能性もあるでしょう。そこでワイヤレスイヤホンが便利なのです。

Bluetoothのイヤホンならば、耳にかけているだけで音楽を聴くことができます。邪魔なコードもないので快適にジョギングできるでしょう。

4.ドライブ中に電話できる

さらにワイヤレスイヤホンであれば、ドライブ中にもその利便性を発揮します。電話がかかってきた際は、運転中は電話を持てば危険になります。

有線のイヤホンでつなげたとしても、距離が限られてくるので電話しにくくなる場合もあるでしょう。しかし、無線ならばそんなことは気にする必要はありません。

通信できる範囲ならば、ポケットに入れておいても通話することが可能です。つまりドライブ中に簡単に電話できることになります。

スマホで音楽を聴いているときに電話がかかってくれば、そのまま対応できます。邪魔なコードもないので、スムーズな運転も可能になるでしょう。

まとめ

ワイヤレスのイヤホンの一番のメリットとしては、邪魔なコードがなく、身動きが自由にできるという点です。いちいち端末とイヤホンのつながりを意識しなくていいので、快適な音楽視聴などができます。

断線もしにくく、絡まりにくいので耐久性もあるでしょう。私はBluetoothのイヤホンに変えてみて、かなり快適になりました。

イヤホンをスマホやパソコン、その他音楽プレーヤーなどで頻繁に使う人ならば、ワイヤレスのBluetooth対応イヤホンを使ってみてはどうでしょうか。かなり便利です。

個人的なおすすめとしては、「BackBeat GO2」です。かなり使いやすくて音質が良く、コスパは最高に良いため、ぜひ使ってみることをおすすめします。