きつい夜勤が嫌なら早く転職するべき!体を壊して早死にしてしまいすよ

きつい夜勤が嫌なら早く転職するべき!体を壊して早死にしてしまいすよ

夜勤といえば、高給の仕事で有名ですよね。バイトでも正社員でも、夜勤手当がつく分、日勤よりも給料が高いというポイントが魅力的です。

  • 深夜のタクシードライバー
  • 夜勤専従の看護師
  • 深夜のトラックドライバー
  • 工場の夜勤勤務

など、夜勤の仕事は数多くあります。

しかし、給料が多めにもらえるのはいいものの、だんだんと、夜勤がきつくてつらいと感じるようになる方はとても多いです。もう嫌になるくらい毎日がきついと感じることもあるでしょう。

もしもあなたが夜勤勤務でこのような悩みを抱えているのであれば、それは早く転職をするべきサインになります。夜勤による大きな負荷が体にかかっている証拠で、そのまま働き続ければ取り返しのつかないことになりかねません。

そこで、この記事では夜勤がきつい・嫌だと悩んでいる方への、転職へのススメやアドバイスを紹介します。それではどうぞ。

夜勤は体を壊して早死にをもたらす要因の1つ

まず最初に理解しておいてほしいことが、夜勤は危険だということです。夜勤という働き方は、本来の人間の生活スタイルからは、大きくかけ離れたものです。人間という動物は、太陽が上がっているときに活動し、日が出ない夜には寝る生き物です。体の仕組みがそのようなサイクルを刻むように作られています。

しかし、夜勤の仕事をすることで、そのサイクルとは真逆の昼夜逆転生活を送ることになります。そうすると、どうなるでしょうか。体の体内時計が狂ってしまい、自律神経やホルモンバランスなどが大きく乱れるようになります。

その結果、いろんな体調不良や病気を引き起こす結果になるのです。また、肉体的なものだけではなく、うつ病などの精神病も発症する危険があります。つまり、心身ともに壊れやすくなり、その結果として早死にしやすくなります。

「きつくても、もうある程度慣れたから大丈夫!このまま続けられる」などと油断してはいませんか?上述したように、そのまま働き続ければ取り返しのつかないことになりかねません。

下記のランキングを見てください。

【早死にする職業ベスト10】
1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

これは、早死にする職業のランキングですが、5位に看護師、6位にタクシー運転手、10位にトラック運転手など、夜勤の多い職業がランクインしています。このように、実際のデータとしても、夜勤は早死にしやすいという結果があります。

実際に、あなたの体も悲鳴を上げてはいないでしょうか?

  • ずっとだるい感じが続く…
  • 髪や肌がボロボロ…
  • 体全体の調子が良くない…
  • 寝ても疲れが取れない…
  • 元気が出ずに、ブルーな気持ちになりやすい…

もしも、このような体調不良が続いているのであれば、非常に危険な状態になります。そのまま働き続ければ、確実に近々体を壊すことになるでしょう。

自分を大切に!体を壊してまで働くべき仕事なんか存在しない

「でも、仕事だから続けなくちゃ…」なんて責任感を感じてなかなか辞める決心がつかないという方も多いでしょう。このような責任感は、まじめすぎる人や自信のない人が抱きがちですが、そんな責任感は捨ててください。いわば、無意味な責任感です。

確かに、仕事はひとりの大人として責任を持って勤めるべきものです。しかし、体を壊すとなれば別の話になります。この世の中に、体を壊してまでやり続けなければいけない仕事なんか存在しません。

なぜならば、仕事とは生きるために行うものだからです。生活、そして人生そのものをハッピーにするためのものです。しかし、夜勤で体を壊してまで働くとなれば、寿命を削ってまでして、まるで働くために生きているようなものです。

「自分と仕事、どちらを優先するべきか?」と問われれば、おそらく「仕事だ」と答える方は多いでしょう。しかし、それは仕事ができる状況下にある場合のみです。自分自身の体・精神が壊れつつあるのにも関わらず、そんな状況でも「仕事の方が大事だ」なんて言っていられないはずです。

体を犠牲にしてまでも働くのであれば、それはただの働くためだけに生まれたロボットになってしまいます。そんな本末転倒の結果になってしまえば、働く意味がありません。ホームレスで自給自足した方がよっぽどマシです。

仕事はあなたの自由に選んでいいものです。上司の避難や世間の価値観なんか無視してください。あなたは奴隷ではないので、労働に義務も強制もありません。すべて自分の意思で選ぶことができます。そのため、どんなに重要で責任のある仕事でも、自分が滅入ってしまうのであれば、自分のことを最優先に考えるべきです。

繰り返しになりますが、寿命を削ってまで働くべき仕事など存在しません。たとえ、給料がたんまりもらえても、それで寿命が縮めば意味がありませんからね。「仕事はやり続けなければならない」なんて考えている方は、そんな腐った責任感はさっさと取り去らうようにするべきです。もっと自分を大切にすることを考えてください。

日勤のみの仕事に少しでも早く転職をするべき

さて、ここまで読んで、夜勤の危険性、そして自分のことを優先するべきだということをご理解いただけたでしょうか。そうであれば、早く夜勤を辞め、日勤の仕事へと転職するようにしましょう。

昼に働き、夜は寝るというサイクルが本来の人間としてあるべき働き方になります。日勤の方が求人は多くありますし、夜勤と同じくらいに待遇の良い日勤の仕事も多いです。

そもそも夜勤というものは、体力のある若いときだけにしかやるべきものではありません。体力が低下してくる20代以降の人には確実に害しかありません。ましてや、それを長年続けるとなれば、死へのカウントダウンを自分で刻んでいるようなものです。

今のつらい夜勤を辞めて転職するとなると、上司や社長に無責任だと非難されることもあるででしょう。しかし、そんなのは気にしないようにしましょう。そんな輩は、あなたを利益製造マシンとしてこき使おうとしているだけのゲス野郎です。

先ほども説明しましたように、あなたは自分自身を最優先していいんです。仕事も自由に選ぶ権利があります。夜勤を続ければ確実に寿命は縮まりますし、今現在つらいと悩んでいるのであれば、あなた自身がその危険性を身に染みて実感しているはずです。

転職は不安にもなりますが、夜勤を続けて早死にするのに比べれば、確実にマシであるのは明確です。変化を恐れず、周囲のことは気にせず、自分を一番大事に考えて行動するようにしてみてください。

転職成功のために転職エージェントの活用がおすすめ

さて、「転職で成功できるかどうか不安…」だと考えている方も多いでしょう。そこで、転職成功のためにも転職エージェントを活用することがおすすめになります。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にぴったりの転職先を提案してくれます。「○○の仕事で日勤のみがいいです」と相談すれば、つらい夜勤のない日勤専従の仕事だけを紹介してくれます。

また、内定をもらいやすくするための書類・面接対策も行ってくれます。合格しやすくなるためのアドバイスをしてもらえますので、「希望の転職先に受かるか不安…」という方でも安心です。

転職エージェントを使えば、スムーズに転職を成功をさせることができますので、早めに転職先を見つけて嫌な夜勤とはおさらばするためにも、ぜひ活用することがおすすめになります。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA