会社を辞めてからの退職後の転職活動を成功させるコツ!ブランク期間に注意

退職後の転職活動は、在職中のような会社の仕事の負担がないので、十分な時間をたっぷり転職活動に使うことができます。じっくりと求人を眺めて自分に希望と照らし合わせるなど、転職活動に集中できるメリットがあります。

しかし、「転職活動は在職中と退職後のどっちがいい?メリット・デメリットや決め方のコツ」の記事でも紹介したように、会社を辞めてからの転職活動はブランク期間が空いてしまうというデメリットも存在します。

職に就いていない空白期間が空くほど、転職の面接では、「君は退職から少し期間が空いているが、何をしていたんだね?」と思われていまい、不利になってしまうでしょう。もちろん、真面目に転職活動を行えば、ブランク期間が空きすぎる心配はありません。ブランクを空けてしまう多くの方は、怠惰が原因によるものです。

しかし、まじめに転職活動を行っていても、数か月もの間、なかなか内定がもらえないとなると、それだけ空白期間が生じてしまうことになります。面接でブランクについて聞かれ、「その間はずっと転職先を探していました」と答えても、「そんな長い期間内定をもらえないとなると、この人は何か問題があるんじゃ…」とあまり良くは受け入れてもらえません。

なので、退職後の転職活動は、ブランク期間が空かないように、できるだけ早く内定をもらえるように行動するべきです。そこで、この記事ではそのための成功のコツについて紹介します。退職後の転職活動で不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

会社を辞めてからの退職後の転職活動を成功させるコツ

1.在職中にも少しだけ転職について準備しておく

あなたが退職後での転職活動を考えているのは、おそらく在職中は仕事が忙しすぎて転職活動ができないからでしょう。仕事が忙しいほど、在職中での転職活動は負担になりますので、会社を辞めてからというのは良い選択肢になります。

しかし、転職活動の0から100まですべてを退職後に行うというのはNGです。退職後にやるべきことが増えるほど、それだけ時間を要することになってブランク期間の原因になりやすいですからね。

そのため、それほど労力のかからないものは、在職中の間に準備しておくといいでしょう。例えば、転職先の条件を決めることは、在職中でも少しの空き時間があればできるはずです。

  • 場所
  • 業種・職種
  • 年収
  • 残業時間
  • 福利厚生

など、いろいろとあなたが望む条件があるはずです。それらについて考えておくといいでしょう。

他にも、必要な書類を購入しておくなど、ちょっとした時間でできることは、在職中でも空き時間を活用して準備しておくことがおすすめです。そうすれば、会社を辞めてからはスムーズにメインとなる活動ができるでしょう。

2.初任給までに必要な生活資金を確保しておく

ブランク期間のデメリットは転職で不利になるだけではなく、その期間中に給料がもらえないというデメリットも考慮しておく必要があります。

たとえ、1発で内定をもらえたとしても、面接や入社のスケジュール調整で時間がかかってしまいますし、初任給までの期間も収入源がないことになります。

そのため、それまでの生活資金を確保しなければいけません。在職中に転職をするための資金を貯めておいたり、会社を辞めてからの転職活動の間を縫って、短期間のバイト等で稼ぐ必要があります。

そのような転職活動資金も考慮に入れたうえで、転職活動の計画を立てておくようにしましょう。転職しようと思ったけどお金が足りないなんて事態になれば、元も子もありませんからね。

3.だらけるのはNG!全力で転職活動を行う

会社を辞めてからの転職となると、毎日の労働から解放されるので、とても心地よい気分になるはずです。「仕事のない平日はなんて気楽なんだ!」と、激務の会社に勤めていた人ほど、感動してしまうはずです。

その解放感から、「退職後の数日くらいはのんびり休んで、それから転職先を探そう」なんて考えに至る方も出てくるでしょう。しかし、それはNGになります。怠惰の原因になります。

人は基本的に楽を求める生き物なので、ひとたび楽を感じてしまうと、そこからなかなか抜け出せなくなってしまうのです。「あとしばらくしたら…」ということを繰り返すようになり、気が付くとブランク期間が生じてしまうなんてこともあります。

そうなると、転職では不利になってしまいます。しかも、自分のだらしなさが原因ですから、カバーしようにもしきれませんよね。

そうならないためにも、退職後の転職活動は毎日を全力で過ごすようにしましょう。せっかく時間がたっぷりあって転職に集中できるので、そのメリットをしっかりと活かし、毎日を転職のために頑張るようにしてください。それが、ブランクを空けずに早めに内定をもらうための一番の方法になりますね。

4.「ココ!」と決めたら、素早く行動に移す

良い転職先を見つけたとしても、「本当にここでいいのかな…」と、躊躇してしまう方もいるはずです。中には、だらけ癖があって、「あと数日したら応募しよう。別に今じゃなくてもいいんだし…」というように、先延ばしにする方もいると思います。

当然ですが、そんなためらいも先延ばしもすべてNGです。それだけ早く転職先を決めれないということになり、どんどんブランクの空く原因になります。「また今度に…、また今度に…」にと繰り返しているうちに、時間が経ってしまいます。

もしも、転職の良い求人を見つけたのであれば、迷わずすぐに応募しましょう。いろんな求人を吟味して絞ることができたのであれば、そこがあなたにとって働きやすい転職先のはずです。「ココだ!」と決心したら、すぐに行動に移すようにしてください。

「他にもライバルがたくさんいる」「早くしないと応募を締め切っちゃう」と考えることがおすすめです。そうすれば、早く行動できるでしょう。それに、本当にライバルが多かったり、明日には応募を締め切る可能性もなくはありませんからね。

常に危機感を抱き、決断したのであれば迅速に行動すること。これが退職後の転職活動における成功のコツになります。

5.転職エージェントを活用する

ここまで読んで、退職後の転職活動を成功させるには、行動力がとにかく必要だということが分かったはずです。行動力さえあれば、ブランク期間を空けることなく、できる限り早く転職をすることができますからね。

しかし、中には本当に自分に合う転職先が見つからないで悩む方もいたり、採用試験にいつも受からなくてなかなか内定をもらえないという方も多いでしょう。転職はやはり難しいもので、どんなに頑張ってもうまくいかないことも多いです。それでは、不本意にブランクが空いて、さらに転職の成功率は下がってしまいますからね。

そこで、そうならないためにも、転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが転職活動を無料でサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、カウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件に適した転職先を紹介してもらえます。キャリアアドバイザーは企業の雰囲気などの内情にも詳しく、「思ったのと違った…」なんてミスマッチの転職失敗も防ぐことができます。また、親切に書類・面接対策も行ってくれますので、採用試験の合格率をアップできるはずです。

転職エージェントの助けがあれば、転職の成功率がグッと上がるようになります。退職後の転職活動でも、ブランク期間を空けることなく、できるだけ早く転職先を決めることができるはずです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA