在職中の転職活動は退職日・入社日までの期間を把握しておくべき!勤務開始日は遅くなるので入社時期までの猶予は必須

在職中の転職活動は退職日・入社日までの期間を把握しておくべき!勤務開始日は遅くなるので入社時期までの猶予は必須

在職中に転職活動を行うとなると、仕事のない時間をうまく活用しながら転職活動を進めなければいけません。スタートから内定ゲットのゴールまでは、少なからず時間がかかってしまうものです。

そして在職中だと、時間がかかるのは転職活動中だけではなく、実際に内定を獲得してから入社するまでの間にも、退職までに必要な時間がかかるようになってきます。つまり、勤務開始日は、すでに退職している人に比べてどうしても遅くなってしまいます。

転職の内定が決まってからどれくらいの期間で勤務開始できるかは、転職の合否を分けることもあるくらい重要です。特に、在職中の転職活動においては時間がある程度かかってしまうので、しっかりと考慮したうえで転職活動を進めていく必要があります。

そこで、この記事では退職日・入社日までの期間を考慮することの必要性や、それを踏まえたうえでの転職成功のコツについて紹介していきます。それではどうぞ!

在職中の転職活動では、内定から退職日・入社日までに必要な猶予をあらかじめ考慮しておくべき

最初に、なぜ在職中の転職活動は入社日までの猶予をあらかじめ考慮しておくことが大切なのか、その理由や必要性について理解しておきましょう。

入社まで時間がかかることを嫌う企業も多い

企業が中途採用で欲しがる人材は、基本的には即戦力として活躍できる人材です。そして、求人の募集をかけているということは、今すぐにでもそのような人材が欲しいということです。

しかし、戦力として使えるぴったりの人材が現れたのはいいものの、内定から入社日までにかなりの時間がかかるとどうなるでしょうか。「今すぐにでも即戦力として働いてほしい」と願う企業ほど、それを嫌に思うはずです。

そうなると、「うちはすぐに働ける人が欲しいから、すぐに働けないんなら他の人に頼むようにするよ」ということになり、採用をしぶしぶ断られてしまいます。企業もせっかくほしい人材が現れたにも関わらず採用できないし、あなたも内定がもらえないということで、Lose-Loseな最悪な状態になります。

勤務開始日までの目安の把握は、求人選びと面接の段階で特に重要

だからこそ、勤務開始日までにどれくらいの期間がかかるか考慮しておくことは大切になります。特に、求人選びと面接において重要です。

求人を選ぶ際には、すぐに入社できる人だけを募集しているところも多いです。「急募」「すぐに働ける方募集」「1か月以内に勤務開始できる方募集」なんて感じの求人内容です。

もしも、あなたが内定から入社日までに2、3か月もかかるようであれば、このような求人を受けたところで、いくらスキルや実績を伴っていても採用されません。受けるだけ無駄足で、自分が勤務開始できるまでの期間を待ってくれない求人は、あらかじめ省くようにすることが必要になります。

また、面接の際には、「いつから働けますか?」なんて聞かれることもあります。その際に、具体的な回答ができないと、猶予をくれる企業でも、「いつになるかわからないなんて、なんか心配だなあ…」と思われて不採用にされてしまう恐れがあります。

入社時期までに必要な期間を具体的に把握するには?

以上のように、入社までどれくらいの期間がかかるかきちんと把握しておかないと、その期間がネックとなって不採用続きになるなんてことも多いです。そこで、具体的にどれくらいの猶予が必要か把握しておくことが必要です。

そのために、以下の3つの点を考慮して考えてみるといいでしょう。

就業規則による退職までに必要な期間

就業規則では、「退職届は1か月前に提出すること」というように定められているはずです。退職届は内定が決まってから提出するので、この時点で最低でも1か月は必要になります。

仕事の引継ぎ完了にかかる期間

仕事を辞めるとなれば、後任に支障が出ないように引継ぎをしなければいけません。担当している業務によって必要期間は異なるでしょうが、どれくらいかかるか目安を計算しておくようにしましょう。

退職・転職に伴う個人的な都合に必要な手間

Uターン転職など、退職・転職に伴って引越しなどの個人的な都合の時間も必要になるなんて場合には、その期間もしっかりと考えておくようにしましょう。

これらの期間がどれくらいかかるのか、わかる範囲でいいので計算して、具体的な日数・月数を把握しておくようにしましょう。こうすれば、面接や入社日交渉でも具体的に答えることができます。

入社時期や勤務開始日までの期間を考慮した求人選びのポイント

さて、面接では、以上の点を考慮した期間の目安を説明すればいいだけですが、問題は求人選びになります。求人を見ただけでは、自分が入社までに必要な期間の猶予をくれるかどうかなんてわかりませんからね。そこで最後に、求人選びのポイントについて紹介していきます。

「在職者歓迎」などの内容の求人がおすすめ

まず、前述しましたが、「急募」「すぐに働ける方歓迎」などの求人は、すぐさま入社して働ける人を募集しているので、勤務開始日や入社時期が遅れる在職中の方は受かる可能性は少ないです。

そのような求人は避けるべきで、できるだけ「在職者歓迎」「入社日相談OK」などの内容の求人がおすすめです。このような求人であれば、在職中で入社までに時間がかかることをしっかりと考慮してくれるので、それだけの十分な猶予をもらうことができます。

不安なら応募する前に問い合わせる

しかし、中にはどれくらいの期間で入社できる人がほしいか書かれていない求人も多いはずです。そのような求人の会社は実際に受けてみなければわかりません。

とは言え、やはり無駄な手間はかけたくないので、できる限り応募前に問い合わせてみるといいでしょう。「入社までに〇か月かかるのですが、大丈夫でしょうか?」という感じで問い合わせれば、その可否を教えてくれるところもあります。

「厳しいですね」なんて言われればあきらめ、可能そうな返事であれば応募して受けてみるということがおすすめです。

転職エージェントを利用する

しかし、わざわざ企業に問い合わせをするなど面倒ですよね。在職中で忙しいのであれば、余計な負担になります。できれば、ピンポイントで、入社日までに猶予をくれる求人を見つけたいものです。

そこで、転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれます。在職中で、入社までに時間が必要なことを伝えれば、それでも大丈夫な求人をあなたの希望に合うようにピックアップしてくれます。

また、入社日の交渉を代わりに行ってくれますので、いくらか融通を利かせることも可能で、本来は無理な会社でも採用してくれる可能性もあります。

さらに、書類・面接対策も指導してくれます。どんな志望理由や自己PRにすれば合格しやすいかアドバイスしてくれますので、合格率はグッとアップするようになります。

このように、転職エージェントを利用すれば、在職中でも猶予をくれる求人がすぐにわかりますし、転職成功率もアップします。転職活動の手間も削減できるため、在職中でも無理なく仕事と転職を両立できるメリットもあるので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<