空白期間やブランク期間がある場合でも転職活動を成功するには?ブランクありでも転職は十分に可能です

「転職をしたいけれども、空白期間・ブランク期間があって成功できるかどうかわからない…」なんて悩んではいませんか?

職歴に空白期間があると、確かに転職は不利になってしまいます。それだけ仕事から遠ざかっていた証拠になり、「入社しても続かないんじゃ…」なんて思われてマイナスな印象を与えがちです。

しかし、ブランクありでも転職は可能になります。そこで、この記事では、空白期間やブランク期間がある場合の転職活動の成功ポイントについてこの記事では紹介していきたいと思います。職歴・経歴の穴に悩んでいる方はぜひ一読してみてください。それではどうぞ!

ブランクありは転職に不利だが、マイナスに評価しない企業もある

冒頭でも紹介したように、ブランク期間や空白期間がある場合には、確かに転職は不利になる傾向にあります。無職期間が続いていたということで、ビジネスパーソンとしてのスキル・実績は同年代よりも劣る気候にありますし、何よりも仕事やキャリアにまともに向き合っていないと思われがちです。

それゆえ、実際にブランクありというステータスをマイナス要素として見なす企業は多い傾向にあります。下記の図を見てください。

「中途採用において、転職回数と在職期間において、選考要素とするもの」を調査した回答結果

これは、複数の企業に「転職回数と在籍期間について、どのようなものを選考要素とするか?」ということを調査した結果になります。この結果からわかるように、ブランク期間は53%もの企業がマイナス要素として選考要素に取り入れる傾向にあります。

半数という数はかなり多いものです。それに、残りの半数がブランク期間をまったく気にしないかというとそういうわけでもないでしょう。いずれにせよ、多くの会社でマイナスな印象・評価の要因になってしまうものです。

しかし、中には「転職回数や在籍期間は選考要素としない」と回答している企業もあります。それについて、下記の図を見てください。

転職回数や在職期間を選考要素として考慮しない理由

これは、「転職回数や在籍期間は選考要素としない」と回答した企業に、なぜ選考要素としないのか調査した結果です。「仕事は別だから」「仕事をやってくれれば問題ない」という意見も多いです。

つまり、ブランクや空白期間をマイナスとして評価する企業は多いものの、それを評価対象に入れない企業もあります。そこにブランクがある場合の転職の勝機があります。そのような企業をターゲットにすることで、ブランクありでも転職は成功させることができるようになります。

空白期間やブランク期間がある場合の転職活動なら、求人選びがポイント

では、ブランクや空白期間をマイナスとして見ない企業へ転職するにはどうすればいいか。それにはやはり求人選びがコツになります。

人材不足の業界や中小企業の求人が狙い目

どんな企業もできる限り優秀な人材を求めるものです。しかし、それは働き手に余裕がある場合で、人手不足に陥っているのであれば人材選びにこだわっている余裕などはないはずです。

猫の手も借りたいくらいに切羽詰まっており、「とにかく仕事さえしてくれればいい」なんて会社であれば、たとえブランクや空白期間がある人でも採用する可能性が高くなります。つまり、ブランクありの求職者はそのような人材不足の業界や企業をターゲットにするべきでです。

業界としてみれば、介護や飲食、IT、ビルメンあたりが慢性的な人手不足に陥っています。そして、会社の面で注目してみれば、替えが効くたくさんの従業員がいる会社よりも、社員の少ない中小企業や零細企業の方が人手不足になっている傾向が高いでしょう。

まずは、そのあたりに狙い目を定めてみてください。「職歴不問」「ブランクOK」などの求人があれば、それは絶好のターゲットになります。

前職のスキルや実績も活かせるところもおすすめ

中途採用はできるだけ即戦力を採用したいと企業は考えます。そのため、以前働いていた職場で活かせるスキル・実績を活用できる業種・職種を選ぶこともおすすめです。

その会社が人手不足に陥っていたとすれば、あなたはまさに救世主です。ブランクなんか評価としてはすっ飛ばされ、そのスキル保持のステータスが重宝されて採用されるはずです。

それに、必ずしも人材不足に陥っていないところだとしても、そのスキルを買って採用してくれるところもあります。

特定の仕事能力やビジネスステータスが身についている場合には、同業種や同職種をターゲットにすれば、求人の選択肢の幅はグッと広がります。

応募基準の緩い会社はブラック企業も多いので要注意

ただし、応募基準の緩すぎる会社には注意しておいてください。職歴不問・ブランクOK・学歴不問・残業なし・ノルマなし・高収入なんて求人があれば、かなりのお宝求人であることは間違いありません。職歴に空白期間がある方だと、すぐに飛びついてしまうでしょう。

しかし、甘い蜜には毒があるものです。そのような好条件・好待遇の求人はブラック企業である可能性が高いです。そんな会社が本当にあれば、大人気で常に人では足りている状態のはずです。しかし、それでも求人を募集しているということは、矛盾していますからね。

ブラック企業は求人内容を偽り、超優良のホワイト企業のような内容で募集をかけます。しかし、いざ入社してみると、高収入と書いてあったのにかなりの薄給であったり、残業なしと書いてあったのに毎日がサビ残地獄なんてことがあります。そうなってしまえば、社畜としてこき使われるだけの労働地獄の門をくぐってしまうようなものです。

だからこそ、美味しすぎる求人には注意してください。そのようなハズレ求人を選ばないコツはあとで紹介します。その前に、面接のポイントについて確認しておきましょう。

空白期間やブランク期間がある場合の面接のポイント

空白期間やブランク期間がある場合の最大の難所は面接です。どのようにブランクの理由を説明すればいいかということに誰もが悩んでしまうはずです。

ブランクの理由や職歴の嘘はNG

中には、面接でブランクの理由を嘘で話したり、履歴書や職務経歴書ではブランクがなかったことにして詐称するなんて輩もいますが、そのような愚かで卑劣な行為は絶対にNGです。

人としてあり得ませんし、何よりも簡単に見抜かれてしまいます。ブランクをごまかそうとする人は面接官を甘く見過ぎです。採用担当者は採用のプロです。求職者の嘘など簡単にあばいてしまいます。

たとえば、できる限りマイナスに見られないように介護や資格の取得を理由に嘘をついても、具体的にどんなことをしていたか問われれば、言葉に詰まってしまうでしょう。職歴詐称も同じことが言えます。

少しでも怪しい素振りや曖昧な説明であれば、面接官はその真実を疑い、具体的な説明を求めてきます。圧迫をかける方もいるでしょう。そうなれば、嘘はバレて確実に不採用となりますので、絶対に嘘はつかないようにしてください。

ブランク・空白期間の理由はマイナスに見られないように説明する

では、ブランク・空白期間の理由はどのように説明すればいいのか。介護や病気、留学、資格取得など妥当な理由がある場合には、それをそのまま伝えれば大丈夫です。

しかし、転職活動をサボっていてブランクが空いてしまったなんて場合には、「転職活動に身が入らずに長期化してしまいました」なんて素直に言ってしまえば、どんな会社も採用してくれません。

そのようなマイナスに評価される理由は、できるだけプラスなポジティブな理由へ変換させましょう。きちんと仕事やキャリアへ向き合っていたということを示せば問題ありません。

たとえば、「自分自身のキャリアについて改めて向き合うようになり、その方向性を探るのに情報収集をしていたので、その時間だけ転職活動が長引いてブランク期間が生じてしまいました。」なんて感じですね。

どんな企業も仕事に真剣に向き合っている人を採用したいものです。たとえ、空白期間があったとしても、その間に自分のキャリアについて真剣に考えていたのであれば、マイナスには評価しません。

あとは仕事へのやる気さえ示せばOK

そして、ブランクのマイナス評価さえ防ぐことができれば、あとは仕事へのやる気と熱意を伝えればいいだけです。上述したように、ブランク期間を気にしない企業は「しっかりと仕事をしてくれさえすればいいから」という理由が多いです。

そうであれば、真剣に仕事へ向き合う姿勢をアピールすれば、それに採用担当者は納得してくれて内定をくれるでしょう。

その会社の職務内容に魅力を感じた部分や、あなたの仕事への興味や気持ちなどを、強くアピールしましょう。そうすれば、「この人は仕事への意欲がある!」とプラスに評価されて、ブランクありでも採用される可能性は高くなります。

しかし、やはり面接での上手なアピールがうまく思いつかないという方も多いでしょう。それに、前述しましたように、ブランクありでも入社可能な求人はブラック企業が多いです。ブランクありでも働ける優良企業を見つけることが必要ですが、なかなか自力では見極めが難しいです。

これらの点から、ブランク期間のある転職は困難を極めることは間違いないので、転職エージェントを利用してプロのサポートを受けながら転職活動を進めるべきです。

ブランクありでも優良企業へ転職を成功するには、転職エージェントを利用しよう

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、あなたの経歴や希望条件にマッチした会社を紹介してくれます。取り扱っている求人は優良企業ばかりなので、求職者をカモにするようなブラック企業に引っかかってしまう心配はありません。ブランクありでも入社可能な優良企業を見つけることができます。

また、書類・面接対策もサポートしてくれます。職歴に空白期間があっても、その理由や志望動機をどう説明すれば合格をもらえるか丁寧に指導してくれますので、希望の企業への合格率は大幅に上昇します。

転職エージェントを利用すれば、ブランクありでも入社できるホワイト企業を探し出せますし、面接もうまくこなせるようになるので、転職成功率はグッと上がるようになります。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA