転職でブランク期間や空白期間をごまかすのは絶対ダメ!嘘や職歴詐称はバレるのがオチ

転職でブランク期間や空白期間をごまかすのは絶対ダメ!嘘や職歴詐称はバレるのがオチ

転職をする際には、職歴の空白期間やブランク期間はマイナス要素として評価される傾向にあります。無職の状態があった人よりかは、普通に働き続けている人の方を採用したいのは当然のことです。

そのため、ブランク期間や空白期間がある人は、なぜ無職状態が長引いたのか、その理由の説明に困ってしまうという方も多いでしょう。介護や勉強などのきちんとした理由があれば問題ありませんが、「つい転職活動をだらけてしまった」ということで発生したブランクはマイナス要素しかありませんからね。

そんな怠惰が原因のブランクだと、確実に転職は不利になってしまいます。それゆえ、マイナスに評価されないためにブランク期間の理由を嘘でごまかすことを考える方も多いです。中には、そもそも空白期間がなかったことにして職歴詐称を行うなんて方もいるものです。

しかし、そんな嘘や職歴詐称は絶対にやってはいけません。ほぼ間違いなく不採用になると言っても過言ではないでしょう。

そこで、この記事では、なぜブランク期間・空白期間をごまかすのがダメなのか、その理由とどうすればいいかについて紹介していきます。ブランクを抱えて転職に不安があるという方はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

転職でのブランク期間や空白期間の嘘・職歴詐称はバレるのがオチ

なぜ、ブランク期間や空白期間をごまかすべきではないかというと、それはバレるのがほぼ確実だからです。「ブランクがマイナスに評価される?だったら嘘でごまかせばいいじゃん!」なんて短絡的に考えている方は、人事や面接官を舐めすぎです。

面接官である採用担当者は、これまでに何百人もの求職者の面接を行っている採用のプロです。その経験とスキルから、人材を見極める力は誰にも劣りません。この求職者の言っていることは本当か、働く意思は本物か、うちの会社で活躍できるかなど、人材を見極める選球眼が身についています。

それに、採用面接ではほとんどの方が自分を良く見せようと誇張や嘘を使うので、常に疑いの目をもって本物の優良人材を見抜こうとします。そうなれば、嘘はやごまかしは通じません。よほどあなたが口達者でない限り、嘘をつきとおすのは不可能です。

少しでも怪しいところや曖昧な部分があれば、そこをピンポイントで狙われて、具体的な内容を説明するように圧迫質問されます。「資格を勉強してました」などの嘘は当然詳しく説明できないので、簡単に見抜かれます。職歴詐称も同じくです。

もちろん素人の面接官もいますが、必ず熟練の面接官も含めて面接は行われます。嘘をつけば、そこで100%不採用は確定です。バレるのは目に見えているので、そんな無駄なあがきは考えないようにしましょう。そもそも、せこい卑劣なものですからね。

ブランク期間の理由はマイナスに評価されないようにポジティブに語る

では、どうすればいいのか。もちろん、正直に説明するということになります。介護、病気、資格勉強などのまっとうな理由であれば、それをそのまま正直に説明すればマイナスに見られることはありません。

しかし、ブランクをごまかそうとしている方の多くは、転職活動をだらけたことが原因でブランクが発生してしまった方が多いでしょう。もちろん、それを正直に説明すれば確実に不採用になります。どんな会社も、「転職活動をだらけて空白期間が空きました」なんて人は採用したくはありませんからね。

そこで、できるだけマイナスに評価されないように、ポジティブに理由を語ることがおすすめです。たとえば、キャリアについて深く向き合って考えており、そのリサーチをしていたことで転職活動が長引き、ブランクが空いてしまったということをアピールするなんてのがいいでしょう。

企業が採用したい人材は、仕事にしっかりと取り組んでいる人です。そして、職やキャリアについて考えているのであれば、それだけ仕事について熱心で意欲的だという好印象を与えることができます。

ブランク期間があっても、その期間に自分の仕事や将来の方向性について考えていたのであれば、それは真面目にキャリアや仕事に向き合っているということになり、マイナスには評価されないようになります。

実際に転職活動を行う際には、自分の将来のキャリアや業界の動向などについてリサーチするはずなので、誇張ですが嘘にはなりません。しっかりとキャリアプラン・キャリアビジョンを考えて面接に臨めば、「キャリアについてどんな答えを得られたか?」と質問されても、具体的に答えることができるようになります。

他にも、「前職がきつすぎて心身ともに消耗していたので、自分の身のためにもリフレッシュ期間を取っていた。その間に働き方について考え直し、仕事へのモチベーションが戻ってきたので転職活動をスタートさせた。」なんて理由もおすすめですね。

とにかく、自分の状況に合わせ、納得できるポジティブなブランクの理由を語るようにしてください。そうすれば、マイナスに評価されることはありません。

空白期間の理由よりも、仕事への意欲のアピールの方がずっと大切

以上の空白期間の理由は確かに重要なポイントになりますが、それよりもさらに重要なものとなるのが仕事への意欲です。

企業は求職者の過去よりも、これからしっかりと働いてくれるかどうかを重視します。そのため、ブランク期間があっても実際に仕事をやってくれれば問題はないというところも多いです。

つまり、ブランクの発生理由も大事になりますが、それよりも、働く意欲がどれだけあるかをアピールすることの方がさらに大切になります。

「ブランクはありましたが、御社の仕事が自分の一番やりたいことで、自身のキャリア成長、および御社への貢献ために精一杯働いていきたい所存です。」など、自分の志望動機に合わせて仕事への意欲をアピールすれば、面接官にそのやる気を響かせることができます。

空白期間はマイナスにさえ見られなければ問題ありません。それよりも、いかに仕事への意欲をアピールできるかの方が大切で、うまくアピールできることで、「この人は確かにブランクがあるが、うちで働きたい気持ちは本物だから採用だ!」と内定をもらえるはずです。

しかし、上述したような空白期間をマイナスに見られない理由、そして仕事への意欲のアピールを、具体的にどうすればいいか思いつかないという方も多いでしょう。その部分はブランクありの転職ではつまずく部分で、やはり成功しにくい難しい部分になります。そこで、転職エージェントを利用して、プロの面接対策のサポートを受けることがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、ブランク期間があっても転職に成功しやすくなる

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントは、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を紹介してくれるサービスですが、転職活動のスタートからゴールまで万全なサポートをしてくれるもので、面接対策もしっかりとアドバイスしてくれます。

ブランクがあっても、その理由や志望動機をどのようにアピールすれば合格できるか、あなたの状況に合わせて的確に指導してくれます。転職のプロのサポートなので間違いなく、その通りに面接をこなせば、合格率はグッとアップするようになります。

ブランク期間がある場合の転職は確かに不利ですが、プロのサポートがあれば転職成功率は大幅に上昇します。やはり自力で成功させるにはハンディキャップが大きい転職となるので、転職エージェントを利用してプロのサポートを受けながら転職活動をすることがおすすめです。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA