在職中の転職活動のやり方や進め方の手順!正しい流れで準備をすることがポイント

在職中の転職活動のやり方や進め方の手順!正しい流れで準備をすることがポイント

転職をするとなれば、多くの方が在職中に行うことになるはずです。転職はうまくいかないことも珍しくはなく、現在の職を手放さないほうが、失敗ばかりでも安心できますからね。それに、転職経験者の8割が在職中に転職を決めたなんてデータもあります。

とは言え、在職中に転職活動を行う際には、うまく仕事とも並行させて進ませなければいけません。そのため、「どのようにして転職活動を進めればいいかわからない…」と悩む方も多いです。あなたも、同じような悩みを抱えてはいませんか?

そこで、この記事では、在職中の転職活動のやり方や進め方を紹介していきます。成功のコツや手順を守れば、しっかりと成功できます。在職中に転職を考えている方はぜひ一読するようにしてください。それではどうぞ!

在職中の転職活動は正しい流れで準備しないと、うまくいかない

まず理解しておいてほしいことは、在職中の転職活動は何も考えないで行うと、うまく進まない一方になってしまうということです。

冒頭でも紹介したように、在職中に転職活動をすることには失敗リスク回避のメリットもありますが、仕事と両立しなければいけないデメリットの側面もあるものです。つまり、在職中の転職活動は言わば諸刃の剣です。そのデメリットを甘く見ていると、大きな壁となってあなたの目の前に立ちはだかります。

無計画に進めれば、仕事が忙しくて転職活動にあてる時間が確保できないなんてことになりがちです。無理にでも転職活動を進めようともなれば、心身ともに疲労困憊してしまうでしょう。

だからこそ、正しい流れや準備で在職中の転職活動は進めていく必要があります。在職中の転職はハードな一面もあるので、この点について、まずはしっかりと気を引き締めておくようにしてください。

在職中の転職活動のやり方や進め方の手順

では、仕事も忙しいハードな状況で、どうすれば在職中の転職活動をうまく進めることができるのか、そのやり方や進め方の手順、成功のコツや注意点について紹介していきます。

1.仕事の隙間時間を活用して、転職の初期段階を進める

まずは転職活動の初期段階です。求人探しや書類作成の段階ですね。メインの面接とは程遠い部分になりますが、実は転職活動の中でかなり時間を要する場面となります。

求人は年収・残業時間・待遇・仕事内容など、自分の希望に合うものを探して比較しなければなりません。書類作成は、応募先ごとに志望動機を考えるなど、かなりの苦労と時間を伴います。

そのため、仕事で忙しい在職中であると、このような初期段階でつまずいてなかなか転職が進まないなんて悩むことも多くなります。

そこで、うまく時間を捻出して、転職活動の時間を作ることが必要です。もちろん、仕事の時間を削ることはできませんので、それ以外のプライベートな時間をうまく活用しましょう。

下記の図を見てください。

在職中の転職活動に当てた時間の割合

これは、在職中での転職経験者がどのような時間を転職に使っていたか集計したものです。まずはたっぷり使える休日が一番多い割合ですね。また、仕事がある日でも出社前・通勤中・会社終わりなどの時間を有効活用できることが分かります。これらの時間を使えるときは最大限有効活用するといいでしょう。

ポイントはメリハリをつけて集中するということです。時間がないだけ、それだけ気を引き締めて取り組んでください。早起きしたり、素早く身支度を整えたりすると、出社前や通勤中の時間をうまく使うことができますよ。

2.内定から入社日までの期間を考慮し、その期間待ってくれる求人を探す

在職中の転職活動では、内定が決まってから入社するまでにある程度時間を要するということも考慮しなければいけません。これは求人探しの際に必要なポイントとなります。

退職届はもちろん内定が決まってから提出するようになりますが、「1か月前までに提出するように」と就業規則で決まっているので、その期間は最低でも必要になります。また、仕事の引継ぎも行わなければいけないため、それ以上の期間がかかるなんて場合も多いです。

そうなると、ある程度入社まで待ってくれる企業を応募先に選ばなければいけません。在職中だと入社日までに時間がかかるということで嫌う会社も結構多いもので、「急募」で募集している会社は、ほぼ見込みがないと考えるようにしてください。

「在職者歓迎」の求人を選ぶか、自分で応募する前に問い合わせして確かめるなど、入社までの期間を容認してくれる企業を転職候補にしましょう。

3.面接は半休や有給休暇を活用して受ける

さて、転職の一番のメインとなる部分はやっぱり面接ですよね。面接の印象が合否に直結するものです。しかし、在職中の転職活動だと、面接の実施の前に、スケジュール調整の面で困難になることが多いです。

働きながらとなると、ほぼ毎日が仕事です。面接可能な日は休日や仕事終わりくらいです。もちろん、その日程に調整できるに越したことはありませんが、応募先の企業も似たような営業時間や勤務形態のところが多く、面接可能な日が勤務日とかぶるなんてことも多々あります。

その場合には、半休を使って午前または午後に面接を受けるか、有給休暇をとって丸一日を面接の時間に充てるようにしてください。有給休暇の活用なしに在職中の転職はこなせません。

できる限り担当者と相談することがポイント

もちろん、休日・仕事終わりの日程に調整できることがベストです。そのため、都合よく調整できるように最大限頑張ることも忘れないようにしてください。

応募先から面接の日程候補の連絡が来ると思いますが、その際に都合の悪い日しかないのであれば、こちらの要望を伝えて担当者と相談してみましょう。

在職中であることもしっかり考慮してくれるところも多いので、あなたの都合のいいように日程を調整できる可能性もあります。有給休暇を取る前に、できる限り相談をしてみることがおすすめです。

4.上司にはバレないように隠密に転職活動を進める

在職中の転職活動の進め方のコツとしては、上司にバレないようにすることも必要です。上司は部下が辞めることを一番に嫌います。なぜなら、後任をまたゼロの状態から育てなければいけませんからね。上司の責任が問われてかなり面倒くさいので、そんな苦労を避けたいという独りよがりな理由で、あなたの本来は自由な転職を毛嫌いします。

それゆえ、あなたが転職を考えていると知れば、必ず圧をかけて妨害工作をしてきます。嫌がらせを受けるなんてこともあるでしょう。また、仲間意識の強い社風の会社であれば、社員全員から裏切り者のような目で見られるかもしれません。

いずれにせよ、転職をしていることがバレていいことはありませんので、内定が決まるまでは隠密に行動するようにしてください。具体的には、「在職中の転職活動が上司にばれるのを防ぐ!ばれないように秘密に転職活動を進める方法」の記事で紹介している以下のことについて注意しておきましょう。

  • 転職を考えていることを誰にも言わない
  • 怪しまれる行動・服装は避ける
  • 有給休暇の理由は病欠などでごまかす
  • 転職のために休んでいるときに会社の人と出くわさないように
  • 転職を優先しすぎて、仕事が雑にならないように

これらのことをしっかりと守れば、そうそうバレることはないはずです。

5.退職届は内定が決まってから

これは説明するまでもなくわかりきっていることだと思いますが、会社を辞めることを伝えたり、退職届を出して退職の意向を示すのは転職の内定が決まってからです。

決まってもいないのに退職届を出すなんて、在職中に転職活動している意味がありませんからね。また、どんなに自信があったとしても、しっかりと合格通知をもらって内定が確定してから退職届を出しましょう。そうでないと、確実に受かると思っていたのに落ちてしまえば、職そのものを失ってしまいますからね。

6.転職エージェントを利用して、転職活動をスムーズに成功させるようにする

在職中の転職活動の進め方としては、ざっとこんなものになりますが、やはり仕事と両立して進めるのは並大抵のものではなく、いかんせん難しいものになります。厳しくきついものになるのは確実で、それによって疲れ切ってしまうなんて方も多いです。できるだけ負担をかけることなく、かつ成功しやすいように進めることが理想です。

そこで、転職エージェントを利用してプロのサポートを受けることが、在職中の転職活動の進め方の全体として一番大事な部分になります。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

転職エージェントでは、あなたの経歴や希望条件にマッチした求人紹介や、面接日や入社日の交渉の代行をしてくれます。求人選びや企業との連絡はかなり面倒で時間を食う部分ですが、エージェントが代わりにすべてやってくれますので、その負担をゼロにできます。また、面接日や入社日は、あなたの都合に合わせるようにできる限り交渉してくれます。

さらに、書類・面接対策の指導もしてくれます。どんな転職理由・志望動機・自己PRにすれば合格しやすいかアドバイスしてくれますので、その通りに書類を作成し面接をこなすことで、合格率はグッとアップするようになります。

このように、転職エージェントのサポートがあれば、多くの手間を代行してくれますので、仕事と両立しながらでも楽に転職活動を進められます。さらには転職成功率も上がるようになりますので、在職中の転職活動の下支えとして利用するようにしましょう。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

【公式サイトはこちら】転職エージェントDODA