新卒の新入社員が第二新卒で転職活動するなら在職中がおすすめ!その理由や成功のコツ

新卒の新入社員が第二新卒で転職活動するなら在職中がおすすめ!その理由や成功のコツ

「新卒として新入社員で入社したけど、会社選びを失敗してしまった。今の会社が嫌すぎて転職したい…」なんて悩んではいませんか?

新卒の方だと、社会経験がないので会社選びに失敗してしまう方が多いものです。実際の業務が自分の理想と違ったミスマッチが原因で転職を選ぶ方が圧倒的です。ほかにも、人間関係が好ましくない、上司がうざいなどいろんな理由があるでしょう。

まあ、いずれにせよ転職したいのであればそうするべきです。入社して間もない若い世代であるのならば、ポテンシャルが重視される第二新卒枠で転職できますからね。新卒の新入社員は一番転職してもいい時期と言っても過言ではありません。

しかし、一点注意があります。それは転職活動をいつ行うかということです。今の会社に嫌気がさしているのであればすぐにでも辞めたいでしょうが、それはNGです。第二新卒が転職をするのであれば在職中に転職活動をすることがおすすめです。

そこで、この記事では、第二新卒で転職を考える新卒の新入社員が在職中に転職活動をした方がいい理由や、その成功のコツについて紹介していきます。それではどうぞ!

新卒の新入社員が第二新卒で転職するタイミングは在職中がおすすめ

では、まず最初に、なぜ新卒の新入社員が第二新卒で転職をする際に在職中のタイミングがおすすめなのか、紹介していきます。

退職すると無収入・職歴ほぼなしのダブルダメージを確実に食らう

新卒の新入社員が第二新卒として転職をする際に在職中がおすすめなのは、それは仕事を辞めてから転職をするリスクをもろに食らってしまうということが、1つ目の理由になります。

「今の仕事が本当に嫌だ…」と悩んでいるのであれば、転職を決意したのであればすぐにでも辞めてしまいたくなるでしょう。しかし、仕事を辞めるということは無職になるということです。

無職状態では収入源がなくなるので、転職が決まって初任給をもらうまでは貯金を崩して生活を維持するしかありません。しかし、新入社員であれば、それほど貯金はないはずです。先走って会社を辞めれば経済的に苦しくなります。

また、職歴にも不利が生じます。短期間の離職でも、過去に長く続いた仕事の経歴があればいいですが、新卒社員であれば今現在の仕事があなたのすべての職歴になるはずです。そんな状態で辞めてしまうと、あなたの職歴は「ちょっと働いたことがある」「短期の離職経験がある」というマイナスなことしか残せません。そうなれば、面接官の評価は確実に厳しくなってしまいます。

それに、転職は難しいもので、すぐに決まるものでもありません。長引いてしまうことも多く、それでは職歴にブランクが生じ、さらに最悪なものになってしまいます。

退職後の転職は、無職になるということで、職歴や実績に限らずにどんな人でもリスクを背負います。それが社会人として赤ん坊状態の新卒の新入社員であれば、より大きなリスクを受けるということは明白です。自分からいばらの道に足を踏み入れてしまうようなものでしかありません。

在職中であれば転職は不利にならないし、失敗してもリスクを受けることはない

しかし、在職中で働きながら転職を進めるのであれば、以上のようなリスクからは免れることができます。収入源はなくなりませんし、職歴もそのままです。

いくら不採用続きで失敗ばかりでも、どんどん窮地に追いやられるようなことはありません。現状が底の最低ラインとなるので、心理的にもかなり楽になります。

転職は本当に難しいもので、失敗ばかりなんてこともざらです。そう考えれば、リスク回避を最優先するべきです。そう考えれば、かなりのリスクを食らう退職後よりも、在職中に転職をするべきという答えがベストになります。

新卒の新入社員であれば、在職中でも転職活動を両立させることは十分に可能

とは言え、在職中の転職にもデメリットがあります。在職中の転職活動は、仕事と並行して行わなければいけないので、基本的にはハードなものになります。何とか仕事の合間を縫って、求人リサーチや書類作成を行わなければいけません。面接もうまくスケジュールが合うように応募先の担当者と綿密に相談する必要が出てきます。

仕事が忙しければ忙しいほど、それだけ転職活動も進みにくくなることは確実です。同時に、心身ともに疲弊してしまうなんてことが、在職中に転職活動を行うデメリットになります。

しかし、まだまだ入社したばかりの新卒社員であれば、それほど仕事量は多くないはずです。会社の戦力として一丁前に仕事ができるようになるのは、きちんと仕事を覚えて成果を上げられえるようになってからで、それには数年かかります。

それまでの最初の数年間は、仕事を覚えることがメインです。仕事が覚えきれていない新入社員に仕事をたくさん回してもできっこないので、必然的に仕事量は普通の社員よりも少なくなるはずです。新入社員を入社開始からバリバリこき使うなんて悪質な会社でない限り、まだまだ楽な時期になります。そうであれば、十分に転職活動と仕事は両立できるはずです。

会社員として本当に忙しくなるのは、仕事を覚えてからです。自然と任される仕事は多くなり、責任や上からの重圧も重くのしかかるようになります。そう考えれば、新卒の新入社員は、大目に見られている赤ん坊のようなものです。社会人の中でもプライベートな時間を確保しやすい時期なので、それをうまく使って転職活動を進めていくべきです。

新卒の新入社員が第二新卒で転職を成功させるには、面接でのアピールがキモ

ここまで読んで、新卒の新入社員が転職をする場合には、在職中がおすすめであるということが理解できたでしょうか。それでは次に、第二新卒が転職を成功させるコツについて紹介していきます。

第二新卒はポテンシャル重視なので、将来性のアピールが大事

一般的な中途採用ではスキル・実績が求められ、即戦力としての活躍を期待されます。しかし、第二新卒はまだまだ社会人としては素人です。それほど高等なスキルや実績は保持しているわけがありません。その代わり、若さゆえの将来性は誰よりもあるものです。

社会経験の少ない第二新卒の転職では、その将来性が一番重視される要素になります。普通の中途採用のように即戦力として活用できるかではなく、いかに伸びしろがあるかを評価されます。

「こいつのポテンシャルは無限大だ!」と面接官をうならせることができれば、その将来性を見込まれて採用されるようになります。つまり、第二新卒の転職のコツは、いかに将来性をアピールするかにかかっているのです。

キャリアについて反省とビジョンを語ることで将来性をアピールする

では、具体的にどうやって将来性をアピールするのかというと、まずは転職理由を説明する際に、その失敗と反省について言及する必要があります。反省なしに成長は見込めませんからね。

どんな経緯で前の会社に入社し、それにもかかわらずなぜ転職を決意したのか、反省を踏まえて転職理由を説明しましょう。単なる私情を交えた愚痴や文句ではなく、キャリアの観点から反省を伝えることが大切です。

例えば、「前職ではエンジニアの職種を希望しており、そのスキルを高めて成長していきたいと考えていましたが、営業部に配属されてしまいました。希望とは違う部署に配属されるのはよくあるものと聞いており、我慢して働き続けようとも思いましたが、それでは自分のキャリアプランは実現できないと考え、転職を決意しました。」なんて感じです。

それ同時に、将来実現したいキャリアビジョンも語ることが重要です。上記の例に続けると、「御社での仕事を通じ、エンジニアとしてのスキルを極め、将来的にはスペシャリストとして第一線で活躍していきたいです。」なんて感じですね。具体的な役職・ポジション、どう働きたいかということを伝えることがポイントです。

このように、キャリアの観点から転職を決めた理由と、その将来図を説明すれば、「この人はしっかりとキャリア的観点から前職の失敗を反省して行動しているし、キャリアビジョンも具体的なので、ポテンシャルは間違いなくある!」と好印象を与えることが可能になります。

転職エージェントを利用すれば、第二新卒の在職中の転職成功率はさらにアップする

しかし、やはり自分に合った将来性のあるアピールを考えることはそうたやすくはないでしょう。どんなに考えても、良いアピールが思いつかないなんてこともあるはずです。また、新卒での入社の時と同じように会社選びに失敗してしまい、転職そのものが失敗に終わるなんて危険もあります。

そこで、第二新卒での転職を成功させるために、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれる転職支援サービスです。おすすめはDODA(デューダ)ですね。

キャリアカウンセリングを通じて、あなたの経歴や希望条件にマッチした転職先を提案してくれます。プロ目線からの確実な職場選びですので、あなたの希望にベストマッチする会社を見つけることができ、新卒の時のような会社選びの失敗のリスクは回避できます。

さらに、書類・面接対策もしっかり指導してくれます。どんな志望動機・転職理由・自己PRをアピールすれば合格しやすくなるか丁寧にアドバイスしてくれますので、面接の通過率は上がり、合格する可能性はアップするようになります。

このように、転職エージェントのサポートを受ければ、会社選びに失敗することなくベストな転職先を見つけ出せ、そこへの転職成功率もグッとアップするようになります。社会経験がほとんどないと転職では戸惑うことも多くなりますが、転職エージェントのサポートがあれば、無事に転職を成功させることができますよ。

おすすめの転職エージェントはDODA

おすすめの転職エージェントはDODA(デューダ)です。「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみですね。

DODAは業界最大級の求人数を誇っている転職エージェントで、もちろん無料で転職をサポートしてくれます。そして、このDODA、かなり魅力的なエージェントなんですよ。

  • 大手からベンチャーまで、全国の幅広い業種・職種の優良求人が多数(非公開求人も多い)
  • 専任でプロのキャリアアドバイザーが、あなたの希望に合ったベストな転職先を提案
  • 書類対策・面接対策・スケジュール調整など、転職活動で不安になる面をすべてサポート
  • 社風や現場の雰囲気、企業の成長性など、転職サイトではわからないリアルな情報も提供

このように、DODAは豊富な求人数と企業のリアルな情報をもとに、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良求人ばかりです。さらに、万全なアドバイスやサポートによって、転職成功率は格段にアップするはずで、まさに鬼に金棒です。

転職を考えている方はぜひ登録してみてください。転職活動はひとりでは難しくて不安になることも多いですが、DODAはあなたの強い味方になってくれます。「転職してよかった!」と思える職場がきっと見つかりますよ。

>>DODAの登録はこちらから<<