ほぼ同じ!ワードやエクセルの代わりに使える無料のソフト・ツール4選

ほぼ同じ!ワードやエクセルの代わりに使える無料のソフト・ツール4選

ワードやエクセルといえばパソコンの文書作成ソフトで、Microsoft Officeで有名のソフト群として有名です。

パソコンにもともと入っているものもあれば、入っていないものもあります。入っていなければ買えばいいのですが、2~3万円とかなり高価です。

頻繁には使わないので無料が良いと思う人もいるでしょう。そこで、今回はほとんど機能が同じで、ワードやエクセルの代わりに無料で使えるソフト・ツールを紹介します。

ワードやエクセルの代わりに使える無料のソフト・ツール4選

OpenOffice

OpenOfficeのトップページ

OpenOffice

OpenOfficeとはWebサーバーのApacheを開発している企業が提供している文書作成ソフトです。

ワードやエクセルと互換性があり、以下の豊富な機能がすべて無料で使えます。

  • ワープロ(Writer)
  • 表計算(Calc)
  • 描画(Draw)
  • プレゼンテーション(Impress)
  • データベース(Base)
  • 数式エディタ(Math)

使い方もワードやエクセルとほとんど同じです。Office製品の無料ソフトの代表格といったらこのOpenOfficeが有名です。

LibreOffice

LibreOfficeのトップページ

LibreOffice-オフィススイートのルネサンス

LibreOfficeとは、上記のOpenOfficeを元に派生して作られた文書作成ソフトとなります。

使い方や機能はOpenOfficeとほぼ一緒であり、以下のようになっています。

  • Writer
  • Calc
  • Draw
  • Impress
  • Base
  • Math
  • Charts(グラフ作成)

最後のChatrsだけがLibreOffice特有のもので、グラフ作成に特化したソフトです。Writer、Calc、Drawなどの様々なドキュメントのデータを使ってグラフを作成でき、それを挿入することができます。

OpenOfficeから派生したものなので基本的なことはほとんど同じですが、細かい部分には差異があるため、迷う方は両方使ってみて、使いやすいほうを選んでみるといいでしょう。

Google ドキュメント

Google ドキュメントのトップページ

Google ドキュメント

Google ドキュメントはGoogleが提供する文書作成ツールでインターネットを利用してブラウザで利用できます。ワードの代わりに使え、基本操作もワードと同じで、互換性があります。

他に、エクセルと同じGoogle スプレッドシートや、パワーポイントの代わりに使えるGoogle スライドが無料で利用可能です。

Googleアカウントさえあれば、どの端末でも利用することができ、同社のクラウドストレージサービスのGoogle ドライブとも連携可能ですので、いつでもどこでもインターネットさえつなげれば利用することができます。

Office Online

Office Onlineのトップページ

Office Online

Office OnlineはOffice製品を開発しているMicrosoftが新たに無料で提供したオンラインで使えるOfficeツールです。

ワードやエクセル、パワーポイントをマイクロソフトアカウントを保持していれば、どの端末でも利用可能です。

同社のクラウドストレージサービスであるOneDriveとも連携でき、どの端末でも同じファイルを扱うことが可能です。

どうしてもワードやエクセルがいいという人は、このオンライン版を使うといいでしょう。

まとめ

以上、どれも高機能で無料で使える文書作成ソフトばかりです。自分が気に入ったものを利用するといいでしょう。

個人的にはGoogleアカウントは結構多くの人が持っていると思いますので、Googleのサービスを手っ取り早く使えるためお勧めだと思います。

これでわざわざ高い金を出してまで買う必要がなくなります。自分に合ったものを使うといいでしょう。