新入生や新社会人は必見!学校や会社での友達の作り方のコツ6選

新入生や新社会人は必見!学校や会社での友達の作り方のコツ6選

新入生や新社会人と言えば、新しい組織や環境の中で生活するようになり、色んな期待というものがあるでしょう。それと同時に不安もあり、その中でも多い悩みとしてが、友達を作ることができるかどうかです。

進学やクラス替え、会社への就職・転勤、部署異動の際には、最初は全く知らない人だらけであり、友達を作る必要があります。

しかし、人見知りだから不安だと悩んでいる方も多いでしょう。地元の友達は結構いるけど、新しい環境や組織で友達を作ることに関しては心配であるという方もいると思います。

そこで、今回は学校や会社での友達の作り方のコツについて紹介します。新入生や新社会人はぜひ参考にしてください。それではどうぞ!

学校や会社での友達の作り方のコツ6選

1.自分から積極的に話しかける

まずは自分から積極的に話しかけることが必要となります。周りの人が自分に集まってくるなど、相当モテる人ではない限りありえません。

話しかけるには勇気がいりますが、最初は誰もが友達を作りたいと思っているはずです。そのため、こちら側から話しかければ相手も素直に応じてくれるでしょう。

友達になるためには最初は何らかの関わりや接点を持つ必要があり、それには自分からコミュニケーションを取りに行くということが一番効果的となります。

2.人がたくさんいるところにいく

また、色んな人が友達を作るために積極的に話しかけるということを意識しており、自分も誰かから話しかけられるという可能性は大いにあります。

しかし、それは周りに話しかけてくれる人がいる場合です。自分から話しかけるという場合にも、周りに人がいなければ意味がないでしょう。

人見知りだからといて、人がいるところから遠ざかっていては、話しかけることも話しかけられることもできません。友達を作るためには他の人が必要であり、そのために人がたくさんいるところに自分も加わるようにしましょう。そうすれば、友達候補となる人が見つかる可能性が高くなります。

3.明るくふるまう

また、明るくふるまうということも肝心です。誰もが友達を作りたいと思っているでしょうが、暗い感じや怪しい感じの人とは友達にはなりたくないでしょう。

最初は不安でおどおどしたり、暗い感じになってしまう人がいるでしょうが、それは絶対にやめて明るくふるまうようにしましょう。

明るい態度であれば、他の人からも話しかけられやすくなるし、自分から話しかける場合には相手も対応しやすくなります。

4.気の合いそうな人だけにターゲットを絞る

中には手あたり次第色んな人と関わって、アドレスを大量に交換しまくるという人もいるでしょう。しかし、多くの人と関わることはなるべくやらない方が良いです。

なぜならば、人は普段行動するメンバーとしてグループを作り、それは大体少数の人数です。色んな人とアドレスを交換しまくっても、結局は関わらないということが多いです。

それに、どの人といつも行動しようか迷ってしまうということもあります。迷っているうちに、他の人の間ではすでにグループができており、自分だけ取り残されるなんてこともありえます。

友達作りの決め手は数ではありません。「あの人と話したから、次はまだ話していないあそこの人とアドレス交換しよう」などと広く浅い友達作りをすれば、中途半端なただの知り合いになってしまい、親しい関係にはなることはできないでしょう。

そのため、友達を作る際にはいつも行動するメンバーづくりを心掛け、気の合いそうな人だけにターゲットを絞るといいでしょう。気が合いそうだと思った人とは深く交流することで、親しい友達関係になることができます。

5.部活やサークルなどに所属する

また、部活やサークルなどに所属するのも一つの手です。部活やサークルというものは高校や大学がメインですが、会社においてもあるところはあります。

そのような一つの小さなグループに属すれば、自然とそのメンバーと仲良くなることができます。入学式などで友達ができなかったなんて人も、部活に入れば友達ができるようになるので、ぜひ積極的に参加してみましょう。

6.入学式や入社式などの最初の時期が肝心

そして、友達作りとして重要なことは、最初の時期が肝心だということです。普通のは知らない人に友達になろうと話しかければ怪しいものです。しかし、みんなが友達を作りたいと思っているからこそ、知らない人に話しかけても気軽に応じてくれて、友達になることができます。

その友達作りのムードというのは、入学式や入社式など、まだ新入りである時期特有のものとなります。ある程度の友達グループが形成されて、時間も経過してくれば、知らない人に話しかけて友達になるなんてことはできないでしょう。

いきなり話しかけるとかなり怪しいと思われてしまいます。積極的に話しかけて友達作りできるのは、誰もが友達を欲しいと思っている最初の頃だけなのです。そのため、最初の時期をとにかく頑張るようにしましょう。

まとめ

以上が学校や会社で友達を作るためのコツとなります。基本的には入学式や入社式などの最初の時期で悩むでしょうが、その時期には積極的に話しかけて友達を作るようにしましょう。

その時期を見逃してしまえば、気軽に話しかけて友達を作るなんてことは難しくなるので、最初の時期をとにかく頑張るようにしてください。

また、部活やサークルに入ったりすることもおすすめなので、ぜひ自分に合った方法で気の合う人と友達になってみるといいでしょう。

なお、以下の記事では初対面の人に話しかける際のコツや、会話を続かせる方法について紹介しています。人見知りの方はぜひ参考にして、友達作りに役立ててみてください。