縁起がいい!受験生は絶対にやっておきたい合格祈願の験担ぎ5選

受験は1年に1度のチャンスです。合格するか落ちるかによって人生を左右する場合もあり、受験生にとっては今までの人生の中で大きな壁となるでしょう。

苦労をして受験勉強をした努力を実らせて見事合格したいものですが、そのためには合格祈願の験担ぎもしておきたいものです。

受験の合否を左右するのはテストの結果で験担ぎなどは意味がないという人もいるでしょうが、精神的な面で効果がありますし、やはり受験の際には縁起を良くしておきたいと考える方も多いでしょう。

そこで、今回は受験生は絶対にやっておきたい験担ぎを紹介します。縁起の良いもので合格祈願をしましょう。それではどうぞ!

受験生は絶対にやっておきたい合格祈願の験担ぎ5選

1.お守り

受験の験担ぎの定番と言えば、やはりお守りです。「合格祈願」と書かれたお守りをカバンにつけて受験会場に赴く受験生は多く見られます。

特に有名な神社などでの合格祈願のお守りは人気が高いです。また、母親や恋人からの手作りのお守りもいいでしょう。

手作りだと愛情を感じるので、それだけで受験を乗り越えてくれる心強さというものを感じることができます。

2.お参り

そして、お参りも欠かせません。お守りで守ってもらうのと同時に、自分から神社で合格をお祈りすれば、より験を担ぐことができるでしょう。

よくあるパターンとしては初詣で神社に合格祈願をして、ついでにお守りを買うというようにすることがおすすめです。

また、お参りをするついでにはお守りを買うだけではなく、おみくじを引いたり、絵馬などに合格祈願を書いたりするといいでしょう。

3.合格祈願の食べ物

「合格」という言葉に関連する食べ物でゲンを担ぐことも代表的です。受験シーズンなどでは、験担ぎとなるお菓子も発売されます。

食べ物であれば受験に勝つという意味で、とんかつが定番です。また、受験期のお菓子としては、「ウカール(カール)」や、「ハイレルモン(ハイレモン)」、「Toppa(Toppo)」などが有名です。

他にも、「合格」「受かる」「滑らない」など色んな言葉にかけた験担ぎの食べ物やお菓子があるので、それらを食べて験を担いでみましょう。

4.合格祈願の筆記用具

縁起のいい筆記用具を使うこともおすすめです。よくある合格祈願の筆記用具としては、五角形の鉛筆が代表的です。

「五角=ごうかく」ということで、合格という言葉にかけたものであり縁起がいいでしょう。筆記用具は受験生の必須アイテムとなります。

常に肌身離さずものなので、筆記用具でゲンを担いでみることもおすすめです。

5.「落ちる」という言葉を避ける

普段の生活で「落ちる」という言葉を避けるようにするといいでしょう。意味は違っても、「落ちる」という言葉を聞くだけで、縁起が悪いものです。

「机から消しゴムが落ちた」とかはよくありがちなので、気にする方は避けるようにするといいと思います。

直接的な験担ぎではないですが、縁起が悪いと思う方は意識してみるといいでしょう。

まとめ

以上が受験生はぜひともやっておきたい験担ぎとなります。お守りなどの定番から色んな験担ぎがあるので、自分の好きな方法でやってみましょう。

身の周りを縁起の良いものにすれば、それだけで気持ちが楽になるもので、受験に対して前向きになれるものです。

合否を決める直接的なものではないですが、合格祈願をして気持ちを高めることも重要なので、縁起の良いものでぜひ験を担いでおきましょう。