お酒を飲む前に対策を!二日酔いを簡単に予防できる4つの方法

お酒を飲む前に対策を!二日酔いを簡単に予防できる4つの方法

もう悩まなくていい!二日酔いを簡単に解消する3つの方法」の記事で、二日酔いを解消するための方法について紹介しました。

しかし、解消するといっても急激に治るものではなく、二日酔いのつらさというものは少なからず味わうことになります。

できれば、つらい頭痛や吐き気がないようにして、二日酔い自体を予防したいものです。そこで、今回はその予防策について紹介します。

二日酔いを簡単に予防できる4つの方法

水を一緒にたくさん飲む

二日酔いの原因は、体内で分解できる以上のアルコールを摂取したことにより、まだ分解できていないアルコールが体に影響を与えるからです。

そのため、水を一緒にたくさん飲むようにすると効果的です。水を飲むことで、摂取する水分体内のアルコールの濃度が薄まり、しっかりとアルコールを分解できるようになります。

さらに、酒を飲んでいるときはアルコール分解にどんどん水分が奪われていくので、その意味でも水分を多めにとった方が良いです。

空腹状態で飲まない

空腹状態で飲むとアルコールの吸収が早くなり、体内のアルコール濃度が高くなってしまい、結果的に分解が追い付かなくなり、二日酔いになってしまうことがあります。

そのため、少しを何かを食べてから飲むといいでしょう。食べながら飲むのもいいですし、上述した水を飲みながらお酒を飲むのもいいです。

とにかく空腹状態での飲酒はNGです。アルコールの吸収が早くなると酔いが回るのも早くなるのでお酒を楽しむことができません。二日酔いにもなってしまうので、空腹飲酒はやめるようにしましょう。

ウコンなどの栄養ドリンクを飲む

お酒を飲む前に肝機能の効果を高める栄養ドリンクを飲むことも効果的な予防となります。代表的なものとしてはウコンを含んだものでしょう。

コンビニなどに行けばいろんな種類のウコンドリングが売っていますので、その中で効果がありそうなものを選ぶといいです。

ちなみに飲むタイミングとしてはお酒を飲む前でも後でどちらでもいいようです。忘れないうちに飲む前にウコンを摂取しておいた方がいいと思います。

飲みすぎない

一番簡単な対策としては飲みすぎないということがベストです。当り前のようですが、いつも飲みすぎて二日酔いになってしまう人もいるでしょう。

飲みすぎないということをしっかり意識すれば、二日酔いというものは簡単に予防することができます。

しっかり決まりや限度を自分で定めることで飲みすぎないようにしましょう、もちろん強制的に飲まされるようなことがあれば、しっかりと断るようにしましょう。

まとめ

以上のように二日酔いは少し気を遣えば簡単に防ぐことができます。上記の方法は予定されていた飲み会だけではなく、急な飲み会でも簡単に実践できる予防策です。

二日酔いに悩んでいる人は、ぜひ意識してやってみるといいでしょう。